キヤE193系気動車[East i-D](JR東日本)~鉄道関連趣味の部屋♪ 

 このページでは特にJR東日本の事業用気動車「キヤE193系気動車」をメインに写真画像などを掲載しています♪
キヤE193系気動車は、主としてJR東日本管内の非電化区間の検測を実施するために導入された検測車で、
East i-D」(イーストアイ・ダッシュディー)の愛称がつけられています。
3両1編成が秋田車両センターに配置され、JR東日本管内の路線のみでなく、JR貨物やJR北海道の路線の検測を実施したり、
東北から北陸にかけての非電化路線を持つ鉄道会社などに貸し出されることがあるそうです。
広 告




鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ



キヤE193系[East i-D] 2017年12月20日(水)
キヤE193系「East i-D」(キクヤE193-1+キヤE193-1)~小岩駅

 総武快速線の新小岩~市川間を新小岩信号場方面へ行く、キヤE193系「East i-D」(回9190D・木更津→新小岩信号場)です。

 小岩駅の中央・総武線(各駅停車・緩行線)1・2番線島式ホームの北東端側(市川・千葉寄り)にて撮影。

 本来は3両編成の「キヤE193系」ですが、2017年5月22日に「わたらせ渓谷鉄道」の水沼~花輪間にて中間車「キヤE192-1」(架線測定用車両)が脱線する事故が発生し、中間車「キヤE192-1」は現在運用を離脱しているようで、最近はこのように「キクヤE193-1」+「キヤE193-1」の2両編成で検測を実施しているようです。

 【回9190Dの経路(予定)】
 木更津(10:40発)→袖ケ浦(10:46)→姉ケ崎(10:53)→蘇我(11:07-16)→千葉(11:21-22)→津田沼(11:32)→新小岩信号場(11:45着)

 2017.12.20(Wed)[11:43]現在

広 告




キヤE193系「East i-D」(キクヤE193-1+キヤE193-1)~新小岩信号場

 新小岩信号場に到着した、キヤE193系「East i-D」(回9190D・木更津→新小岩信号場)です。

 新小岩駅の中央・総武線(緩行線)1・2番線島式ホームの北東端側(小岩・千葉寄り)にて撮影したもので、写真左奥側のほうには、新小岩信号場構内に留置されている貨車「ホキ」が見えています。


 2017.12.20(Wed)[11:48]現在




キヤE193系「East i-D」(キクヤE193-1+キヤE193-1) 亀戸~越中島貨物

 越中島支線の亀戸~越中島貨物間を越中島貨物駅方面へ行く、キヤE193系「East i-D」(試9287D・新小岩信号場→越中島貨物)です。

 「竪川(たてかわ)橋梁」付近にて撮影したもので、先頭車両の「キクヤE193-1」の車体側面中央にあるサーチライトが光っているのがわかります。

 越中島支線(えっちゅうじましせん)は、小岩駅と越中島貨物駅を結ぶ貨物支線で、全線が単線で非電化となっているようです。

 なお、「竪川橋梁」は1929年(昭和4年)に竣工した橋梁で、歴史的な鋼橋とされているようです。
首都高速7号小松川線に覆いかぶされる形となっている「竪川橋梁」です。
写真左側がガーダー橋部分、右側がトラス橋部分です。
竪川橋梁の亀戸方にある「竪川ガード」部分(ガーダー橋部分)の橋脚は煉瓦造りとなっています。

 【この日の主な検測区間(予定)】
 ①試9287D
  新小岩信号場(12:21発)→越中島貨物(12:29着)
 ②試9286D
  越中島貨物(13:30発)→新小岩信号場(13:38着)


 2017.12.20(Wed)[12:28]現在





亀戸駅周辺の越中島支線の様子
越中島支線を亀戸駅の南西側から見る
(←写真左)

 越中島支線は、亀戸駅の南端側のJR線より少し高いところを高架線で通っています。

 亀戸駅の南西側にある京葉道路の歩道橋から撮影したもので、写真左側には「ドン・キホーテ 亀戸駅前店」が、奥のほうには亀戸駅の北側に隣接する駅ビル「アトレ亀戸」が見えています。

 2017.12.20(Wed)現在


京葉道路を跨ぐ越中島支線
(←写真左)

 亀戸駅の南側を東西に通る京葉道路の「亀戸一丁目」交差点上を跨ぐ越中島支線です。

 写真左奥が亀戸駅で、右方向(南方向)が越中島貨物駅方面になります。

 2017.12.20(Wed)現在




亀戸駅ホームから越中島支線の西方向を見る

 亀戸駅構内南側を通る越中島支線の西側部分の様子です。

 亀戸駅の中央・総武線(各駅停車・緩行線)の1番ホーム西端寄り(錦糸町・新宿寄り)にて撮影したもので、越中島支線は写真奥のほうで左(南方向)のほうにカーブして越中島貨物駅方面へ続いています。

 写真奥のほうには、亀戸駅の南西側にある「ドン・キホーテ 亀戸駅前店」が見えています。

 2017.12.20(Wed)現在


亀戸駅構内南側を通る越中島支線

 亀戸駅1番ホーム中ほどから越中島支線を見ると、写真のように多くの立て看板が立っていて少し見えにくい状況です。

 写真奥方向(東方向)が平井駅方面(新小岩・千葉方面)になります。

 2017.12.20(Wed)現在


亀戸駅ホームから越中島支線の東方向を見る

 亀戸駅1番ホーム東端寄り(平井・千葉寄り)から越中島支線を見ると、視界を遮るものは少なく、高架の様子がよくわかります。

 写真奥方向(東方向)が平井駅方面(新小岩・千葉方面)になります。

 2017.12.20(Wed)現在


亀戸駅東側で総武本線の上方を跨ぐ越中島支線

 越中島支線は、亀戸駅の東側(平井・千葉方)で総武本線の上方を跨いでいます。

 亀戸駅の1番ホーム東端寄り(平井・千葉寄り)にて撮影したもので、写真奥のほうには平井駅方面(新小岩・市川方面)から亀戸駅に接近中の、中央・総武線(各駅停車・緩行線)に山手線から転属してきた「E231系500番台」が見えています。

 2017.12.20(Wed)現在






EF65-1118+キヤE193系『East i-D』 2015年5月18日(月)
EF65-1118+キヤE193系検測車『East i-D』

 高崎線の宮原駅方面(熊谷・高崎方面)から大宮駅(6番線)に接近中の、EF65-1118+キヤE193系検測車「East i-D」(回9702・高崎→大宮)です。

 大宮駅の4番線ホーム北端側(宮原・高崎寄り)にて撮影したもので、この日はこの後、「EF65-1118」(レインボー色・田端運転所所属)に牽引されて大宮から新小岩信号場へ回送(回9848)され、新小岩信号場からは「DE10-1751」(宇都宮運転所所属)に牽引されて木更津まで回送(回9199)されたようです。


 
 左の写真は、大宮駅の6番線をゆっくり進んでいくところを後追い撮影したもので(大宮駅に一旦停車)、このキヤE193系は、5月20日(水)には京葉臨海鉄道を、翌21日(木)には越中島支線(貨物支線)を検測したようです。

 キヤE193系(JR東日本)は、非電化区間の検測を実施する(例外的に電化区間を実施する場合がある)気動車で、秋田車両センターに3両1編成が所属し、「East i-D(イーストアイ・ダッシュディー)」の愛称が付けられています。

 検測を行う路線は、JR東日本管内に限定されていないようで、JR貨物や他路線に貸し出されて運用されることもあるようです。

  2015.05.18(Mon)[11:38]現在







鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ


広 告