209系 B.B.BASE・MUE-Trainなど(JR東日本)~鉄道関連趣味の部屋♪ 

 このページでは特にJR東日本「209系」の「B.B.BASE」、「MUE-Train」(ミュートレイン)などをメインに写真画像などを掲載しています♪
209系電車は、JR東日本の直流通勤形電車で、1993年(平成5年)4月から京浜東北線・根岸線、南武線に投入され、
現在もJR東日本の内房線、外房線、総武本線などの主要路線で活躍しています♪
広 告




鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ


209系 MUE-Train ミュートレイン 2018年4月11日(水)
209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転~試9875M

 東海道線(下り線)の大船~戸塚間を大船駅方面(藤沢・茅ケ崎方面)へ行く、209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転(試9875M)です。

 環状3号線(横浜市)の「柏尾川大橋」から撮影。

 なお、2号車の「モヤ208-4」(写真の先頭車両から5両目)の屋根上に設置されたサーチライト設備は点灯されていました。
(※下の写真の矢印の部分)

 2018.04.11(Wed)[12:48]現在



広 告



209系2200番台 BOSO BICYCLE BASE  B.B.BASE
209系2200番台「BOSO BICYCLE BASE」(B.B.BASE 銚子)

 総武快速線(下り線)の錦糸町~新小岩間を新小岩駅方面(津田沼・千葉方面)へ行く、209系2200番台「BOSO BICYCLE BASE」(房総バイシクルベース・略称「B.B.BASE」・J1編成・6両編成)です。(B.B.BASE 銚子・9331M・両国→銚子)

 亀戸駅の中央・総武線(緩行線)2番ホームの西端側(錦糸町・新宿寄り)にて撮影したもので、写真左奥のほうには、総武快速線上り線を錦糸町駅方面(東京・品川方面)へ行くE217系「快速 逗子」行(864F・君津始発)が見えています。



 左の写真は後追い撮影したものです。


 ☆この日の「B.B.BASE 銚子」の経路予定(往路)
 両国(08:12発)→市川(08:25)→津田沼(08:35)→千葉(08:45-46)→佐倉(09:02-03)→榎戸(09:11-17)→日向(09:27)→松尾(09:37-57)→干潟(10:13-26)→旭(10:31-35)→松岸(10:48-57)→銚子(11:01着)


 2018.03.31(Sat)[08:15-16]現在






 左の写真は、新小岩駅にて掲示されていた「B.B.BASE」の案内ポスターです。

 「B.B.BASE」の特徴として、持ち込んだ自転車を解体せずに車内のサイクルラックに固定することができることと、テーブル付きのシートとなっていることなどが写真付きで紹介されています。

 そして、現時点で運転されているコースとして、内房コース、外房コース、佐原コース、銚子コースの4つのコースが案内されています。


 2018.03.31(Sat)現在






209系2200番台 BOSO BICYCLE BASE B.B.BASE 両国駅展示イベント 2017年12月9日(土)
209系2200番台「BOSO BICYCLE BASE」(両国駅)

 2017年12月9日(土)に、両国駅(3番線ホーム)にて209系2200番台「BOSO BICYCLE BASE」(房総バイシクルベース・略称「B.B.BASE」・J1編成・6両編成)の展示イベントが開催されました。

 写真は、両国駅の中央・総武線(各駅停車)の2番ホームから撮影したものです。

 この展示イベントでは、3号車のサイクルラックや、4号車のフリースペースの車内を見学することができたようです。

 この「BOSO BICYCLE BASE」(房総バイシクルベース・略称「B.B.BASE」)は、2017年2月に南武線での運用が終了した209系2200番台「ナハ53編成」(中原電車区)を改造した車両のようで、2017年4月に幕張車両センターに転属して、自転車を電車に積める「サイクルトレイン」専用車両として2018年1月6日(土)から運行が開始される予定です。

南武線にて活躍する209系2200番台「ナハ53編成」
武蔵小杉駅(2014.08.23)

 2017.12.09(Sat)[12:15頃]現在



「B.B.BASE」(1号車)先頭部の様子

 「B.B.BASE」の1号車(クハ208-2202)の車両前面、先頭部分の様子です。

 車体には、「B.B.BASE」の文字や、自転車のデザイン画が多くの場所に描かれていました。

 写真ではわかりませんが、運転席窓の左上部分には、編成番号を示す「J1」の札が掲げられていました。


「B.B.BASE」(1号車)の座席の様子

 「B.B.BASE」の1号車(クハ208-2202)の車内の座席の様子です。

 小さなテーブルが備え付けられ、座席にはヘッドレストが付いた黒っぽい高級な感じのボックスシート席に見えます。

 4号車を除く5両に、乗降扉の間に4人掛けと2人掛けのボックスシート席が配置され、座席の後ろ側(扉側)に自転車を縦に置けるラックが装備されているそうです。

 編成全体の座席数と自転車搭載可能台数は、ともに「99」となっているようです。


「B.B.BASE」車体側面の様子

 「B.B.BASE」の車両側面には、「B.B.BASE BOSO BICYCLE BASE」の文字が大きく表示されています。


側面行先表示器の様子

 側面行先表示器の撮影時の表示は、「B.B.BASE」となっていました。


何号車かを示す大きな数字の表示

 「B.B.BASE」の各車両の側面には、何号車かを示す数字(号車番号)が大きく描かれています。

 1号車なら「01」、2号車なら「02」、3号車なら「03」といった表示です。

 なお、2号車には車椅子対応の大型トイレが設置してあるそうです。


「B.B.BASE」(1~3号車)

 「B.B.BASE」の1号車~3号車前部あたりまでの様子です。

 写真右奥のほうには、両国駅の北側にある「両国国技館」が見えています。


「B.B.BASE」(3~6号車)

 「B.B.BASE」の3号車後部~6号車までの様子です。

 写真中ほどに見える「4号車」の側面を見ると、他の車両と異なり一部の扉や窓が埋められているのがわかります。

 「4号車」はフリースペースとされているようで、車内にはロングシートとパイプベンチが設置されているようです。


 (※上記詳細「Wikipedia」参照)






209系 MUE-Train ミュートレイン 2017年12月22日(金)
209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転~試9875M

 東海道線(下り線)の戸塚~大船間を大船駅方面(藤沢・茅ケ崎方面)へ行く、209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転(試9875M)です。

 戸塚駅の南方約700mあたりのところにある「盛徳寺跨線人道橋」にて撮影。


 2017.12.22(Fri)[12:50]現在





209系 MUE-Train ミュートレイン 2017年11月29日(水)
209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転~試9876M

 東海道線(上り線)の戸塚~大船間を戸塚駅方面(横浜・東京方面)へ行く、209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転(試9876M)です。


 2017.11.29(Wed)[14:55]現在





209系 MUE-Train ミュートレイン 2017年11月8日(水)
209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転~試9875M

 小雨が降る中、東海道線(下り線)の大船~戸塚間を大船駅方面(藤沢・茅ケ崎方面)へ行く、209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転(試9875M・大宮→国府津)です。

 「MUE-Train(ミュートレイン)」は、「MUltipurpose Experimental Train(多目的試験電車)」を略した愛称で、JR東日本が2008年(平成20年)に在来線車両の技術試験のために、209系を改造して製作した研究開発用の事業用試験車なのだそうです。
 (※詳細「Wikipedia」参照)

 2008年10月に長野総合車両センターにて改造された後は、川越車両センターに配置され、登場当初は209系0番台ウラ2編成(10両編成)のうちの7両を改造して7両編成だったそうですが、現在は6両編成で運用されているようです。

 【試9875M 目撃時刻情報メモ】…あくまでネット上で収集したものですので正確とは限りません(特に番線)ので注意してください
  東京(10番線 12:00頃)→浜松町(12:10頃)→大船(4番線 12:50頃~13:08頃発車)


 2017.11.08(Wed)[12:48]現在


209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転~試9876M

 東海道線(上り線)の横浜~戸塚間を横浜駅方面(川崎・東京方面)へ行く、209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転(試9876M・国府津→大宮)です。

 この日の「MUE-Train(ミュートレイン)」は、東海道線・上野東京ライン・宇都宮線を走行して、大宮~国府津間を1往復する試運転を実施したようです。

 【試9876M 目撃時刻情報メモ】…あくまでネット上で収集したものですので正確とは限りません(特に番線)ので注意してください
  大船(1番線 14:24~53頃)→戸塚(14:57頃)→横浜(15:12~20頃)→川崎(15:25頃)→蒲田(15:27頃)→
  新橋(15:37頃)→御徒町(15:45頃)→大宮(この日は11番線 16:27頃発車)


 2017.11.08(Wed)[14:57]現在





209系 MUE-Train ミュートレイン 大船駅 2018年1月31日(水)
大船駅に停車中の209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転~試9874M

 大船駅の東海道線1番線に停車中の、209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転(試9874M)です。

 写真手前側が北方向で、戸塚駅方面(横浜・東京方面)になります。

 2018.01.31(Wed)[14:47]現在


車体側面の「MUE-Train」のロゴ

 車体側面(モヤ208-4)にある「MUE-Train(ミュートレイン)」のロゴマークです。

 「MUE-Train」は、ほどんどの窓がカーテンがひかれているため、通常は車内の様子を見ることができないようです。

 2018.01.31(Wed)[14:48]現在

所属を示す「宮 ハエ」の文字

 209系「MUE-Train」は、川越車両センターに配置されているので、車体には川越車両センターの配置であることを示す「宮 ハエ」の所属略号が書かれています。

 「宮 ハエ」は、JR東日本大宮支社を意味する「宮」と、川越を意味する「ハエ」(旧仮名遣い表記の「かはごえ」に由来)から構成されているそうです。(※詳細「Wikipedia」参照)

 写真の「宮 ハエ」の部分をよく見ると、うっすらと「ウラ 定員156」と書かれていた文字が見えています。

 2018.01.31(Wed)[14:49]現在

車端部の車内の様子

 「MUE-Train」は、ほどんどの窓がカーテンがひかれているため、通常は車内の様子を見ることができないのですが、車端部のカーテンがひかれていない箇所があったので車内を見てみると、ふつうに座席が残っている部分はあるようでした。

 2018.01.31(Wed)[14:49]現在

ホームの発車標に表示されていた「JR」の文字

 ホームの頭上に設置されている発車標(案内表示器)には、「MUE-Train」が停車中であることを示していると思われる「JR」の表示がされていました。

 回送列車なら「回送」と表示されると思いますが、具体的な「試運転」という表示はされていないようでした。

 2018.01.31(Wed)[14:50]現在

大船駅を出発していく「MUE-Train」試9874M
(←写真左)

 大船駅の東海道線1番線から出発して、戸塚駅方面(横浜・品川方面)へ行く、209系「MUE-Train」試運転(試9874M)です。

 写真奥方向が戸塚駅方面(横浜・東京方面)で、後追い撮影の形となっています。


 2018.01.31(Wed)[14:51]現在




209系 MUE-Train ミュートレイン 2018年7月19日(木)
209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転~試9876M

 東海道線(上り線)の横浜~戸塚間を横浜駅方面(川崎・東京方面)へ行く、209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転(試9876M)です。


 2018.07.19(Thu)[14:57]現在





209系 MUE-Train ミュートレイン 2018年8月29日(水)
209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転~試9876M

 東海道線(上り線)の横浜~戸塚間を横浜駅方面(川崎・東京方面)へ行く、209系「MUE-Train(ミュートレイン)」試運転(試9876M)です。


 2018.08.29(Wed)[14:57]現在






209系
209系2100番台(C620編成)団体臨時列車
209系2100番台(C620編成)団体臨時列車

 総武快速線の市川駅方面(両国方面)から下総中山駅に接近中(通過)の、209系2100番台(C620編成・6両編成 幕張車両センター)団体臨時列車です。

 下総中山駅の2番ホーム西端側(本八幡・市川寄り)にて撮影したもので、写真右側が船橋駅方面(千葉・笹川方面)になります。

 この後この列車は、千葉駅を経由して終点の笹川駅に向かったようです。


 2013.02.23現在





209系2100番台(C621編成)団体臨時列車
209系2100番台(C621編成)団体臨時列車

 総武快速線の市川駅方面(両国方面)から下総中山駅に接近中(通過)の、209系2100番台(C621編成・6両編成 幕張車両センター)団体臨時列車です。

 下総中山駅の2番ホーム西端側(本八幡・市川寄り)にて撮影したもので、写真右側が船橋駅方面(千葉・浜金谷方面)になります。

 この後この列車は、千葉駅を経由して終点の浜金谷駅に向かったようです。


 2013.01.26現在






鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ


広 告