武豊線(JR東海)~鉄道関連趣味の部屋♪ 

 このページでは特に「武豊線(JR東海)」電車をメインに写真画像などを掲載しています♪
武豊線は、愛知県大府市の大府駅から愛知県知多郡武豊町の武豊駅を結ぶJR東海の地方交通線として活躍しています♪
広 告




鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ

武豊線(JR東海) Taketoyo Line
キハ25形(P3編成)
武豊線 キハ25形気動車

 尾張森岡~緒川間を緒川駅方面(半田・武豊方面)へ行く、キハ25形(P3編成・2両編成)「ワンマン 普通 武豊」行(大府始発)です。

 尾張森岡駅の南方約700mのところにある「天神踏切」付近にて撮影。

 なお、写真左奥の線路脇には架線柱が設置されているのが見え、2015年春の電化開業を目指して2010年3月から開始されている電化工事が進んでいることがわかります。

 電化開業後は、現在東海道本線などで活躍している313系が28両投入される予定だそうで、東海道本線との車両の共通化が行われることにより、効率的な車両運用が行われるようになるそうです。

 2013.08.20現在



武豊線 キハ75形気動車 武豊線 キハ75形気動車

 金山~熱田間を熱田駅方面へ行く、4両編成のキハ75形「区間快速 武豊」行です。
 写真右側が熱田駅方面(大府・武豊方面)になります。

 武豊線は現在は非電化路線で気動車を使用していますが、2015年(平成27年)春を目処に全線の電化が実施される予定となっているそうです。

 なお、先頭車両側面には「キハ75-402」(400番台)の数字が見えます。

 金山駅の南方を通る八熊通の陸橋「沢上跨線橋」から撮影。

 2012.06.07現在




各駅・各区間の様子


名古屋駅 なごや
武豊線 キハ25形気動車
武豊線 キハ25形気動車

 名古屋駅構内を移動中の2両編成のキハ25形(P1編成)「区間快速 名古屋」行です。写真左側が尾頭橋駅方面(大府・武豊方面)になります。

 写真左奥には、東海道新幹線のホームが見えます。

 キハ25形気動車は、313系電車(4次車)をベースに設計され、気動車の増強用としてJR東海が2010年・2011年に導入した形式なのだそうです。

 2012.06.20現在





尾頭橋駅 おとうばし
武豊線 キハ75形気動車 武豊線 キハ25形気動車
武豊線 キハ75形気動車

 金山~尾頭橋間を行く、4両編成のキハ75形「区間快速 名古屋」行です。

 JR尾頭橋駅のホーム東端にて撮影したもので、写真左奥側が金山駅方面になります。

 なお、写真奥に見える高架の道路は「名古屋高速4号東海線」です。

 2012.06.22現在


武豊線 キハ25形気動車

 金山~尾頭橋間を行く、2両編成のキハ25形(P5編成)「区間快速 名古屋」行です。

 JR尾頭橋駅のホーム東端にて撮影。

 2012.06.22現在




金山~熱田
武豊線 キハ75形気動車 武豊線 キハ25形気動車
武豊線 キハ75形気動車

 金山~熱田間を熱田駅方面へ行く、キハ75形(4両編成)「区間快速 武豊」行です。

 写真右側が熱田駅方面(大府・武豊方面)になります。

 なお、先頭車両は「キハ75-401」(400番台)となっています。

 2013.05.06現在

武豊線 キハ25形気動車

 金山~熱田間を熱田駅方面へ行く、4両編成のキハ25形(先頭2両:P5編成)「区間快速 武豊」行です。

 金山駅の南方を通る八熊通の陸橋「沢上跨線橋」から撮影。

 2012.06.06現在





大高駅 おおだか
武豊線 キハ75形気動車 武豊線 キハ75形気動車

 笠寺駅方面(名古屋方面)から大高駅に接近中の4両編成のキハ75形「区間快速 武豊」行です。

 愛知県名古屋市緑区にあるJR大高駅のホーム北端にて撮影。

 写真中央手前側のY字型の線路は保線車両留置線なのだそうです。

 2012.06.28現在




大府駅 おおぶ
キハ25形(P1編成) 武豊線 キハ25形気動車

 大府駅の2番線ホームに停車中の、キハ25形(P1編成・2両編成)「普通 武豊」行(大府始発)です。

 この列車は、大府駅での折り返し列車となっています。

 大府駅の1番線ホーム(東海道本線上り~岡崎・豊橋方面)から撮影。

 2013.08.19現在




大府~尾張森岡
キハ25形(P1編成)
武豊線 キハ25形気動車

 尾張森岡駅方面(半田・武豊方面)から大府駅に接近中の、キハ25形(P1編成・2両編成)「普通 大府」行(武豊始発)です。

 大府駅の南方約300mのところにある国道155号線の「大府跨線橋」から撮影したもので、写真右奥側が尾張森岡駅方面で、写真左奥のほうには東海道本線及び名鉄三河線の刈谷駅周辺の市街地風景が見えています。

 また、武豊線の左右に見えている線路は東海道本線のものです。

 この写真においても、線路脇及び線路上方に架線柱が設置されているのがわかり、武豊線が2015年春の電化開業を目指して電化関連工事が進んでいることがわかります。

 2013.08.19現在


「キハ25-101」(P1編成)の車内 武豊線 「キハ25-101」(P1編成)の車内の様子
(←写真左)

 「キハ25-101」(P1編成)の運転席側(名古屋方)の車内の様子を撮影したものです。

 とぎれてしまっていますが写真上端に見える運賃表示器や、運賃箱(青色の部分)などワンマン運転に対応した機器類が設置されているのがわかります。

 また、少しわかりにくいかもしれませんが、写真の左右両端には「半自動式客用ドア」の開閉ボタンが見えています。

 2013.08.20現在




尾張森岡駅 おわりもりおか
キハ25形(P2編成)
武豊線 313系1300番台

 始発駅の大府駅方面から尾張森岡駅に接近中の、313系1300番台(B511編成・2両編成)「ワンマン 普通 武豊」行(634G・大府始発)です。

 尾張森岡駅の北西側にある駅出入口付近にて撮影したもので、写真に写っている踏切は、当駅のすぐ北側にある「森岡(もりおか)踏切」です。

 2018.04.20(Fri)[13:23]現在

武豊線 尾張森岡駅に停車中のキハ25形気動車

 尾張森岡駅に停車中の、キハ25形(P2編成・2両編成)「普通 武豊」行(大府始発)です。

 写真奥側が大府駅方面(名古屋方面)、手前側が緒川駅方面(半田・武豊方面)になります。

 尾張森岡駅は単式ホーム1面1線の無人駅で、1933年(昭和8年)12月に開業され、戦時中の1944年(昭和19年)11月に休止された後、1957年(昭和32年)に再開業されたそうです。

 尾張森岡駅が開業されたのは、1886年(明治19年)の武豊線開通から45年以上経った1933年(昭和8年)だったそうですが、その背景として、1930年代前半に開通した知多鉄道(現在の名鉄河和線)への対抗策として実施された気動車列車の運転開始・列車増便(1933年8月実施)にあわせて駅が新設されたということがあるようです。

 2013.08.20現在


尾張森岡駅
武豊線 尾張森岡駅(その1)

 大府駅から武豊方面へ乗車して1つ目の駅となる尾張森岡駅です。

 尾張森岡駅という駅名は、岩手県盛岡市の盛岡駅と区別するために、旧国名の「尾張」という地域名が付いているそうです。
 
 上の写真は、尾張森岡駅のすぐ北側にある「森岡(もりおか)踏切」から撮影したもので、写真奥側が緒川駅方面(半田・武豊方面)、手前側が大府駅方面(名古屋方面)になります。

 2013.08.20現在


尾張森岡駅(その2)

 尾張森岡駅の様子を北西側から撮影したものです。

 駅の西側(写真右側)には、駐輪場が整備されています。

 2018.04.20(Fri)現在




尾張森岡~緒川
キハ25形(P3編成)
武豊線 キハ25形気動車

 尾張森岡~緒川間を尾張森岡駅方面(大府方面)へ行く、キハ25形(P3編成・2両編成)「普通 大府」行(武豊始発)です。

 尾張森岡駅の南方約700mのところにある「天神踏切」付近にて撮影したもので、写真左側が尾張森岡駅方面(大府方面)になります。

 上の写真においても、2015年春(平成27年)の電化開業に向けて、線路脇に架線柱が設置されているのがわかります。

 2013.08.20現在






鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ