トミカ モリタ 消救車 FFA-001 No.119-4
トミカレビュー展示室 消防車 TOMICA TOY Gallery

★このトミカのジャンルのページはこちら♪
 消防車



CONTENTS LINK ★写真・レビュー・詳細♪


トミカ展示室TOPへ




ホットウィール展示室へ




HOMEへ



鉄道関連趣味の部屋♪
『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪




秋葉原 ホビー&カルチャー探訪記録



フィギュアレビュー・写真撮影館





モリタ 消救車 FFA-001

 2004年9月に発売された「モリタ 消救車 FFA-001」(No.119)のトミカ(中国製/No.119-4)です。

 「消救車」は、消防車両などを架装・販売する有名企業「モリタ」が開発したもので、普通消防ポンプ車と普通救急車の機能を両立しているそうです。

 1分間に2,400リットルの放水能力を持つポンプを車両後部に備え、4.2mのアルミ製ハシゴも装備し、救急車の機能として、ストレッチャー(担架)2台、人口酸素蘇生・吸入装置などを搭載しているそうです。

 このトミカの「FFA-001」(Fire Fighting Ambulance-001)の実車は、2002年7月22日に記者発表会が東京にて行われたそうです。

 なお、「消救車」の正式名称は「消防救急車」で、法規上は「消防車」として扱われているようです。

 車体側面の搬送用ドアは、開閉仕様となっています。
 実車の「FFA-001」は、車体側面の電動油圧式スイングアームを使用して担架を車内に搬入するそうです。

リアビュー

 MORITA FIRE FIGHTING AMBULANCE
 (※パッケージ表記)

 MORITA FFA-001
 2004 NO.119
 S=1/74
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥360円(税5%別)
 搬送用ドア開閉


 2018.09.12現在










★このトミカのジャンルのページ♪
 消防車


ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ