トミカ 川崎バートル KV-107Ⅱ(いろんなのりものセット)
トミカレビュー展示室 航空機関連 TOMICA TOY Gallery

★このトミカのジャンルのページはこちら♪
 航空機関連



CONTENTS LINK ★写真・レビュー・詳細♪


トミカ展示室TOPへ




ホットウィール展示室へ




HOMEへ



鉄道関連趣味の部屋♪
『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪




秋葉原 ホビー&カルチャー探訪記録



フィギュアレビュー・写真撮影館





川崎バートル KV-107Ⅱ
(いろんなのりものセット)

 2000年1月に発売された「トミカ30周年記念ベストセレクション いろんなのりものセット」(6台セット)に入っていた「川崎バートル KV-107Ⅱ」のトミカ(中国製/No.19-2-14)です。

 機体は、白色と黄色のツートーンカラーとなっているのが特徴です。

 「川崎バートル KV-107Ⅱ」は、アメリカのヘリコプターメーカー「バートル社」(1960年にボーイング社により買収・吸収)が開発・製造したタンデムローターのヘリコプター「V-107」を、川崎重工業が1965年に生産販売ライセンスを取得して製造・販売を行ったヘリコプターなのだそうです。

 このトミカの「KV-107Ⅱ」は、民間向けの旅客機型仕様の、胴体側面に角窓が並ぶタイプのものとなっているようです。

フロントビュー

 「KV-107Ⅱ」は、陸上自衛隊(上陸・輸送用・VIP仕様機)・海上自衛隊(機雷掃海ヘリ)・航空自衛隊(捜索救難型)に採用されて活躍(現在は全て退役済み)したほか、警視庁や民間向けにも販売され、日本政府による「武器輸出三原則」が発表されるまでは海外(スウェーデン、タイ、サウジアラビア)へも輸出されたそうです。

サイドビュー

 「KV-107Ⅱ」は、全長25.4m(回転翼含む)、胴体全長13.66m、全高5.09mで、巡航速度は241km/h、航続距離は400km(増槽使用時:1,100km)となっているようです。

リアビュー

 機体後部にある傾斜板式の扉「ローディング・ランプ」は、開閉仕様となっています。

 KAWASAKI VERTOL KV-107Ⅱ
 tomica
 NO.19
 MADE IN CHINA

 「トミカ30周年記念ベストセレクション
  いろんなのりものセット」(6台セット)
 発売時価格 ¥2,500円(税別)
 後部ローディング・ランプ開閉


 2020.03.30現在










★このトミカのジャンルのページ♪
 航空機関連


ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ