トミカ オースティン タクシーキャブ No.F56-1 日本製
トミカレビュー展示室 タクシー TOMICA TOY Gallery

★このトミカのジャンルのページはこちら♪
 タクシー



CONTENTS LINK ★写真・レビュー・詳細♪


トミカレビュー展示室TOPへ




ホットウィール展示室へ




HOMEへ



鉄道関連趣味の部屋♪
『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪




秋葉原 ホビー&カルチャー探訪記録



フィギュアレビュー・写真撮影館





オースティン タクシーキャブ

 1978年11月に発売された「オースティン タクシーキャブ」(No.F56/外国車シリーズ・イギリス車)のトミカ(日本製/No.F56-1-1)です。

 このトミカは、色違いの日本製のトミカ(黄色、白、シルバーなど)や、兵庫県西宮市の「MODEL CARS タントハウス TANDHAUS」が特注・販売したバリエーションが多数(全10種とも)存在し、また、中国製のヨーロッパ向け輸出品も存在するようです。

ドアを開けた状態のフロントビュー
 重厚なイメージの黒色の車体で、屋根上の金色に塗られた行灯(あんどん/社名表示灯)には黒字で「TAXI」と書かれています。
 また、ナンバープレート部分には「F56」と刻印されています。

 イギリスのロンドンを走っているタクシーは、古いタイプのものは黒色塗装のもので、「Black Cab」が通称となっていたそうです。

 このトミカは、ブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)とその後継企業により、1958年から1997年まで「オースチン」ブランドで製造・販売された「オースチン FX4」のロンドンタクシーがモデルとなっていて、同車は40年近くにわたって累計約75,000台が製造され、1960年~80年代に世界的にロンドンタクシーの代名詞的存在となったそうです。

上部および右サイドビュー

リアビュー
 車体後部には「TAXI」と、ナンバープレート部分には「F56」と刻印されています。

 AUSTIN TAXI CAB
 tomica
 ©1978 TOMY
 NO.F56 S=1/67
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥240円
 (サスペンション/左右ドア開閉)


 2021.04.15現在










★このトミカのジャンルのページ♪
 タクシー


ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ