ガールズ&パンツァー劇場版 ミカ 1/7スケール〜コトブキヤ
フィギュアレビュー・写真撮影館♪




フィギュアレビューTOPへ    HOMEへ



ガールズ&パンツァー
ガールズ&パンツァー劇場版 ミカ 1/7スケール(コトブキヤ)

 「ボークス秋葉原 ホビー天国」にて展示されていた「ガールズ&パンツァー劇場版 ミカ 1/7スケール(コトブキヤ)」です。

 「ガールズ&パンツァー 劇場版」から、継続高校チームの隊長「ミカ」が、ガールズ&パンツァーフィギュアシリーズ「フィギュア道」の第二弾としてフィギュア化されたものです。

 フィギュア本体は、キャラクターデザイン・総作画監督の杉本 功氏による監修が行われているそうです。

 チューリップハットをかぶり、腰かけた「ミカ」の膝の上には、彼女がよく弾いているフィンランドの民族楽器「カンテレ」がのっています。

 「ミカ」は、継続高校戦車道チームの隊長で、「BT-42」に搭乗し、戦車長兼砲手を務めています。

 「BT-42」は、第二次世界大戦中にフィンランドが開発した自走砲(突撃砲)で、敵軍だったソ連軍から鹵獲したBT-7快速戦車を改修し、その砲塔容積を広げてイギリス製の「QF 4.5インチ榴弾砲」を搭載していて、1943年2月までに18両が完成したそうで、フィンランド軍内では「クリスティ突撃砲」と呼ばれたそうです。

 なお、写真右奥側に見えるフィギュアは、コトブキヤの「グランブルーファンタジー ダヌア」(1/8スケール/2016年10月発売)です。


 発売時期 2017年5月発売

 発売価格 ¥11,000円+税

 1/7スケール 全高 約240mm

 原型製作 尊成



 2017.05.04現在







フィギュアレビューTOPへ


HOMEへ   トミカ展示室TOPへ   鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪