ドクターイエロー~鉄道関連趣味の部屋♪ 

 このページでは特に東海道新幹線にて活躍する「ドクターイエロー」をメインに写真画像などを掲載しています♪
ドクターイエローは、新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査するための事業用車両です。

広 告




「東海道新幹線」TOPへ♪  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ

923形 ドクターイエロー

新規撮影分
ドクターイエロー 923形 0番台 T4編成(三河安城~豊橋/のぞみ検測下り)

 東海道新幹線の三河安城~豊橋間を三河安城駅方面(名古屋・新大阪方面)へ行く、「ドクターイエロー」のぞみ検測下り(923形0番台/T4編成・7両編成)です。

 豊川市伊奈町を流れる佐奈川付近にて撮影。

 2021.03.24(Wed)[13:07]現在

 【ネット上で見かけた目撃情報から組み立てた、この日のドクターイエロー「のぞみ検測下り」の運転時刻・スジ】
 ※あくまで参考スジ程度としてください。実際の運転時刻と異なる場合があります。

 東京駅17番線ホームに11:30頃入線~11:42頃発→武蔵小杉(11:55頃)→平塚(12:10頃)→小田原駅(12:14頃通過)→三島駅(12:25頃通過)→大井川橋梁(12:44頃)→天竜川(12:56頃)→弁天島(13:00頃)→豊橋駅(13:06頃通過)→三河安城駅(13:15頃通過)→清洲(13:29頃)→関ヶ原(13:39頃)→新大阪駅(14:16頃着)→西宮市武庫川(16:56頃)→新神戸駅(17:02-03頃)→姫路駅西(17:18頃)→新倉敷駅(17:45頃通過)→三原駅(18:01頃通過)→博多


 【ネット上で見かけた目撃情報から組み立てた、翌日3月25日(木)のドクターイエロー「のぞみ検測上り」の運転時刻・スジ】
 ※あくまで参考スジ程度としてください。実際の運転時刻と異なる場合があります。

 博多駅入線中(10:15頃)→小倉付近(10:38頃)→新下関付近(10:45頃)→徳山ゆめタウン前(11:06頃)→新岩国付近(11:18頃)→三原駅(11:44頃通過)→相生駅(12:23頃通過)→姫路駅(12:29頃通過)→新神戸付近(12:45頃)→西宮市武庫川(12:52頃)→新大阪駅(15:22頃停車中)→鳥飼車両基地前(15:34頃)→京都駅(15:44頃着-45頃発)→清洲(16:16頃)→名古屋(16:21頃発)→大高(16:26頃)→豊橋駅(16:39頃通過)→藤枝市高洲(17:02頃)→三島付近(17:20頃)→熱海駅(17:25頃通過)→酒匂橋(小田原駅東方/17:31頃)→武蔵小杉(17:49頃)→東京駅(18:05頃)





広 告




ドクターイエロー 923形 0番台 T4編成(豊橋~浜松/のぞみ検測下り)

 東海道新幹線の豊橋~浜松間を豊橋駅方面(名古屋・新大阪方面)へ行く、「ドクターイエロー」のぞみ検測下り(923形0番台/T4編成・7両編成)です。

 JR東海道本線の舞阪駅の東方約1.5kmあたりのところで撮影したもので、この場所は多数のソーラーパネルが設置されています。

 2021.03.15(Mon)[12:59]現在





ドクターイエロー 923形 0番台 T4編成(浜松~豊橋/のぞみ検測下り)

 東海道新幹線の浜松~豊橋間を豊橋駅方面(名古屋・新大阪方面)へ行く、「ドクターイエロー」のぞみ検測下り(923形0番台/T4編成)です。

 JR二川駅の北西約1kmあたりの岩屋山(標高:106m)の山頂にある展望台から撮影したもので、写真右方向が豊橋駅方面になります。

 写真右手前側には、豊橋市視聴覚教育センター(プラネタリウム有り)と豊橋市地下資源館が、左端側には二川駅(JR東海道本線)が、右上奥側には豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)が見えています。

 ここの展望台から南方向に見える風景は、個人的には、どことなく地球が丸いことを感じさせる風景となっています。

 2021.02.06(Sat)[13:04]現在





東海道新幹線 ドクターイエロー 923形 3000番台 T5編成 ドクターイエロー 923形 3000番台 T5編成
豊橋~浜松間(上り)

(←写真左)

 豊橋~浜松間を浜松駅方面(静岡・東京方面)へ行く「ドクターイエロー」です。

 おそらく「T5編成」の「のぞみ」検測だったと思われます。

 愛知県豊橋市の国道1号の「伊藤ハム」豊橋工場付近にて撮影。


 2012年6月9日(土)午後5時30分頃




東海道新幹線 ドクターイエロー 923形 3000番台 T5編成
ドクターイエロー 923形 3000番台 T5編成(豊橋~浜松間 下り)

 豊橋~浜松間を豊橋駅方面(名古屋・新大阪方面)へ行く「ドクターイエロー」です。

 「ドクターイエロー」は、新幹線区間において、線路のゆがみ具合や架線の状態、信号電流の状況などを検測しながら走行し、新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査するための事業用車両「新幹線電気軌道総合試験車」の愛称となっています。

 主要駅停車の「のぞみ」(「ひかり」)検測と、各駅に止まる「こだま」検測の2種類があって、通常各タイプとも現在は同じダイヤで営業時間帯に運転されるようです。

 東海道新幹線開通間もないころは、営業列車のない深夜に検測を行っていましたが、営業列車と同じ速度で検測可能なT2編成(922形10番台)が1974年に登場してからは昼間に検測を実施するようになったそうです。

 923形のドクターイエローは「T4編成(0番台)」と「T5編成(3000番台)」があるようで、この日走行したのは「T5編成」の「のぞみ」検測だったようです。

 「T4編成」との外観上の差異は、車体側面に博多総合車両所でメンテナンスを行う際のジャッキアップ時にリフトを差し込むための穴があること、7号車屋根上のアンテナの有無(T4編成にはない)なのだそうです。

 愛知県豊橋市の国道1号線の「伊藤ハム」豊橋工場付近にて撮影したもので、運転席の窓の左上に「T5」という英数字が見えます。


 2012年6月17日(日)午後1時5分頃





東海道新幹線 ドクターイエロー 923形 0番台 T4編成
ドクターイエロー 923形 0番台 T4編成~豊橋駅通過

 豊橋駅を通過し、浜松駅方面(静岡・東京方面)へ行く「ドクターイエロー」T4編成です。

 豊橋駅の下り名古屋・新大阪方面13番線ホームにて撮影したもので、写真右側が東京方面になります。

 2012.07.28現在





東海道新幹線 ドクターイエロー 923形 3000番台 T5編成 東海道新幹線 ドクターイエロー 923形 3000番台 T5編成
ドクターイエロー 923形 3000番台 T5編成(名古屋~三河安城間 上り)

 名古屋~三河安城間を三河安城駅方面(静岡・東京方面)へ行く「ドクターイエロー」です。

 JR大高駅のホームから撮影したもので、写真左奥側が名古屋方面、右側が東京方面になります。

 なお、右上の写真は後追い撮影したものです。

 写真左側に見えるのは、ホームに停車中の東海道本線313系(JR東海)です。

 2012.06.28現在


東海道新幹線 ドクターイエロー 923形 3000番台 T5編成
ドクターイエロー 923形 3000番台 T5編成(名古屋~三河安城間 上り)

 名古屋~三河安城間を三河安城駅方面(静岡・東京方面)へ行く「ドクターイエロー」です。

 JR大高駅のホームから撮影したもので、写真左奥方向が名古屋方面、右側が東京方面になります。

 2012.07.07現在





東海道新幹線 ドクターイエロー 923形 3000番台 T5編成
ドクターイエロー 923形 3000番台 T5編成(名古屋~三河安城間 上り)

 三河安城~名古屋間を三河安城駅方面(静岡・東京方面)へ行く「ドクターイエロー」です。

 写真左側が三河安城・東京方面、右側が名古屋駅方面になります。

 6月17日(日)に走行した「のぞみ」検測の「ドクターイエロー」が東京方面に戻るところを何とか撮影したいなあということで、急遽都合を合わせて名鉄の山王駅(旧ナゴヤ球場前駅)のホームから撮影したものです。

 新幹線と名鉄のホームの間には、東海道本線と中央本線が走っています。

 そのため、ここから撮影するのは、名鉄と東海道本線と中央本線が走っていなくてドクターイエローと重ならないことが最低条件ですので、そういう意味での撮影機会損失のリスクは十分あり得ますので注意が必要です。

 2012.06.18現在






「東海道新幹線」TOPへ♪  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ


広 告