トミカ レスキュー工作車、災害対策用救助車系
はたらく車シリーズ  TOY展示室 TOMICA TOY Gallery





こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ
建設機械・重機 作業用車両
荷役運搬機械類
トラック・トレーラー バス
軽トラック タクシー
パトカー・警察用車両 消防車・救急車
ライトバン
ワンボックスカー
商用車・移動販売車
航空機・船・電車関連 自衛隊・公共福祉
その他

消防車・救急車 細分類
消防車 レスキュー工作車
災害対策用救助車
ウォーターカッター車
ブロアー車
救急車 消防指揮車 作業車両タイプ



CONTENTS LINK ★新着 


トミカ展示室TOPへ




ホットウィール展示室へ




HOMEへ



鉄道関連趣味の部屋♪
『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪




秋葉原 ホビー&カルチャー探訪記録



フィギュアレビュー・写真撮影館





おしゃべりトミカ レスキュー工作車
OT-5

 2000年頃に発売された「おしゃべりトミカ レスキュー工作車 OT-5」のトミカ(中国製)です。

 この「おしゃべりトミカ レスキュー工作車」は、車体を上から押し下げると、「緊急出動、了解です!」、「消火活動中です、ご協力ください」、「ウ~(サイレンの音)、カンカン」の3種類の音声を発するようです。

フロントビュー

上部ビュー
 キャビン(運転席のある箱部分)の屋根上には、対空表示「品R」と書かれています。

左右サイドビュー
 車体側面後部には「東京消防庁 特別救助隊」と書かれています。

リアビュー

 おしゃべりトミカ
 電池は幼児の手のとどか
 ない所に保管してください。
 d c 1.5V×2 LR44×2
 ©2000 TOMY
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥980円(税5%別)


 2021.10.22現在








はたらく車シリーズ

消防車・救急車

レスキュー工作車、災害対策用救助車

レスキュー工作車

 1996年7月に発売された「レスキュー工作車」(No.13)のトミカ(中国製/No.13-7-1)です。

 キャビン(運転席のある箱部分)の屋根上には、対空表示「港R」と書かれています。

上部および右サイドビュー

リアビュー

 車体後部に搭載されたクレーン装置のブームとフックは可動仕様となっています。

 RESCUE WORK CAR
 TOMICA
 © 1996 TOMY
 NO.13
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥360円(税別)
 クレーン可動/フック付
 発売期間 1996年7月~2006年8月


 2020.04.22現在



 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円

 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%
 2019年(令和元年)10月1日 10.0%


レスキュー03 ブルー工作車

 2000年8月に発売された「おもちゃ大陸 プトラパトラ ブルーレスキュー隊セット」(4台セット)に入っている「レスキュー03 ブルー工作車」のトミカ(中国製/No.13-7-8)です。

 この「レスキュー03 ブルー工作車」のトミカは、1996年7月に発売された「レスキュー工作車」(No.13-7)のトミカがベースとなっていて、パッケージの説明によると、「おもちゃ大陸」を走りまわる「ブルーレスキュー隊」の救助活動のエキスパートとなっています。

フロントビュー

 「おもちゃ大陸 プトラパトラ」は、2000年度に放送されたTX系番組「のりものスタジオ」内で放送されていたミニドラマなのだそうで、パッケージの説明によるとストーリーは、まことくんとはるかちゃんは「ナンジャモンジャ…プトラパトラ!!」と呪文を唱えると「オモチャの国」に行けて、「オモチャの国」では「ブルーレスキュー隊」が大活躍し、いろいろな車を助けるのだそうです。

上部および左右サイドビュー
 運転席の屋根上には、白い字で対空表示「03 RESCUE」と書かれています。
 また、車体側面後部にも白い字で「RESCUE 03」と書かれています。

 なお、「おもちゃ大陸 プトラパトラ ブルーレスキュー隊セット」(4台セット)に入っている他の3台は、レスキュー01 隊長レッド(日産 フェアレディZ 300ZX)、レスキュー02 ブルーはしご車(ニッサン ディーゼル ハシゴ付消防車)、レスキュー05 ブルーアンビュランス(スーパーアンビュランス)となっています。

リアビュー

 車体後部に搭載されたクレーン装置のブームとフックは可動仕様となっています。

 RESCUE WORK CAR
 TOMICA
 ©1996 TOMY
 NO.13
 MADE IN CHINA

 「おもちゃ大陸 プトラパトラ
  ブルーレスキュー隊セット」(4台セット)
 発売時価格 ¥1,440円(税5%別)
 クレーン可動・フック付


 2021.08.24現在



レスキュー工作車(おもちゃ缶 第2弾)

 2001年7月23日に発売された「トミカ おもちゃ缶」(第2弾/全6種)の「レスキュー工作車」のトミカ(中国製/No.13-7-12)です。

 キャビン(運転席のある箱部分)の屋根上にある警光灯はブーメラン形(くの字形)となっていて、車体後部の屋根上が金色(ゴールド)となっているのが特徴です。

 発売時の「おもちゃ缶」には、トミカが1台とお菓子のウェハースが入っていて、缶のふたには中にどのトミカが入っているか記載されていて、全6種のうちの欲しいトミカが選べるようになっていたようです。

フロントビュー

上部および左右サイドビュー
 車体側面後部には「RESCUE」と書かれています。

リアビュー

 車体後部に搭載されたクレーン装置のブームとフックは可動仕様となっています。

 RESCUE WORK CAR
 TOMICA
 ©1996 TOMY
 NO.13
 MADE IN CHINA

 「トミカ おもちゃ缶」(第2弾/全6種)
 発売時価格 ¥500円(税別)
 (クレーン可動/フック付)


 2021.05.25現在





レスキュー工作車(トミカくじⅣ)

 2003年3月に発売された「トミカくじⅣ」(全20種)の「レスキュー工作車」のトミカ(中国製/No.13-7)です。

 クレーン部分は白色、フックは赤色、車体後部側面はシルバー基調に塗られ「RESCUE」と書かれているのが特徴です。

 また、フロントバンパー前面には白色の斜線が描かれ警戒色となっていて、ホイールは「10DRホイール」(赤色系)となっています。

フロントビュー

上部および左右サイドビュー

リアビュー

 車体後部に搭載されたクレーン装置のブームとフックは可動仕様となっています。

 RESCUE WORK CAR
 TOMICA
 ©1996 TOMY
 NO.13
 MADE IN CHINA

 「トミカくじⅣ」(全20種)
 発売時価格 1個¥350円(税別)
 (クレーン可動/フック付)


 2021.06.29現在



救助工作車(緊急出動24時!)

 2004年6月に発売された「緊急出動24時!」(6台セット)に入っている「救助工作車」のトミカ(中国製/No.13-7-17)です。

 キャビン(運転席のある箱部分)屋根上の警光灯はブーメラン形(くの字形)の赤色クリアパーツ、クレーン部分およびフックは赤色、ホイールは「10DRホイール」(赤色系)、車体側面後部には「消防庁」と書かれているのが特徴です。

フロントビュー

上部および左右サイドビュー

リアビュー

 車体後部に搭載されたクレーン装置のブームとフックは可動仕様となっています。

 RESCUE WORK CAR
 TOMICA
 ©1996 TOMY
 NO.13
 MADE IN CHINA

 「緊急出動24時!」(6台セット)
 発売時価格 ¥2,500円(税5%別)
 (クレーン可動/フック付)


 2021.08.19現在



救助工作車(クレーン装備)

 2005年8月に発売された「特別出動!ハイパーレスキュー隊」(4台セット)のうちの1台となっている「救助工作車(クレーン装備)」のトミカ(中国製/No.13-7-18)です。

フロントビュー
 車体前面には、左右反転文字で「RESCUE」と書かれています。

上部ビュー
 キャビン(運転席のある箱部分)の屋根上には、対空表示「HR1」と書かれています。
 また、クレーンのブーム部分は赤色、フックはグレー系色となっています。

左右サイドビュー
 フロントドア部分には「01」と、車体側面後部には「消防庁 機動救助部隊」と書かれ、ホイールは「10DRホイール」(赤色系)となっています。

リアビュー

 車体後部に搭載されたクレーン装置のブームとフックは可動仕様となっています。

 RESCUE WORK CAR
 TOMICA
 ©1996 TOMY
 NO.13
 MADE IN CHINA

 「特別出動!ハイパーレスキュー隊」
 (4台セット)
 発売時価格 ¥1,500円(税込)
 (クレーン可動/フック付)


 2021.09.04現在





救助工作車(投光器装備)

 2005年8月に発売された「特別出動!ハイパーレスキュー隊」(4台セット)のうちの1台となっている「救助工作車(投光器装備)のトミカ(中国製/No.13-7-19)です。

 キャビン(運転席のある箱部分)の屋根上には「HR2」、側面には「02」、前面には左右反転文字で「RESCUE」と書かれています。

 また、車体後部側面には「消防庁 機動救助部隊」と書かれています。

投光器は可動仕様となっています。

 RESCUE WORK CAR
 1996 NO.13
 MADE IN CHINA

 「特別出動!ハイパーレスキュー隊」
 (4台セット)
 発売時価格 ¥1,500円(税込)


 2018.10.04現在





災害対策用救助車 Ⅲ型

 2006年12月16日(土)に発売された「災害対策用救助車 Ⅲ型」(No.74)のトミカ(ベトナム製/No.74-6)です。

 消防が運用する救助工作車(救助車/レスキュー車)は、車両のサイズや装備する救助資機材などによりⅠ型からⅣ型に分類されるそうで、Ⅲ型は阪神・淡路大震災を教訓に設定された震災対応救助車両となっています。

上部およびサイドビュー

 救助工作車Ⅲ型は、主として東京都及び政令指定都市の特別高度救助隊と中核市の高度救助隊が運用していて、電磁波人命探査装置やボーカメ(要救助者探索のための画像探索機)などの高度救助資機材を積載し、ウインチおよびクレーンを装備、4WD(4輪駆動)のトラックシャーシをベースに架装されているそうです。

リアビュー

 東京消防庁に配備されている実車の「震災対策用救助車(Ⅲ型)」は、このトミカと外観がよく似ていて、ウインチ、小型クレーン、昇降式照明装置や発動発電機を装備し、各種救助資機材を積載していて、4輪駆動による悪路走行も可能となっているそうです。

 車体後部に搭載されたクレーン装置のブームは可動仕様で、車体中央上部にある投光機も上下に可動します。

 RESCUE TRUCK Ⅲ TYPE
 TOMICA
 © 2006 TOMY
 NO.74
 MADE IN VIETNAM

 発売時価格 ¥360円(税別)
 サスペンション/ブーム可動/投光機上下
 発売期間 2006年12月16日~2020年1月
 (中国製有り)


 2020.02.05現在



災害対策用救助車 Ⅲ型

 2006年12月21日に発売された「東京消防庁・ハイパーレスキュー隊 出動!」(4台セット)に入っていた「災害対策用救助車 Ⅲ型」のトミカ(中国製/No.74-6)です。

 この「災害対策用救助車 Ⅲ型」のトミカは、運転席のあるキャビンの屋根上に対空表示「2 R2」と、車体後部側面に「東京消防庁 消防救助機動部隊」と白い字で書かれ、ホイールは「1HRホイール」(赤色系)となっているのが特徴となっています。

上部および右サイドビュー

リアビュー

 車体後部に搭載されたクレーン装置のブームは可動仕様で、車体中央上部にある投光機も上下に可動します。

 なお、「東京消防庁・ハイパーレスキュー隊 出動!」(4台セット)に入っていた他の3台は、道路啓開用重機車(日産ディーゼル クレーン車)、災害用水槽車(日産ディーゼル クオン タンクローリー)、救助先行車(三菱 パジェロ)となっています。


 RESCUE TRUCK Ⅲ TYPE
 TOMICA
 © 2006 TOMY
 NO.74
 MADE IN CHINA

 「東京消防庁・
  ハイパーレスキュー隊 出動!」
 (4台セット)
 発売時価格 ¥1,500円(税別)
 サスペンション/ブーム可動/投光機上下


 2020.03.30現在



救助工作車Ⅲ型

 2009年9月に発売された「東京消防庁レスキューセット」(4台セット)に入っていた「救助工作車Ⅲ型」のトミカ(ベトナム製/No.74-6)です。

 この「救助工作車Ⅲ型」のトミカは、2006年12月16日(土)に発売された「災害対策用救助車 Ⅲ型」(No.74)のトミカがベースとなっていて、車体後部に搭載された救助用の装備や道具が描かれたシールが貼られているのが特徴となっています。

左右サイドビュー

リアビュー

 車体後部に搭載されたクレーン装置のブームは可動仕様で、車体中央上部にある投光機も上下に可動します。

 なお、「東京消防庁レスキューセット」(4台セット)に入っていた他の3台は、日産エクストレイル、日立建機 双腕作業機アスタコ、ウォーターカッター車となっています。


 RESCUE TRUCK Ⅲ TYPE
 TOMICA
 © 2006 TOMY
 NO.74
 MADE IN VIETNAM

 「東京消防庁レスキューセット」(4台セット)
 発売時価格 ¥1,800円(税別)
 サスペンション/ブーム可動/投光機上下


 2020.03.17現在





災害対策用救助車 Ⅲ型
(消防車両コレクション2)

 2016年6月18日(土)に発売された「消防車両コレクション2」(4台セット)に入っている「災害対策用救助車 Ⅲ型」のトミカ(ベトナム製/No.74-6)です。

 このトミカは、車体側面後部に「消防庁 RESCUE 特別救助隊」と白い字で書かれ、ホイールは「1HRホイール」(赤色系)となっているのが特徴です。

上部および右サイドビュー

リアビュー

 車体後部に搭載されたクレーン装置のブームは可動仕様で、車体中央上部にある投光機も上下に可動します。

 RESCUE TRUCK Ⅲ TYPE
 TOMICA
 © 2006 TOMY
 NO.74
 MADE IN VIETNAM

 「消防車両コレクション2」(4台セット)
 発売時価格 ¥2,000円(税別)
 (サスペンション/ブーム可動/投光機上下)


 2021.05.28現在



三菱ふそう キャンター 化学機動車

 2012年8月に発売された「トイズドリームプロジェクト 〈出場指令!消防車両コレクション〉」の「三菱ふそう キャンター 化学機動車」のトミカ(ベトナム製)です。

 「化学機動車」は、化学事故・災害において人命救助に活躍する車両で、トミカではキャビン(運転席のある箱部分)上部にある警光灯部分に、従来にない新しい表現が施されているのだそうです。

 トミカの車体側面には、「東京消防庁」、「化学機動中隊」と書かれています。

 「化学機動中隊」とは、NBC災害(Nuclear=放射性物質/Radiological、Biological=生物・毒素物質、Chemical=化学物質)に対応可能な多くの特殊資機材を備え、NBC災害が発生した場合には、各種防護衣で完全防護した隊員が現場に向かい、質量分析装置や赤外線分析装置などを使用して物質を特定し、的確な消防活動や救急・救助活動を実施するための情報収集・分析を行う重要な役割を担っているそうです。

左右サイドビュー

リアビュー

 後部扉は開閉仕様となっています。

 MITSUBISHI FUSO CANTER
 TOMICA
 © 2002 TOMY
 MADE IN VIETNAM

 発売時価格 ¥600円(税別)


 2020.02.25現在



全地形対応車
レッドサラマンダー/エクストリームⅤ

 2017年3月に発売された「全地形対応車 レッドサラマンダー/エクストリームⅤ」(No.121)のトミカ(ロングタイプ)です。

 「全地形対応車 レッドサラマンダー」は、2013年3月から愛知県の岡崎市消防本部に東日本大震災の教訓をもとに総務省消防庁が配備した、日本に現時点で1台だけの全地形対応の特殊消防車両です。

 岡崎市に配備された理由は、岡崎市が日本のほぼ中央に位置するため、東日本にも西日本にも出動しやすいことと、津波が来ないと想定されているためなのだそうです。

フロントビュー

 車両は、総重量1万2,130㎏、全長8.7m、全幅2.2m、高さ2.6mで、最大で10人(前車に4人、後車に6人)が乗車可能で、幅2mの溝を超えることができ、1.2mの水深でも走行可能となっているそうです。

 また、駆動方式は連結ゴム製クローラー方式で、総排気量7,240ccの4サイクルディーゼルエンジンを搭載し、最高速度は時速50km、燃料容量は500リットル、燃費はリッター1kmとなっているようです。

 そのほか、最大登坂能力は50%で、最大60cmの段差を乗り越えることができ、気温マイナス35度にも耐えられる性能を持っていて、主要装備は電動ウィンチ、ライフジャケット、バスケットストレッチャー、小型船舶用救命浮環となっているそうです。

サイドビュー
 車体側面には「岡崎市消防本部」(前車)、「総務省消防庁」(後車)と書かれています。

 この「レッドサラマンダー」は、シンガポールの「STキネティクス社」がもともとは軍事車両として開発したものを、日本の消防車メーカー最大手の「株式会社モリタ」が輸入したものなのだそうで、総務省の予算で導入され、価格はおよそ1億1千万円といわれているようです。

 「レッドサラマンダー」は、平成29年7月九州北部豪雨では大分・福岡県に9日間、平成30年7月豪雨では岡山県に6日間にわたって車両と隊員が被災地入りして活躍したそうです。

リアビュー
 後車の屋根上には「愛知・岡崎」と書かれています。

 なお、車名の「サラマンダー(Salamander)」とは、伝承では、四大元素を司る精霊(四大精霊)のうち、火を司るもので、小さなトカゲもしくはドラゴンのような姿をしていて、燃える炎の中や溶岩の中に住んでいるそうです。

 かつて人気を博した「コナミ(Konami)」のシューティングゲーム「沙羅曼蛇(サラマンダ)」を思い出します。


 ALL TERRAIN VEHICLE
 (RED SALAMANDER/EXTREME Ⅴ)
 2016 NO.121
 S=1/80
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥900円(税別)
 車体左右可動


 2018.12.21現在






その他のページ(ジャンル)で詳細レビューの当ページ関連トミカ

警察隊02 ズッシー(レスキュー工作車)

 2000年10月に発売された「トミカ おもちゃ大陸 プトラパトラ おもちゃ警察隊セット」(4台セット)に入っている「警察隊02 ズッシー」のトミカ(中国製/No.13-7-10)です。

 ☆詳細はこちらのページでご紹介しています♪


機動救助隊レスキュー車

 2000年11月30日に発売された「スーパーポリスカーコレクション」(5台&看板・点滅灯セット)に入っている「機動救助隊レスキュー車」のトミカ(中国製/No.13-7-11)です。

 ☆詳細はこちらのページ♪


マグナムレスキュー レンジャーカー
(レスキュー工作車)

 2002年7月に発売された「マグナムレスキュー レンジャーカー」のトミカです。

 ☆詳細はこちらのページ♪




救助工作車

 2014年3月15日(土)に発売された「警察車両セット」(4台セット)に入っている「救助工作車」のトミカ(ベトナム製)です。

 ☆詳細はこちらのページ♪


機動水難救助隊 特殊水難救助車
(災害対策用救助車 Ⅲ型)

 2015年3月21日に発売された「トミカくじ19 幻走ポリスレスキューコレクション OR110」(全8種)のうちの1台となっていた、「機動水難救助隊 特殊水難救助車」のトミカ(ベトナム製)です。

 ☆詳細はこちらのページ♪


ハイパーブルーポリス HBP02
ブルーハスキーⅡ 救急工作車
(災害対策用救助車 Ⅲ型)

 2011年7月に発売された「ハイパーブルーポリス HBP02 ブルーハスキーⅡ」のトミカです。

 ☆詳細はこちらのページ♪






消防車・救急車 細分類
消防車 レスキュー工作車
災害対策用救助車
ウォーターカッター車
ブロアー車
救急車 消防指揮車 作業車両タイプ


★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

建設機械・重機 作業用車両
荷役運搬機械類
トラック・トレーラー バス
タクシー パトカー・警察用車両 消防車・救急車 商用車・移動販売車
軽トラック ライトバン
ワンボックスカー
航空機・船・電車関連 自衛隊・公共福祉
その他


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪