キヤE195系 甲種輸送(JR東日本)~鉄道関連趣味の部屋♪ 

このページでは、「キヤE195系」の甲種輸送に関することについて取り扱っています♪
広 告




貨物列車『貨物列車』TOPへ♪  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ


キヤE195系(ロンキヤ/LT-3編成・3両) 甲種輸送~2021年2月21日(日) 二川駅
DE10-1562+キヤE195系(ロンキヤ/LT-3編成・3両)+ヨ8404  2021年2月21日(日) 12時23分頃 二川駅

 東海道本線(JR東海)の豊橋駅方面から二川駅に接近中(1番線通過)の、DE10-1562+キヤE195系(ロンキヤ/LT-3編成・3両)+ヨ8404の甲種輸送列車(9772レ・豊川→西浜松)です。

 豊川から西浜松までの牽引機は、昨日の2月20日(土)に同じく豊川から西浜松まで甲種輸送されたキヤE195系(ロンキヤ/LT-3編成・8両)に引き続いて「DE10-1562」が充当されました。

 この日は、昨日に甲種輸送されたキヤE195系「LT-3編成・8両」と、今回の同「LT-3編成・3両」が西浜松駅にて連結されて本来の11両編成に組成されて、EF65-2063の牽引により「LT-3編成・11両編成」は、西浜松から田端信号場まで甲種輸送されたようです。

 田端信号場から所属先の尾久車両センターへはDE10-1571が牽引し、これにより尾久車両センター配置のキヤE195系は、定尺レール輸送車(25m/ST編成)が17編成、今回甲種輸送されたロンキヤ(ロングレール輸送車・150m/LT編成)が3編成となったようです。

 下の写真は、二川駅を通過していくキヤE195系(LT-3編成・3両)を後追い撮影したものです。


 2021.02.21(Sun)[12:23]~二川駅


 なお、下の写真は、12時00分頃に二川駅(1番線)を単機で通過していくEF65-2063(単9088レ/稲沢→西浜松)です。
 このEF65-2063が稲沢から西浜松まで単機で送り込まれて、西浜松から田端までキヤE195系(LT-3編成・11両)を牽引していきました。



【ネット上で見かけた今回のキヤE195系甲種輸送・各駅発着予定時刻および目撃時刻】
 ~※あくまで参考スジ程度としてください。実際の運転時刻と異なる場合があります。

・2月20日(土)
 豊川駅北方(11:15頃着)→豊川(11:35頃~11:57)→豊橋(12:12-14)→二川(12:23)→西浜松(12:50)

・2月21日(日)
 豊川(11:57)→豊橋(12:12-14)→二川(12:23)→高塚(12:46)→西浜松(12:50-14:20)→天竜川(14:27)→六合(15:10)→静岡貨物(15:42-16:14)→由比(16:32)→片浜(17:02)→熱海(17:30)→小田原(17:51)→西湘貨物(18:00頃停車中)→大船(19:30)→新鶴見信号場(?-20:17)→越谷貨物ターミナル(22:01)

・2月22日(月)
 越谷貨物ターミナル(10:41)→隅田川(11:26-55)→田端信号場(12:03)






キヤE195系(ロンキヤ/LT-3編成・8両) 甲種輸送~2021年2月20日(土) 二川駅
DE10-1562+キヤE195系(ロンキヤ/LT-3編成・8両)+ヨ8891+ヨ8925  2021年2月20日(土) 12時23分頃 二川駅

 東海道本線(JR東海)の豊橋駅方面から二川駅に接近中(1番線通過)の、DE10-1562+キヤE195系(ロンキヤ/LT-3編成・8両)+ヨ8891+ヨ8925の甲種輸送列車(9772レ・豊川→西浜松)です。

 キヤE195系は、JR東海が開発し2008年に導入したレール輸送用気動車「キヤ97系」をベースに、JR東日本向けに耐寒耐雪対応などのカスタマイズを施した、レール輸送用の新型気動車です。

 キヤE195系は気動車となっているため、電化・非電化区間を問わず走行が可能で、編成の両端に運転台があるため入替作業が不要となり、電気機関車特有の運転操縦が不要となるなどの特長があるそうです。

 JR東海のキヤ97系と同様に、キヤE195系は、日本車輌製造豊川製作所にて製造されています。

 下の写真は、二川駅を通過していくキヤE195系(LT-3編成・8両)を後追い撮影したものです。





 2021.02.20(Sat)[12:23]~二川駅







貨物列車『貨物列車』TOPへ♪  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ


広 告