トミカ タイレル P34 フォード No.F32-1 ロニー・ピーターソン 日本製
トミカレビュー展示室 フォーミュラカー・レーシングカー TOMICA TOY Gallery

★このトミカのジャンルのページはこちら♪
 フォーミュラカー・レーシングカー



CONTENTS LINK ★写真・レビュー・詳細♪


トミカレビュー展示室TOPへ




ホットウィール展示室へ




HOMEへ



鉄道関連趣味の部屋♪
『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪




秋葉原 ホビー&カルチャー探訪記録



フィギュアレビュー・写真撮影館





タイレル P34 フォード
(No.3 ロニー・ピ-ターソン)

 1977年10月に発売された「タイレル P34 フォード」(No.F32/外国車シリーズ・イギリス車)のバリエーションのうちの1台となっているトミカ(日本製/No.F32-1)です。

 「タイレル P34」は、当時のF1コンストラクター「ティレル(タイレルともいう/チームオーナー ケン・ティレル)が、F1史上初および唯一の奇抜な6輪車として開発・製造し、F1世界選手権の1976年第4戦スペインGPから1977年最終戦まで投入したマシンで、「シックスホイーラー」とも呼ばれています。

 この「タイレル P34 フォード」のトミカは、カーナンバー「3」、マシンのカラーリングが白と青のツートーン、エンジンが見えるカウルとなっていますので、1977年のF1世界選手権の第6戦モナコGP(決勝リタイア)と第7戦ベルギーGP(決勝3位)あたりに投入された、ロニー・ピーターソン(Bengt Ronnie Peterson)の搭乗車がモデルになっているものと思われます。

フロントビュー
 フロントウイング部分上面には、白い字で「3 elf」、「GOOD YEAR」と書かれています。

 「タイレル P34」(ティレル P34)は、当時のティレルのデザイナーであるデレック・ガードナーの設計により開発されたF1マシンで、フロントタイヤを小径にして空気抵抗を減少させて、トップスピードを向上させるために考案されたそうです。

 しかしながら、当初期待されたトップスピードの向上は思い通りにはいかず、4輪のフロントサスペンションは剛性不足がドライバーから指摘されたりしたものの、1976年のシーズンでは、ドライバーズ・チャンピオンシップでジョディー・シェクターが3位(49P/優勝1回、2位4回)、パトリック・デパイユが4位(39P/2位4回、3位1回)、コンストラクターズ・チャンピオンシップは3位(71P)、ポールポジションが1回、ファステストラップを2回記録するなどの好成績をあげたそうです。

 コクピット周りの白い部分には、1977年からティレルのスポンサーとなったアメリカの金融大手「ファースト・ナショナル・シティ銀行」(現在のシティバンク, N.A.)のロゴマークと「FIRST NATIONAL CITY TRAVELERS CHECKS」と書かれたシールが貼られています。
 また、リアウイング上面には「elf」、「GOOD YEAR」と書かれています。
 エンジン部分は、搭載していたフォード・コスワースDFV 90度V8エンジンが再現されています。

 「ティレル P34」デビューの2年目となる1977年のシーズンは、シェクターに代わりマーチから移籍したロニー・ピーターソンがドライブすることとなり、プレシーズンテストでは期待されたトップスピードの向上も達成されたものの、シーズン決勝では思うような成績をあげられず、マシンにさまざまな改良を施しますが、独特な小径前輪タイヤのグッドイヤーとの開発が進まないという問題や、デザイナーのデレック・ガードナーのチーム離脱が決まるなどの悪条件が重なり、「ティレル P34」は1977年のシーズン投入が最後となり、2年弱で姿を消すこととなりました。

 1977年のシーズンでは、ドライバーズ・チャンピオンシップでロニー・ピーターソンが14位(7P/3位1回)、パトリック・デパイユが9位(20P/2位1回、3位2回)、コンストラクターズ・チャンピオンシップは6位(27P)となったようです。

左右サイドビュー
  フロントウイングの左右側面には「elf」と、サイドポンツーン部分には「3 elf」と、リアウイングの左右側面には「GOOD YEAR」と書かれたシールがそれぞれ貼られています。
 なお、1977年の第6戦モナコGPに投入された実車の写真を見ると、サイドポンツーンの表示はフロント側が「elf」、リア側が「3」となっているようです。(つまり、写真のトミカはシールが左右逆となっています)

 なお、「ティレル P34」のエンジンは、排気量2,993cc、最高出力405馬力(hp)のフォード・コスワースDFV 90度V型8気筒エンジンを搭載しています。

リアビュー

 TYRRELL P34 FORD
 (※パッケージ表記)

 TYRRELL P-34 FORD
 tomica
 © 1977 TOMY
 NO.F32
 S=1/52
 MADE IN JAPAN

 「タイレル P34 フォード」(No.F32-1)
 発売期間 1977年10月~1983年1月


 2020.12.09現在










★このトミカのジャンルのページ♪
 フォーミュラカー・レーシングカー


ホットウィール展示室へ トミカレビュー展示室TOPへ HOMEへ