名古屋鉄道(名鉄) 甲種輸送~鉄道関連趣味の部屋♪ 

このページでは、名古屋鉄道(名鉄)の甲種輸送に関することについて取り扱っています♪
広 告




貨物列車『貨物列車』TOPへ♪  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ


名鉄 9100系+9500系 甲種輸送(9775レ)~2021年4月7日(水)
DE10-1727+名鉄9100系(9106F+9105F)+9500系(9506F)+ヨ8925 甲種輸送列車 2021年4月7日(水)[13:14]撮影

 東海道本線(下り線/JR東海)の西小坂井~豊橋間を西小坂井駅方面(岡崎・刈谷方面)へ行く、DE10-1727+名鉄9100系(9106F[2両編成]+9105F[2両編成])+9500系(9506F[4両編成])+ヨ8925の甲種輸送列車(9775レ/豊橋→笠寺)です。

 豊川放水路付近にて撮影したもので、9100系と9500系を連結(併結)しての甲種輸送は、今回が初めてだったようです。

 今回甲種輸送されたのは、日本車輌製造豊川製作所(愛知県豊川市)にて新造された名古屋鉄道(名鉄)向けの新型通勤形電車「9100系」と「9500系」です。

 9500系は4両編成で、9100系は9500系と同一設計で2両編成となっています。

 9500系および9100系は、旧式車両の置き換えを目的として新造され、ステンレス製車両で車両構造は3300系に準拠したものとなっていて、9500系は2019年(令和元年)12月1日(日)から、9100系は2021年(令和3年)1月4日(月)から営業運転が開始されています。

 下の写真は、上の写真を撮影したのと同じ場所にて、甲種輸送される名鉄9100系と9500系を後追い撮影したもので、写真左奥には豊川放水路橋梁が見えています。


 【ネット上で見かけたこれまで行われてきた日本車輌製造豊川製作所出場の名鉄電車甲種輸送の運転時刻スジ】
 ※あくまで参考スジ程度としてください。ダイヤ改正により変更となっている場合や実際の運転時刻と異なる場合があります。

 豊川(11:57発/9772レ)→豊橋(12:12着)
 豊橋(13:09発/9775レ)→幸田(13:35-42)→安城(13:59-14:03)→笠寺(14:32着)

 [翌日]
 笠寺(08:30発/9003レ)→東港(08:39-09:15発/1501レ)→名電築港(09:22)→9990レ→東名古屋港(09:31)→大江(09:38)


  2021.04.07(Wed)[13:14]現在


広 告



名鉄 デキ120形電気機関車 甲種輸送(甲116・9794レ)~2015年1月29日(木)
DE10-1664+名鉄「デキ120形」(121+122)電気機関車+ヨ8630 甲種輸送列車 2015年1月29日(木)[14:58]撮影

 武蔵野南線(貨物線)の梶ヶ谷貨物ターミナル駅方面(府中本町・新座貨物ターミナル方面)から新鶴見信号場に到着する、DE10-1664+名鉄「デキ120形」(121+122)電気機関車+「ヨ8630」甲種輸送列車(甲116・9794レ)です。

 新川崎駅の北方約1kmあたりのところにある「新川崎ふれあい公園」付近にて撮影したもので、写真左端奥に見える列車は横須賀線のE217系です。

 今回甲種輸送されたのは、東芝府中事業所(東京都府中市)にて新製された名古屋鉄道(名鉄)向けの新型電気機関車「デキ120形」の「デキ121」と「デキ122」の2両で、2015年1月29日(木)から翌30日(金)にかけて、北府中(11:16)→新座貨物ターミナル(12:19-13:37)→新鶴見信号場(14:26-翌05:36)→横浜羽沢(05:57-06:14)→熱海→沼津→静岡貨物(09:20-09:40)→西浜松→新所原→笠寺(14:01)の経路(予定)で実施されたようです。

 なお、この甲種輸送列車は、当初の予定時刻より約30分程度遅れて新鶴見信号場に到着しています。

 また、笠寺駅に到着後は、笠寺→名古屋臨海鉄道東港→名鉄東名古屋港→大江の経路で名鉄常滑線の大江駅まで輸送され、1月31日(土)から翌2月1日(日)にかけては、大江→金山→舞木検査場(愛知県岡崎市舞木町:名古屋本線 藤川~名電山中間)の経路で回送されたようです。

 けん引機は、北府中~新鶴見信号場間が新鶴見機関区川崎派出所属の「DE10-1664」、新鶴見信号場~笠寺間が新鶴見機関区所属の「EF65-2036」で、最後尾には「ヨ8630」が連結されていたようです。
 そして笠寺駅到着後は、笠寺~名鉄東名古屋港間が名古屋臨海鉄道の「ND55 28」、名鉄東名古屋港~金山~舞木検査場間が名鉄「デキ401」と「デキ402」のプッシュプルだったようです。

 (※詳細「Wikipedia」、「鉄道ホビダス RM News」、「鉄道ファン railf.jp 鉄道ニュース」など参照)



 下の写真は、上の写真を撮影したのと同じ場所にて、甲種輸送される「デキ120形」を後追い撮影したものです。




 上の写真は、横須賀線の下り列車(横浜・大船方面行)の車内から西側に見える新鶴見機関区の構内の様子を撮影したもので、「デキ120形」の甲種輸送列車が新鶴見信号場に到着して約30分後(15:31)に撮影したものです。

 樹木などに隠れていてわかりにくいですが、新鶴見機関区の構内南東側に停車して翌日の出発に備えた準備をしているものと思われる「デキ120形」の2両が見えています。

 写真中央やや右あたりのところには、作業に従事しているものと思われる関係者の方達の姿も見えています。

   2015.01.29(Thu)現在






貨物列車『貨物列車』TOPへ♪  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪  HOMEへ


広 告