新世紀エヴァンゲリオン セル画展示研究室 Neon Genesis Evangelion
Anime Cel Gallery

セル画展示研究室TOPへ(Anime Cel Gallery)HOMEへ
涼宮ハルヒの憂鬱VOCALOID(初音ミク)フィギュア展示館テレカ展示コーナーTOY展示室お宝グッズ倉庫ジャンクな部屋
葛城ミサト(第弐話:入浴シーン)~Misato Katsuragi
葛城ミサト  ~Misato Katsuragi

 上のミサトのセル画は第2話(第弐話 EPISODE:2)「見知らぬ、天井 THE BEAST」にて使用されたもので、シンジを自分のところに引き取ることを決めたミサトが、自分のマンションの浴室で入浴中に、リツコと電話で会話をしているシーンのものです。

【このシーンでの会話】
ミサト:「そう、あんな目にあってるのよ?また乗ってくれるかどうか・・・。」
リツコ:「彼のメンテナンスもあなたの仕事でしょう?」
ミサト:「怖いのよ、どう触れたらいいか、分からなくて。」
リツコ:「もう泣き言?自分から引き取るって、大見得切ったんじゃない。」
ミサト:「うるさい!(電話を切る)
あの時、私はシンジ君を自分の道具として見ていた。リツコと同じか・・・。あの使徒を倒したというのに…嬉しくないのね。」

 上記の青いセリフの部分のカットで使用されたセル画です。
 なお、背景は映像出力コピーです。




葛城ミサト~Misato Katsuragi 綾波レイ~Rei Ayanami 惣流・アスカ・ラングレー~Asuka Langley Soryu
葛城ミサト  ~Misato Katsuragi

 第1話(第壱話 EPISODE:1)「使徒、襲来 ANGEL ATTACK」にてシンジを車で迎えにきた時のカットです。

 中落ちなのがちょっと残念。

 ミサトの声優担当(CV)は三石琴乃さん。

 BG(背景)は映像出力コピーです。



綾波レイ  ~Rei Ayanami

 第5話(第伍話 EPISODE:5)「レイ、心のむこうに Rei I」にてシンジと歩く綾波です。

 綾波レイは「ファーストチルドレン」でEVA零号機のパイロット。

 綾波のCVは林原めぐみさんです。

 BG(背景)は映像出力コピーです。



惣流・アスカ・ラングレー  ~Asuka Langley Soryu

 第16話(第拾六話 EPISODE:16)「死に至る病、そして Splitting of the Breast」に登場するアスカです。

 アスカは「セカンドチルドレン」でEVA弐号機のパイロット。

 アスカのシンジに対するセリフ「あんたバカ!?」は印象的です。

 アスカのCVは宮村優子さん。

 BG(背景)は映像出力コピーですが加工は手抜きです…。
(;^_^)


碇シンジ~Shinji Ikari EVA初号機~Evangelion Unit 01 EVA弐号機~Evangelion Unit 02
碇シンジ  ~Shinji Ikari

 第1話(第壱話)にて初号機に初めて乗り込むシンジです。

 シンジは「サードチルドレン」でEVA初号機のパイロットで、父の碇ゲンドウはNERV司令官。

 シンジのCVは緒方恵美さんです。

 背景は映像出力コピーです。



EVA初号機  ~Evangelion Unit 01

 『サード・チルドレン』こと碇シンジが搭乗するEVA初号機です。

 リリスから製作されたEVAシリーズの実験機で、搭乗者の生命が危機的状況にさらされると突然コアが反応して搭乗者の意思とは無関係に暴走します。

 EVAは「A.T.フィールド」と呼ばれる防御壁を持っているため、使徒に対抗できる唯一の存在とされます。

 EVA搭乗パイロットはEVAとの神経接続を行うための「インターフェイス・ヘッドセット」と生命維持等のサポートを行う「プラグスーツ」を着用してEVAのコクピット部分である「エントリープラグ」に乗り込みます。

 エントリープラグの内部には「L.C.L」と呼ばれる肺胞でのガス交換を可能にする液体が充填されています。



EVA弐号機  ~Evangelion Unit 02

 第16話(第拾六話)に登場する弐号機です。

 この話ではシンジの乗る初号機が、第12使徒のレリエル(下図参照)の「ディラックの海」に取り込まれてしまいます。

 EVAはパイロットとの神経接続によりコントロールされており、稼働状況はEVAと搭乗者の「シンクロ率」に影響されます。

 シンクロ率が低い場合にはEVAは起動せず、逆にシンクロ率が高い場合には、EVAが外的な損傷などのダメージを受けるとパイロットにも肉体的苦痛などの影響が出てしまいます。

 EVAのパイロットは原則として「母親のいない14歳の子供」に限って選抜されています。



葛城ミサト~Misato Katsuragi 葛城ミサト~Misato Katsuragi 葛城ミサト~Misato Katsuragi
葛城ミサト  ~Misato Katsuragi

 上のミサトのセル画は第12話(第拾弐話 EPISODE:12)「奇跡の価値は She said, "Don't make others suffer for your personal hatred."」において使用されたものです。

 第10使徒のサハクィエル(下図参照)がインド洋上空衛星軌道上に出現した時、碇司令と冬月副司令が南極に出かけていたため、ミサトがその立場上、ネルフ本部の責任者となっていた時のものです。

 ここのシーンではリツコがミサトに「どうする?今の責任者はあなたよ。」と声をかけます。

 【参考引用TV画像~第拾弐話から】

    


葛城ミサト  ~Misato Katsuragi

 上のミサトのセル画は第8話(EPISODE:8)「アスカ、来日 ASUKA STRIKES!」において使用されたものです。

 第6使徒のガギエル(下図参照)が海上輸送中のEVA弐号機を襲撃するために国連海軍太平洋艦隊に攻撃をしかけてきた時、艦隊司令は通常兵器で対抗することにこだわり続けていました。

 そんな中、EVA弐号機輸送船「オセロー」に居たアスカは独断ながらシンジとともにEVA弐号機に乗り込み起動させ、使徒ガギエルを迎え撃とうとします。

 その「EVA弐号機起動中!」との報告を聞いたミサトは乗艦する艦隊旗艦空母「オーバー・ザ・レインボー」の艦橋の窓に顔をこすりつけ、「ナイス、アスカ!!」と言って喜びます。

 背景及びBOOKは映像出力コピーです。



葛城ミサト  ~Misato Katsuragi

 上のミサトのセル画は劇場版で使用されたもので、シンジがエヴァに乗りたくないとネルフから逃げ出したとき、結局電車に乗れず車で駅まで来たミサトと再会するシーンで使用されたものです。

 テレビ版では第4話(第四話 EPISODE:4)「雨、逃げ出した後 Hedgehog's Dilemma」でのシーンになります。

 ここのシーンではテレビ版と劇場版に使用されている画像が異なっていて、セル画もそれぞれテレビ版と劇場版があるようです。



赤木リツコと葛城ミサト~Ritsuko Akagi and Misato Katsuragi 赤木リツコ~Ritsuko Akagi 葛城ミサト~Misato Katsuragi
赤木リツコ(左)~Ritsuko Akagi
葛城ミサト
(右)~Misato Katsuragi

 上のセル画は第九話(EPISODE:9)「瞬間、心、重ねて Both of You, Dance Like You Want to Win!」にて使用されたもので、ここのシーンでのリツコとミサトのやりとりは以下のとおりです。

 なお、上の画像のうちセル画部分はリツコとミサトで手前の書類は映像出力コピーです。


リツコ:「関係各省からの抗議文と被害報告書。で、これがUNからの請求書、広報部からの苦情もあるわよ。」
ミサト:「ふ~」
 〈中略〉
ミサト:「で、私の首がつながるアイディア、持ってきてくれたんでしょ?」
リツコ:「一つだけね。」
ミサト:「さっすが赤木リツコ博士、持つべきものは心優しき旧友ね~♪」
リツコ:「残念ながら、旧友のピンチを救うのは私じゃないわ。このアイディアは加持君よ。」
ミサト:「加持の?」


赤木リツコ  ~Ritsuko Akagi

 第5話(第伍話)のミサトの部屋でシンジとともにミサトの作ったカレーを食べるリツコです。

 このカレーをペンペンが食べて倒れてしまいます。

 リツコのCVは山口由里子さん。

 【参考引用TV画像~第伍話から】

    


葛城ミサト  ~Misato Katsuragi

 ビールを飲むミサトのセル画です。

 いかにもミサトらしいカットのもので、ミサトのこういうざっくばらんな性格はとても魅力的なものがあると思います。

 反面、実際はいろいろな想い、悩みを抱えていてこういう明るいミサトは真の姿ではないのかなぁと思わせる描写が本編にはあったような気がします。

 現時点では上のセル画がどの話で使用されたかは確認できていません
(;^_^)。

 なお、上のセル画のビール缶の底部を拡大した画像を以下に掲載していますが、よく見ると『エトロフビールHD』と描いてあるのがわかるかと思います。


    葛城ミサトの飲む『エトロフビール』【エトロフビール】


『YEBISU』の缶ビールを手に持つ葛城ミサト~Misato Katsuragi(第伍話) 冬月コウゾウ NERV副司令~Kozo Fuyutsuki
【Extra】
惣流・アスカ・ラングレー~「チャ~ンス♪」
アスカ「チャ~ンス♪」
 ~第八話「アスカ、来日」より

※これはセル画ではありません


葛城ミサト  ~Misato Katsuragi

 上のミサトのセル画は第5話(第伍話 EPISODE:5)「「レイ、心のむこうに
Rei I」にて使用されたもので、ミサトのマンションの部屋でリツコとシンジと一緒にミサトの作ったマズい(?)カレーを食べているシーンのものです。

 右手にはミサトが愛飲する『YEBISU』の缶ビールを持っています。

【このシーンでの会話】
(※シンジがリツコからレイの更新カードを受け取る)
ミサト:「どうしちゃったの?レイの写真をじーっと見ちゃったりして♪」
シンジ:「あっ!?いや…」
ミサト:「ひょっとしてシンちゃん…」
シンジ:「ち、違うよ!!」
ミサト:「ま~たま~た照れちゃったりしてさ♪レイのうちに行くオフィシャルな口実が出来てチャンスじゃない♪」

 【参考引用TV画像~第伍話から】

    


冬月コウゾウ(ふゆつき こうぞう) NERV副司令
  ~Kozo Fuyutsuki

 NERV副司令の冬月コウゾウのセル画ですが、まだどのシーンで使用されたものかは確認していません。

 このセル画自体は実際は1枚ではなく、3枚のセル画が組み合わさったいわゆる「組セル」になっています。

 目と眉毛のセル画、頭髪と耳と服のセル画、頭部のセル画の3枚の組み合わせとなっています。

 なお、このセル画は、いわゆる「透過光撮影」を行うために、セル画の裏側が黒くベタ塗り塗装されています。

 「透過光撮影」とは、色塗りでは表現しにくい光をリアルに表現するために、実際に本物の光を下から当てて撮影する技法です。

 【参考画像~セル画の裏側は透過光処理で黒塗り】

    

 冬月は元は京都の大学教授で、数少ない碇ゲンドウの理解者でもあります。

 もともとは碇ゲンドウやゲヒルン(特務機関NERVの前身)を毛嫌いしていて、セカンドインパクトの真実を公表しようとしますが、ジオフロントで開発中のEVAを見せられ、ゲンドウの誘いに応じて行動を共にするようになります。

 なお、名前の由来は、大日本帝国海軍秋月型駆逐艦「冬月」からのようです。

 冬月の声優担当は、清川元夢さん。


 【参考画像~駆逐艦「冬月」※出典「Wikipedia」】
   







碇司令と冬月副司令

「始まったな。」
「ああ、全てはこれからだ。」


 【新世紀エヴァンゲリオン】 "Evangelion"

《使徒(しと)
 使徒(シト、Angel)とは、NERV(ネルフ)本部のある第3新東京市に襲来する、謎の生命体の呼称である。個々の使徒の名前は、死海文書からつけられているらしい。他の使徒と連携することはなく、必ず単体で襲来する。各使徒の名前の由来は、聖書偽典のエノク書の天使名に由来する。使徒の襲来目的は、第3新東京市地下の空洞内にあるNERV本部に幽閉される第1使徒アダム(実際に幽閉されていたのはリリス)と融合し、サードインパクトを引き起こすことによって、人類の滅亡を図ることであるとされる。使徒は生命の実(S2機関)を、人間は知恵の実(限りある命の代わりに知能)を得ており、両者は対極の立場にある。

第1使徒 アダム(ADAM) アダム(ADAM)

 第1使徒。南極で発見されセカンドインパクトを引き起こしたとされる光の巨人。名前の由来は、最初の人間(男性)であるとされる「アダム」から。 第3以降の使徒を生み出した「生命の起源」の1つ。また、初号機を除くすべてのエヴァンゲリオンの元となっている(零号機に関しては異説あり)。
 南極の「白き月」内部で発見され、人類がこれを卵に還元しようとする作業の途中に覚醒し暴走(ロンギヌスの槍のアンチA.T.フィールドを更に無効化したためだと考えられる)。光り輝く4枚の巨大な翼を広げると共に爆発を起こし、南極大陸を消滅させた。また、魂は別に人型の肉体を与えられ、第17使徒タブリス=渚カヲルとして存在している。
第2使徒 リリス(LILITH) リリス(LILITH)

 第2使徒。人類を含むその後すべての地球上の生物の始祖である原始生命を生み出した、アダムとは異なる「生命体の源」。特務機関NERV本部の地下最深部、ターミナルドグマに磔にされている白い巨人。TV版のデザインは磯光雄氏。名前の由来は、アダムの最初の妻であるとされる「リリス」から。
 エヴァンゲリオン初号機はEVAのうち唯一リリスから生み出されたものだとされる。リリスの魂は、魂の宿ることがなかった綾波レイの肉体に移されている。
第3使徒 サキエル(SACHIEL) サキエル(SACHIEL)

 テレビ版の第壱話、第弐話に第3使徒として登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「水」を司る天使・木曜日の守護天使「サキエル」から。
 セカンドインパクト以来、15年ぶりに出現した使徒。2015年6月22日に襲来した。最初は近接戦闘のみを行っていたが、国連軍のミサイル攻撃から、長距離攻撃も覚えた。N2地雷によってダメージを受けた際に2つ目の顔を出現させている。EVA初号機の初陣となった戦闘では、初号機の右目を掌から出る光の槍の様な物で貫き活動停止に追い込んだ。最終的には再起動して暴走した初号機の手によってA.T.フィールドを破られた上コアに亀裂を入れられ、初号機を巻き込み自爆したものの、初号機の殲滅は果たせなかった。
 デザインは漫画家のあさりよしとお氏。
第4使徒 シャムシエル(SHAMSHEL) シャムシエル(SHAMSHEL)

 テレビ版第参話に第4使徒として登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「昼」を司る天使・エデンの園の天使の王子「シャムシエル」から。
 2015年7月13日に襲来。筒状の身体に、鞭状の腕部を持つ使徒。イカに近い形をしており、海から出現した。足と呼べる部分は存在しないため、移動手段は主に飛行。直立状態でも微弱ながら前進する事はできる。最後はEVA初号機によってコアを破壊され、活動を停止。コア以外はほぼ無傷だったため、NERVによって使徒のサンプルとして回収された。
 デザインは漫画家のあさりよしとお氏。
第5使徒 ラミエル(RAMIEL) ラミエル(RAMIEL)

 テレビ版第伍話、第六話に第5使徒として登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「雷」を司る天使・復活を待つ魂の管理者・幻視を司る天使「ラミエル」から。
 正八面体の形状を持つ使徒。コアを内部中心に収蔵し、強力なA.T.フィールドを展開するとともに、一定距離内に侵入する脅威目標には強力な加粒子砲による狙撃を行なう。出撃直後の初号機を中破させた後、身体下部から伸ばしたボーリング・マシン(直径17.5Mの巨大ドリル・ブレード)によってNERV本部へ侵入しようとしたが、日本全国の電力を徴用して実施された、EVA初号機と零号機による超長距離からの陽電子砲(ポジトロン・スナイパー・ライフル)による狙撃(ヤシマ作戦)により撃破される。
第6使徒 ガギエル(GAHGIEL) ガギエル(GAHGIEL)

 テレビ版第八話に第6使徒として登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「魚」を司る天使から。
 EVA弐号機(B型装備)を輸送中の艦隊を襲った使徒。その姿は深海魚に似ている。起動した弐号機を水中に引きずり込むが、戦艦イリノイ、ケンタッキー2隻による口内への零距離射撃により殲滅される。アニメ版ではEVA1機にパイロット2人(シンジとアスカ)が乗り込んで出撃したため、意外かつ非常に貴重な戦闘データをもたらした。また、頭頂にはサキエルと同じ顔がついている。漫画版ではアスカ1人で殲滅している。
 デザインは前田真宏氏。
第7使徒 イスラフェル(ISRAFEL) イスラフェル(ISRAFEL)

 テレビ版第九話に第7使徒として登場した。名前の由来はイスラーム教の「音楽」を司る天使「イスラーフィール」の別読み『イスラフェル』から。使徒中、唯一イスラーム教の天使から名前がとられている(ただしイスラフェル=イスラーフィールの名自体はクルアーンに登場していない)。
 当初は1体で襲来したが、同型の2体に分裂する能力を持っていた使徒。片方が傷ついても分裂したもう1体が無事なら瞬時にダメージを回復し、初戦では初号機と弐号機を活動停止に追い込んだ。しかし、再度の襲来時には初号機と弐号機によるコアへのユニゾン攻撃により撃破される。
 デザインは前田真宏氏。
第8使徒 サンダルフォン(SANDALPHON) サンダルフォン(SANDALPHON)

 テレビ版第拾話に第8使徒として登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「胎児」を司る天使・天使の牢獄とされる第五天マホンの支配者「サンダルフォン」から。
 浅間山火口において発見された使徒。発見時は卵のような状態であったため、A-17(使徒捕獲作戦)の対象とされるが、作戦実行中に孵化を始めたため作戦は中断。捕獲作戦にて出撃していた対高熱高圧仕様(D型装備)のEVA弐号機により熱膨張を利用して撃破される。
 卵状態の際には人間に似た形で指も5本あるように見えるが、孵化後はアノマロカリスとカレイをもとにしたような形状で、マグマの中を自由に泳ぎまわることが可能。なお、漫画版にこの使徒は登場していない。
第9使徒 マトリエル(MATRIEL) マトリエル(MATRIEL)

 テレビ版第拾壱話に第9使徒として登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「雨」を司る天使から。
 「事故」(実際は何者かに因る破壊工作)により停電中のNERV本部に襲来した、ザトウムシのような形態をした使徒。目のような模様があり、地面に面した目から強力な溶解液を流し込みNERV本部に侵入しようとしたが、手動操作で出撃したEVA3機による連携攻撃(弐号機が溶解液を受け止め零号機が落下したライフルを拾い初号機が撃つ)によって撃破される。漫画版には登場していない。
第10使徒 サハクィエル(SAHAQUIEL) サハクィエル(SAHAQUIEL)

 テレビ版第拾弐話に第10使徒として登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「空」を司る天使「サハクィエル」から。
 衛星軌道上から自らの身体とATフィールドを質量爆弾として落下させ、NERV本部を破壊しようとした使徒。出現当初は自身の一部を切り離して落下させ着弾点を確実に誤差修正しながら、最後には本体もろとも落下を開始するが、EVA3機による連携で受け止められ、最後はコアにプログレッシブナイフを突き立てられて撃破された。漫画版ではイスラフェルが「第七使徒」なのにもかかわらず、こちらも「第七使徒」とされている。
第11使徒 イロウル(IREUL) イロウル(IREUL)

 テレビ版第拾参話に第11使徒として登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「恐怖」を司る天使から。
 微生物状の使徒であり、その実態は他の使徒とは異なり群体で、多くのナノマシンの集合体。自らの弱点となるものに遭遇しても、環境に適応するために異常な速度で自己進化、全体としての生存を図る特性を持つ。自身でアダムに接触するのではなく、その目的の障壁になるNERV本部のメインコンピュータMAGIシステム(マギ・システム)に侵入し、NERV本部自爆コマンドを実行し障害を排除しようとした。
 シグマユニットD-17の第87蛋白壁の搬入時に寄生、プリブノウボックスの模擬体を浸食しシグマユニットを汚染。サブコンピュータから保安部のメインバンク経由でMAGIのクラッキングに成功。メルキオール、バルタザールを乗っ取ったが、リツコがカスパーから進化促進プログラムを投与した結果、進化の終局=死へと至らしめられ自壊した。唯一、EVA以外の方法で殲滅された、特異な使徒である。漫画版には登場していない。
第12使徒 レリエル(LELIEL) レリエル(LELIEL)

 テレビ版第拾六話に第12使徒として登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「夜」を司る天使から。
 空中に浮かぶ球形の影と平面的な身体を持つ使徒。球体の直下に広がる影のようなものこそがこの使徒の実体であり、空中に浮かぶ球体はその影のようなものである。自身の影が攻撃された際にその攻撃した対象の真下に本体を瞬間移動する能力を持っている。内向きのA.T.フィールドによって支えられた厚さ約3ナノメートルの「実体」の内部には、虚数空間(ディラックの海)が広がっている。EVA初号機を虚数空間内部に取り込み、活動停止まで追い込むも、暴走した初号機によって内側から引き裂かれた。漫画版には登場していない。
第13使徒 バルディエル(BARDIEL) バルディエル(BARDIEL)

 テレビ版第拾八話に第13使徒として登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「霰」を司る天使「バラキエル」の別称バルディエルから。
 粘菌状の使徒。侵蝕型の使徒で侵蝕した物質の性質を変える力があり、また侵蝕した生物の身体能力を高めることができる。長野県松代での起動実験のため、NERVアメリカ支部から日本へ空輸中のEVA3号機に侵入・侵蝕し、搭乗中のフォースチルドレン、鈴原トウジもろともその支配下に置いた。起動実験中に松代に大規模な爆発を起こし、迎撃に来た弐号機と零号機を瞬時に撃破。ダミープラグにより暴走状態におかれた初号機によって、最後には3号機もろとも撃破される。撃破された際にトウジは、アニメでは左足を失ったものの生存している。
第14使徒 ゼルエル(ZERUEL) ゼルエル(ZERUEL)

 テレビ版第拾九話に第14使徒として登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「力」を司る天使「ゼルエル」から。
 最強の使徒。ずんぐりとした体躯に、折り畳んだ帯状の腕部(展開、カッターとして使用)を持ち、空中を浮遊して移動する。身体上部の顔状の部分からは強力なビームを発射し、ラミエルが突破に十数時間を要したジオフロント上部の18もある特殊装甲を、瞬時に溶解させるほどの攻撃力を持つ。コアをまぶたの様なシールドで護る事ができる。ジオフロント内に侵入後、迎撃に出たEVA弐号機の攻撃をまったく寄せ付けず、両腕・頭部を切断。EVA零号機のN2爆弾によるコアへの直接攻撃に対しても、N2爆弾がコアに接触する寸前にシールドを展開したためまったく傷を負わず零号機の頭部を切断。ついにはNERV本部内へと侵攻するものの、EVA初号機によってジオフロントまで後退させられる。初号機の電源が切れたのと同時に攻撃を再開し、初号機を敗北寸前にまで追い込むがEVA初号機が覚醒したことによって殲滅・捕食された。腹の部分に人間の横顔のシルエットらしき色がある(ガイナックス企画書より)。デザインは漫画家のあさりよしとお氏。
第15使徒 アラエル(ARAEL) アラエル(ARAEL)

 テレビ版第弐拾弐話に第15使徒として登場した。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「鳥」を司る天使から。
 光る鳥のような形状を持ち、最初に人の心に迫った使徒。衛星軌道上から詳細不明の可視光エネルギー波(A.T.フィールドに近いものである事は判明している)によってEVA弐号機パイロットに精神攻撃を仕掛けて活動停止に追い込んだが、ゲンドウの指示によりEVA零号機が投擲したロンギヌスの槍により撃破される。その後ロンギヌスの槍は月の衛星軌道上に取り残され、回収不可能と判断される。
第16使徒 アルミサエル(ALMISAEL) アルミサエル(ALMISAEL)

 テレビ版第弐拾参話に第16使徒として登場。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「子宮」を司る天使「アルミサエル」から。
 光るDNAのような、二重らせんの円環構造(プラスミドに類似)を持つ、アラエルに続き人の心に迫った使徒。対象物を侵食し、融合しようとする習性を持つ。迎撃に出たEVA零号機を侵食、融合しようとするが、同機の自爆により撃破される。漫画版では分離能力を持っており、綾波レイが搭乗する零号機、渚カヲルが搭乗する弐号機との戦闘で、零号機を侵食し、弐号機の左足を破断。零号機の自爆によって殲滅された。
第17使徒 タブリス(TABRIS) 渚カヲル タブリス(TABRIS)

 テレビ版第弐拾四話に第17使徒として登場。名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「自由意志」を司る天使から。この名前は本編中では明らかにされず、後に劇場版パンフレットなどでファンに示された。
 ゼーレによってアダムの魂が人型の肉体に宿され、フィフスチルドレン・渚カヲルとしてNERV本部に送り込まれる。アラエル、アルミサエルに続き人の心に迫った最後の使徒。人類をリリンと呼び、歌を「リリンの生み出した文化の極み」と評するなど超然とした態度を見せる少年である。
 EVAとのシンクロ率を、自らの意思で自由自在に操ることができる。アダムと接触するために、EVA弐号機を外部からコントロールし、NERV本部のセントラルドグマを降下、最下層(ターミナルドグマ)に到達し、アダムを幽閉するヘヴンズ・ドア(天国の門)を開く。しかしそれがアダムではなくリリスだと知ると接触を中止、追撃したEVA初号機に対しても抵抗の意志を見せず、握殺された。漫画版では登場時期や性格など異なる点が多い。ゲーム作品では、仲間にした後、4号機に搭乗することが多い。
NO IMAGE リリン(LILIM)

 エヴァンゲリオンの世界では人類も使徒のひとつである。リリスから生まれた唯一の使徒であり、群れをなして存在する。
 リリンとはカヲルが人類を指していった言葉である。劇場版でミサトにより、人類=リリン=第18の使徒であるという旨の解説がなされる。このほかにもシト新生のパンフレットにも人間=第18使徒という記述が散見される。名前の由来は、アダムとリリスの娘達である、リリン(夢魔)から。

新世紀エヴァンゲリオン』(しんせいきエヴァンゲリオン、Neon Genesis EVANGELION)は、日本で1995年10月4日から1996年3月27日まで全26話にわたりテレビ東京系列(TXN)で放送された連続テレビアニメ作品、およびそのアニメ映画。略称「エヴァンゲリオン」「エヴァ」「EVA」。監督は庵野秀明氏。また、『月刊少年エース』(角川書店)誌上で貞本義行氏による同名の漫画もテレビ放送に先立つ1995年2月号より連載されている(2007年12月号をもって休載)。この漫画はアニメの原作ではなく、アニメの企画・脚本を元に異なる視点から描いた作品である。

主題歌》
 ・オープニングテーマ
  『残酷な天使のテーゼ』…歌:高橋洋子/作詞:及川眠子/作曲:佐藤英敏/編曲:大森俊之
   本曲とオープニングフィルムの制作指揮は、大月俊倫(キングレコード)。
 
 ・エンディングテーマ
  『Fly Me to the Moon』…歌:CLAIRE/作詞・作曲:Bart Howard/編曲:Toshiyuki Ohmori

実際にCLAIREが歌ったのは第壱話〜四話と拾壱、拾八、拾九話。その他は林原めぐみ、高橋洋子、Aya、Akiの4人のボーカル、およびインストゥルメンタル、カラオケを含め、26話で全14ヴァージョンが使用されている。一貫して同じ曲でありながら、それぞれスウィング・ジャズやテクノなど、毎回様々なアレンジのヴァージョン違いの音源が使用された。
また、リニューアル版DVDの5.1ch音声では、上記に加えて三石琴乃(MISATO)、林原めぐみ(Rei)、宮村優子(ASUKA)らの異なった歌を含めて、テレビ版全26話とビデオ版21話〜24話の全30話分にそれぞれ異なる30のヴァージョンを用いている。一方、同じリニューアルDVDでも2.0ch音声ではテレビ版と同じヴァージョンが使われている。

【上記引用参考参照 Wikipedia 2009.03.21】

Neon Genesis Evangelion (新世紀エヴァンゲリオン Shin Seiki Evangerion), commonly referred to as NGE, Eva, or Evangelion, is a commercially and critically successful, influential, and controversial Japanese anime that began in October 1995; the series launched the Neon Genesis Evangelion franchise. It won several major animation awards. The anime was created by Gainax, written and directed by Hideaki Anno, and co-produced by TV Tokyo and Nihon Ad Systems (NAS).
 Evangelion is an apocalyptic mecha action series which centers around the efforts by the paramilitary organization Nerv to fight monstrous beings called Angels, primarily using giant mecha called Evangelions which are piloted by select teenagers, one of whom is the primary protagonist.
 Events in the series refer to Judeo-Christian symbols from the book of Genesis and Biblical apocrypha among others. Later episodes shift focus to psychoanalysis of the main characters, who display various emotional problems and mental illnesses; the nature of existence and reality are questioned in a way that lets Evangelion be characterized as "postmodern fantasy".
 The story of Evangelion primarily begins in 2000 with the "Second Impact", a global cataclysm which almost completely destroyed Antarctica and led to the deaths of half the human population of Earth. The Impact is believed by the public at large and even most of Nerv to have been the impact of a meteorite landing in Antarctica, causing devastating tsunamis and a change in the Earth's axial tilt (leading to global climate change) and subsequent geopolitical unrest, nuclear war (such as the nuking of Tokyo), and general economic distress. Later, Second Impact is revealed to be the result of contact with and experimentation on the first of what are collectively dubbed the Angels: Adam. The experiments were sponsored by the mysterious organization Seele, and carried out by the research organization Gehirn.
 In the year 2010, Gehirn had accomplished a number of its scientific and engineering goals and corporately changed into the paramilitary organization Nerv which is headquartered in Tokyo-3, a militarized civilian city located on one of the last dry sections of Japan; Nerv's central mission is to locate the remaining Angels predicted by Seele, and to destroy them. However, Nerv has its own secret agenda, as directed by its Machiavellian commander Gendo Ikari: the Human Instrumentality Project, which, according to Gendo in episode 25, is the task of uniting all human minds into one global spiritual entity. Associated with Nerv is the Marduk Institute, which has the task of selecting the pilots for the Evas, the most capable being children conceived after the Second Impact (14 year olds). The institute consists of Commander Ikari, and Nerv's chief scientist Ritsuko Akagi; supporting the two are 108 companies which are all revealed to be ghost companies.
 As the first episode opens in the year 2015, Tokyo-3 is being attacked by the third Angel. Conventional weapons prove ineffective, largely due to its projected force field called an AT Field. Nerv takes command of the battles, and is able to intercept and defeat the Angels using the Evangelions (Evas), biomechanical mecha previously developed in secret by Gehirn inside the underground Geofront; the Geofront is located underground and underneath Tokyo-3.
 Not knowing why his father summoned him, Shinji Ikari, a 14 year old boy who chronically suffers from anxiety, depression, lack of self confidence and loneliness, arrives to Tokyo-3 just as the Third Angel attacks the city. Shinji reluctantly agrees to join Nerv to pilot Evangelion Unit 01, and begins living with Captain (later Major) Misato Katsuragi. He and Rei Ayanami battle the successive advances of the Angels together and are later joined by Asuka Langley Soryu, the pilot of Unit 02.

【Quotation from Wikipedia 2009.02.06】



セル画展示室 タイトル一覧♪
頭文字D 犬夜叉 宇宙戦艦ヤマト うる星やつら ヱデンズボゥイ カードキャプターさくら
怪盗セイント・テール カウボーイビバップ 風の谷のナウシカ 機動戦艦ナデシコ 機動戦士ガンダムシリーズ きまぐれオレンジロード
ギャラクシーエンジェル キューティーハニー 銀河英雄伝説 銀河鉄道999 The かぼちゃワイン サクラ大戦
ザ・コクピット 十兵衛ちゃん 新世紀エヴァンゲリオン エルハザード ストップ!!ひばりくん! スーパードールリカちゃん
聖戦士ダンバイン ちびまる子ちゃん デ・ジ・キャラット To Heart ときめきメモリアル Dr.スランプ
トライガン とらドラ! パタリロ! バトルアスリーテス大運動会 Piaキャロットへようこそ!! 美少女戦士セーラームーン
ふしぎの海のナディア ポケットモンスター 魔法少女プリティサミー 無責任艦長タイラー 名探偵コナン YAT安心!宇宙旅行
ヨコハマ買い出し紀行 らんま1/2 ルパン三世




      セル画展示研究室TOPへ(Anime Cel Gallery)     HOMEへ
鉄道関連趣味の部屋フィギュア展示館テレカ展示コーナーTOY展示室お宝グッズ倉庫ジャンクな部屋
『涼宮ハルヒの憂鬱』のページへ♪ 『VOCALOID(初音ミク、ミクろいど劇場)』のページへ♪ 『機動戦士ガンダム0083』のページへ♪ 『宇宙戦艦ヤマト』のページへ♪
涼宮ハルヒの憂鬱 VOCALOID(初音ミク) 機動戦士ガンダム0083 宇宙戦艦ヤマト