特大貨物関連 シキ850形~鉄道関連趣味の部屋♪ 

このページでは、「シキ850形」の特大貨物関連に関することについて取り扱っています♪
広 告




貨物列車『貨物列車』TOPへ♪  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ


シキ850D 2021年6月6日(日)
EF65-2089+シキ850D(9863レ) 2021年6月6日(日) 西小坂井←豊橋

 東海道本線(下り線/JR東海)の西小坂井~豊橋間を西小坂井駅方面(岡崎・名古屋方面)へ行く、EF65-2089+シキ850D(9863レ)です。

 豊川放水路付近にて撮影。

 今回輸送されたのは、シキ850形の分割低床式の「D梁」を装備した「シキ850D」で、6月5日(土)から6月7日(月)にかけて、宇都宮貨物ターミナルから西浜駅(兵庫県赤穂市)まで空車が送り込まれたようです。

 けん引機は、宇都宮貨物ターミナルから横浜羽沢までがEF65-2066(新鶴見機関区所属)、横浜羽沢から吹田貨物ターミナル西までがEF65-2089(新鶴見機関区所属)、吹田貨物ターミナルから西浜までがDE10-1561(岡山機関区所属)となっていたようです。


【ネット上で見かけた今回のシキ850Dの各駅予想通過・停車時刻および目撃時刻】
 ※あくまで参考スジ程度としてください。ダイヤの乱れなどにより実際の運転時刻と異なる場合があります。

・6月5日(土)
 宇都宮貨物ターミナル(12:15頃発)→西浦和(13:48頃)→多摩川橋梁(14:20頃)→新鶴見信号場→横浜羽沢

・6月6日(日)
 横浜羽沢→戸塚(06:43頃)→大磯(07:10頃)→根府川(07:35)→興津(09:19頃)→焼津(10:51頃)→藤枝(10:56頃)→磐田(11:39頃)→天竜川(11:46頃)→西浜松→二川(12:46頃)→豊橋(12:53頃)→三河三谷(13:07頃)→三河塩津(13:10頃)→安城(13:55頃~約16分遅れ)→稲沢(18:06発)→醒ヶ井(19:15)→米原操車場(19:24-20:30)→能登川(20:48頃)→野洲(21:03頃)→膳所(21:21-24頃)→京都(21:41頃)→京都貨物(21:44着)

・6月7日(月)
 京都貨物(11:32発)→向日町操車場(11:41頃)→高槻(11:50頃)→吹田貨物ターミナル西(12:06-12:40)→大久保(13:41-14:16)→別所・姫路貨物(14:40-22:48)→相生(23:14-16)→播州赤穂(23:30-32)→西浜(23:39)


 2021.06.06(Sun)[12:56]現在






シキ850C 2015年8月25日(火)
EF65-2060+EF65-2069(ムド)+ヨ8629+シキ850C

 京浜東北線の与野駅西側を通る武蔵野線大宮支線(西浦和~大宮操車場間)を西浦和駅方面(新座・府中本町方面)へ行く、EF65-2060+EF65-2069(ムド:無動力回送)+ヨ8629+シキ850C(配6794レ・回6-1)です。

 京浜東北線の与野駅1番線ホーム中ほどから撮影。

 今回(8月25日)のこの「シキ850C」の輸送経路(回6-1)は、熊谷貨物ターミナル→大宮→大宮操車場(当日11:53頃~13:11頃)→新座貨物ターミナル→新鶴見信号場→川崎貨物となっていたようです。

 下の写真は、「シキ850C」を連結して輸送する「配6794レ」を、上の写真と同じく与野駅1番線ホームにて後追い撮影したものです。




 「シキ850形」貨車は、国鉄時代の1976年(昭和51年)9月28日に日本車輌製造で1両のみが製造された、115 トン積み分割落し込み式大物車なのだそうです。

 1977年(昭和52年)4月15日に同じく日本車輌製造で分割低床式の梁が追加製造され、荷受梁を交換することで85 トン積み分割低床式大物車としても使用できるようになったそうで、分割落し込み式の梁が今回輸送された「シキ850C」、分割低床式の梁が「シキ850D」となっているようです。

 台車は3軸ボギー台車を4台装備した12軸の車両となっていて、最高運転速度は「C梁」(シキ850C)および「D梁」(シキ850D)のどちらを装備しているときでも、積車時が時速65km、空車時が時速75kmとなっているようです。

 現在は「日本通運」所有の私有貨車となっていて、常備駅は末広町駅(神奈川県川崎市)となっているようです。

 (※以上詳細「Wikipedia」参照)


    2015.08.25(Tue)[13:13]現在







貨物列車『貨物列車』TOPへ♪  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ