トミカ 三菱重工 P.T.V. ランプバス(日本製/No.48-3)
トミカレビュー展示室 航空機関連 TOMICA TOY Gallery

★このトミカのジャンルのページはこちら♪
 航空機関連



CONTENTS LINK ★写真・レビュー・詳細♪


トミカ展示室TOPへ




ホットウィール展示室へ




HOMEへ



鉄道関連趣味の部屋♪
『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪




秋葉原 ホビー&カルチャー探訪記録



フィギュアレビュー・写真撮影館





三菱重工 P.T.V. ランプバス

 1979年9月に発売された「三菱重工 P.T.V. ランプバス」(No.48)のトミカ(日本製/No.48-3-1)です。

 「P.T.V.」とは、「Passenger Transport Vehicle」(パッセンジャー・トランスポート・ビークル/旅客輸送車両)の略で、乗客を客室に乗せて空港ターミナルビルと旅客機の間を移動し、旅客機に到着したら客室を上昇させて旅客機の乗降口に接続させて、乗客がランプバスの客室と旅客機内を水平に移動できるようになっている、送迎バスとタラップの機能を併せ持った構造の乗り物となっています。

フロントビュー

サイドビュー
 客室側面には「TDA」、「東亜国内航空」と書かれ、東亜国内航空のシンボルマーク「ブラストフラワー」が描かれています。

 東亜国内航空(TDA/Toa Domestic Airlines)は、1971年5月15日に日本国内航空(JDA)と東亜航空(TAW)が合併することにより発足・設立され、日本航空(JAL)と全日本空輸(全日空/ANA)とともに日本の三大航空会社のひとつとして活躍したそうです。

 その後、アジア諸国への国際線定期就航を開始する時に「株式会社日本エアシステム」と商号変更(1988年4月)しますが、経営状況が振るわなくなり、2004年4月1日に「株式会社日本航空ジャパン」に商号変更し、日本エアシステム便が日本航空便に統合されて、事実上消滅したそうです。

客室部分を上昇させたリア側ビュー

 MITSUBISHI P.T.V. RAMP BUS
 (※パッケージ表記)

 MITSUBISHI PTV
 tomica
 ©1979 TOMY
 NO.48
 S=1/190
 JAPAN

 発売時価格 \240円
 客室上下可動
 発売期間 1979年9月~1982年12月


 2019.10.24現在










★このトミカのジャンルのページ♪
 航空機関連


ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ