トミカ いすゞ スクアート消防車 No.3-2(日本製)
トミカレビュー展示室 消防車 TOMICA TOY Gallery

★このトミカのジャンルのページはこちら♪
 消防車



CONTENTS LINK ★写真・レビュー・詳細♪


トミカ展示室TOPへ




ホットウィール展示室へ




HOMEへ



鉄道関連趣味の部屋♪
『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪




秋葉原 ホビー&カルチャー探訪記録



フィギュアレビュー・写真撮影館





いすゞ スクアート消防車

 1974年10月に発売された「いすゞ スクアート消防車」(No.3)のトミカ(日本製/No.3-2-1)です。

 「いすゞ スクアート消防車」は、屈折放水塔車(高所放水車)で、当時の消防車として、消防隊員の消防車への乗降が素早くできるように、乗降ドアが付いていないのが最大の特徴となっています。

フロントビュー
 ナンバープレート部分には「SQURT」と刻印されています。

 屈折放水塔車は「スクアート車」(squrt/squirt[スクアート]は英語で「水鉄砲」の意味)とも呼ばれ、アーム先端に放水銃と破砕用クラッシャーを装備し、消防隊員が近づくことができない場所への放水が可能な消防車となっているそうです。

 なお、この「いすゞ スクアート消防車」のトミカは、同じ日本製でもボディカラーの濃淡の違いや、放水用アームの屈折部およびノズル先端部の形状、ホイールの種類などにバリエーションがあります。

リアビュー
 ホイールは「1Eホイール」となっています。(1Hホイールのバリエーション有り)

 放水塔基部旋回、アーム上下可動・折りたたみ仕様となっています。

 ISUZU SQURT FIRE ENGINE
 (※パッケージ表記)

 SQURT FIRE ENGINE
 tomica
 NO.3
 S=1/110
 MADE IN JAPAN

 サスペンション/放水塔旋回、折りたたみ
 発売期間 1974年10月~1980年7月


 2020.03.11現在










★このトミカのジャンルのページ♪
 消防車


ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ