風の谷のナウシカ セル画展示研究室  Nausicaä of the Valley of the Wind Anime Cel Gallery




セル画展示研究室TOPへ(Anime Cel Gallery)HOMEへ
涼宮ハルヒの憂鬱VOCALOID(初音ミク)フィギュア展示館テレカ展示コーナーTOY展示室お宝グッズ倉庫ジャンクな部屋
ナウシカ~Nausica クロトワ~Kurotowa トルメキア軍兵士~Soldier of Tolmekia
ナウシカ ~Nausicaä

 ナウシカのセル画ではありますが、かなり小さいです。

 ナウシカは軽量飛行装置「メーヴェ」に乗って腐海を飛び回ります。

 「風の谷のナウシカ」は、1984年に劇場公開された宮崎駿監督の著名なアニメ映画作品です。

 ナウシカのCV(声優担当)は島本須美さん。

 

クロトワ ~Kurotowa

 クロトワはトルメキアの第4皇女クシャナ直属の軍参謀として登場します。

 クロトワで忘れることができないセリフは、クシャナが不完全な巨神兵を連れて来た時に、それを見て「腐ってやがる」と言ったことです。

 クロトワのCV(声優担当)は家弓家正さん。


トルメキア軍兵士 Soldier of Tolmekia

 上のセル画はおそらくトルメキア軍の兵士のセル画だと思いますが、未確認です。

 製作されてからだいぶ年数が経っているためか、色あせがだいぶ進んでいます。

トルメキア軍兵士~Soldier of Tolmekia Amazonon-line shop

風の谷のナウシカ [Blu-ray]


トルメキア軍兵士 Soldier of Tolmekia

 上のセル画もおそらくトルメキア軍の兵士のセル画で、右上のセル画と同じシーンで使用されたものと思われますが、未確認です。





  【スタジオジブリ】  "STUDIO GHIBLI" on-line shop "Amazon"  

風の谷のナウシカ全7巻セット ―アニメージュコミックスワイド判
風の谷のナウシカ―宮崎駿水彩画集 (ジブリTHE ARTシリーズ)
フィルムコミック風の谷のナウシカ4巻セット「トルメキア戦役バージョン」
風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)
風の谷のナウシカ 2 (アニメージュコミックスワイド判)
風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)
風の谷のナウシカ 4 (アニメージュコミックスワイド判)
風の谷のナウシカ 5 (アニメージュコミックスワイド判)
風の谷のナウシカ 6 (アニメージュコミックスワイド判)
風の谷のナウシカ 7
ピアノ曲集 風の谷のナウシカ イメージアルバム&サウンドトラック
「風の谷のナウシカ」サウンドトラック はるかな地へ・・・
風の谷のナウシカ スタジオジブリ絵コンテ全集〈1〉
もののけ姫 (スタジオジブリ絵コンテ全集)
ゲド戦記 (スタジオジブリ絵コンテ全集)
スタジオジブリ作品関連資料集〈4〉 (ジブリ THE ARTシリーズ)
千と千尋の神隠し スタジオジブリ絵コンテ全集〈13〉
紅の豚 スタジオジブリ絵コンテ全集〈7〉
魔女の宅急便 (スタジオジブリ絵コンテ全集)
耳をすませば (スタジオジブリ絵コンテ全集)
となりのトトロ スタジオジブリ絵コンテ全集〈3〉
平成狸合戦ぽんぽこ (スタジオジブリ絵コンテ全集)
ハウルの動く城 (スタジオジブリ絵コンテ全集 14)
おもひでぽろぽろ スタジオジブリ絵コンテ全集〈6〉
スタジオジブリ絵コンテ全集 (16)
紅の豚 [DVD]
もののけ姫 [DVD]
となりのトトロ [DVD]
千と千尋の神隠し DVD COLLECTOR'S EDITION
風の谷のナウシカ DVD コレクターズBOX
天空の城ラピュタ DVDコレクターズ・エディション
魔女の宅急便 [DVD]
ハウルの動く城 特別収録版 [DVD]
ゲド戦記 特別収録版 [DVD]
「崖の上のポニョ」ブルーレイディスク 特別保存版 [Blu-ray]
「崖の上のポニョ」特別保存版 [DVD]



風の谷のナウシカ(かぜのたにの-)は、徳間書店のアニメ情報誌『アニメージュ』に連載された宮崎駿の漫画作品、および1984年に劇場公開された宮崎駿監督のアニメ映画作品、及び同映画のシンボル・テーマソング(イメージソング)の曲名である。

概要
 漫画作品は、アニメージュ誌上で1982年に連載が開始され、1994年に終了した。その間、映画制作などのため何度か休載している。多忙を極めた宮崎駿が連載を維持するために、鉛筆原稿のまま雑誌掲載された回もある。単行本の発行部数は累計1200万部。
 映画作品は、単行本全7巻の漫画全体から見ると序盤に当たる2巻目の途中まで連載された時点での作品であり、映画公開後に連載を再開した漫画とは内容が異なる。
 漫画版は第23回日本漫画家協会賞の大賞を受賞、8ヶ国語で翻訳・発売されている。映画版も各賞を受賞した。


あらすじ
 極限まで発達した人類文明が「火の七日間」と呼ばれる最終戦争を引き起こした結果滅亡し、瘴気(有毒ガス)が充満する「腐海」と呼ばれる菌類の森や獰猛な蟲(むし)が発生した。それから千年余り、拡大を続ける腐海に脅かされながら、わずかに残った人類は、古の文明の遺物を発掘して利用しつつ生きていた。
 腐海のほとりにある辺境の小国「風の谷」は、大国トルメキアの戦乱に巻き込まれる。風の谷の族長ジルの娘であるナウシカは、運命に翻弄されながらさまざまな人びとと出会い、自分自身と世界の運命、太古より繰り返されて来た人の営みに向き合い、大国と小国、そして腐海と人類との共生の道を探っていく。


漫画連載から映画化までの経緯
 アニメージュ編集部では、宮崎の監督作『未来少年コナン』『ルパン三世 カリオストロの城』を通じて、まだ無名だった宮崎の才能に着目しており、1981年8月号には「宮崎駿特集」を掲載していた。
 当時の宮崎は、アニメ制作会社テレコム・アニメーションフィルムに在籍しており、『ルパン三世 カリオストロの城』の監督を務めた後、『リトル・ニモ』の準備とイメージボードの作成、イタリアとの合作である『名探偵ホームズ』の演出などを担当していた。この時点では両作品共に一般公開される目処が立っていなかったことに加え、自ら『もののけ姫』などのアニメ化企画を提出したが会社には採用されなかったため、自分が関わった作品が世に出ない事に不満を抱えている状態だった。
 「宮崎駿特集」担当編集者の鈴木敏夫は宮崎に漫画連載を依頼し、渋る宮崎を口説き落とした。漫画の依頼に対し宮崎は、『戦国魔城』というアニメ化前提の企画を提出したが、徳間書店側は傘下の映画会社大映に原作が存在しないことを理由の一つとして、この企画を却下している。『ナウシカ』の連載は、1982年1月発売の1982年2月号から開始された。結果的にアニメ化を前提としないマンガ作品を描くことになったため、宮崎は当初、「漫画として描くならアニメーションで絶対できないような作品を」と意図していた。
 その後、宮崎は『ニモ』を降板、1982年11月にはテレコムを退社してフリーとなり、一時『ナウシカ』の漫画連載が唯一の仕事となる。この状況を知った尾形英夫アニメージュ編集長は、同誌の主催するイベント「アニメグランプリ」で上映する短編としてのアニメ化を提案し、宮崎も了承したが結局実現しなかった。次にOVAの企画があがったが、これも採算が合わないとして消滅した。宮崎は「どうせ作るなら劇場用長編に」と提案し、尾形が徳間書店社長の徳間康快の承諾を得たことで『ナウシカ』の劇場用長編アニメ映画化構想が始動した。広告代理店大手の博報堂に宮崎の弟が勤めていたのも原動力となり、映画化構想が実現することになる。


映画『風の谷のナウシカ』概要》
 徳間書店と博報堂による製作委員会方式でアニメ映画化され、全国の東映洋画系で1984年3月11日より劇場公開された。アニメーション制作はトップクラフトが担当した。
 環境問題をテーマの一つに盛り込んでいたこともあって、朝日新聞のコラム「天声人語」で取り上げられるなど、従来のアニメ映画の枠を越える評価を受けた。91万人の観客を動員し、配給収入は約7億円。複数の映画賞を受賞し、アニメーション作家としての宮崎駿の知名度を引き上げた作品となった。
 サウンドトラック『風の谷のナウシカ』(ANL-1020)はオリコンLPチャートで最高8位を記録した。
 映画版では、演出上の理由からナウシカが王蟲の群を止めるため王蟲の暴走に巻き込まれるエピソードなどが加えられている。これについて宮崎は、映画を宗教的な画面にしてしまったことへの想いから、宿題が残った映画であると発言した。
 映画版には、大国トルメキアと対立する土鬼諸侯連合(ドルク)が登場しない。映画版ではナウシカが伝説の救世主的キャラクターとして描かれるが、その後に連載された漫画版ではそのような記述は抑えられている。
 同時上映は、『名探偵ホームズ』の「青い紅玉(ルビー)の巻」と「海底の財宝の巻」の2作品。
 映画完成後、トップクラフトを改組する形でスタジオジブリが設立され、以降の宮崎と高畑勲の長編アニメーション映画を制作する拠点となった。
 日本テレビ系列の「金曜ロードショー」では1~2年に1度の割合で放送され、放送回数は13回を数える。これは「金曜ロードショー」最多である。



【上記引用参考参照 Wikipedia 2010.06.04】

Nausicaä of the Valley of the Wind (風の谷のナウシカ Kaze no Tani no Naushika?) is a 1984 post-apocalyptic Japanese anime film, written and directed by Hayao Miyazaki, based on his manga of the same name. The film has environmentalist undertones and was presented by the World Wide Fund for Nature when it was released in 1984. While created before Studio Ghibli was founded, the film is considered to be the beginning of the studio, and is often included as part of the Studio's works, including the Studio Ghibli Collection DVDs. Among its numerous awards, it won the Animage Anime Grand Prix prize in 1984.

【Plot】
The story takes place 1,000 years after the "Seven Days of Fire", an event which destroyed human civilization and most of the Earth's original ecosystem. Scattered human settlements survive, isolated from one another by the Toxic jungle, a forest of giant plants and fungi swarming with giant insects, which seem to come together only to wage war. Everything in the Toxic Jungle including the air is lethally toxic.
Nausicaä is a charismatic young princess of the peaceful Valley of the Wind. Although a skillful fighter, Nausicaä is humane and peace-loving. She has an unusual gift for communicating with the giant insects (particularly with the Ohmu, gigantic, armored, caterpillar- or isopod-like insects who are the most intelligent creatures in the Toxic Jungle.) She is also noted for her empathy toward animals, humans, and other beings. An intelligent girl, and inspired by the Valley's Lord Yupa, a wandering warrior possessed of great wisdom, Nausicaä frequently explores the Toxic Jungle and conducts scientific experiments in an attempt to define the true nature and origins of the toxic world in which she lives. Her explorations are facilitated by her skill at "windriding": flying with an advanced jet assisted glider craft. Yupa is searching for the mythological man in blue who, according to the legend, will appear surrounded by a sea of gold and reunite the people and nature.
One day, an airship crashes onto the cliffs near the Valley of the Wind. Nausicaä tries to rescue a shackled girl of her age from the burning wreck, but the girl dies after revealing that she is Princess Lastelle from the kingdom Pejite and that the cargo of the airship must be destroyed. The airship is from Tolmekia and the cargo turns out to be the embryo of a Giant Warrior, one of the lethal, giant creatures used in the ancient war.
It is later revealed that the Warrior embryo was unearthed by Pejite, but it was stolen by the more powerful state of Tolmekia. While transporting the Warrior - along with Lastelle as a hostage - back to their realm, the Tolmekians were attacked by insects and later crash-landed in the Valley. The next day, the Tolmekians, under the leadership of princess Kushana, invade the Valley to kill the Valley king and to secure and revive the Warrior. Kushana explains that the Giant Warrior will be used to burn the Toxic Jungle even though Obaba, a blind elder Valley woman, warns that attempting that will only anger the Ohmu and lead to more deaths and turn the valley into part of the jungle.
Kushana attempts to return to Tolmekia, with Nausicaä, Mito, the valley's royal steward, and several others as hostages. Before their departure, Nausicaä reveals to Yupa a hidden garden of jungle plants which are not toxic because they are growing in sand and water from a deep, untainted well. Nausicaä explains that the jungle is only toxic due to the toxic soil that covers the surface of the earth, even in the Valley; she has been trying to find the cause and a possible cure for her people, including her now-dead father. Since she has to depart, however, she has shut down the water flows which keep the plants alive.
Midway on their journey, the Tolmekian airships are attacked by a Pejitan gunship and several of the ships are destroyed. Nausicaä and Mito, on board of one of the burning ships still mid-air, make their way to a gunship that the Tolmekians took, but before they can leave, Kushana joins them. They are forced to make an emergency landing in the jungle. There, Nausicaä communicates with several Ohmus and discovers that the pilot of the Pejitan gunship is still alive. With the help of her glider, Nausicaä rescues the pilot from a swarm of enraged insects. However, Nausicaä, the Pejitan pilot and the glider are swallowed by quicksand and end up in a strange, non-toxic world that is below the jungle. Nausicaä realizes the plants in the jungle purify the polluted topsoil, producing clean water and sand which remains hidden in the underground world. The pilot reveals that he is Asbel of Pejite, the twin brother of princess Lastelle.
Meanwhile, the people of the Valley of the Wind request weapons from the occupying Tolmekians to destroy toxic spores, which have infested the valley's forest. Enraged that they have had to burn their forest because of the Tolmekians, the citizens revolt, attacking the Tolmekians who have taken over the castle. The Tolmekians counter, forcing the valley residents to flee to an ancient ship on the shore of the acid lake, with the Tolmekians in pursuit.
Nausicaä and Asbel return to Pejite, which is devastated after the Pejite people lured the insects from the Sea of Decay into their own town in order to kill the occupying Tolmekian forces. The Pejite people, now seemingly surviving only on board of a single airship, reveal that they will do the same thing to the Valley of the Wind to recapture the Warrior and use it to burn the jungle. To prevent Nausicaä from alerting the Tolmekians, they capture her, but she escapes with the help of Asbel and his mother. With her glider, she heads to the Valley, but along the way she encounters an enormous herd of enraged Ohmus who are following an injured baby Ohmu being used by the Pejite people to lure the Ohmus to the Valley. Nausicaä releases the baby Ohmu and gains its trust.
Meanwhile, the Tolmekians attempt to stop the herd with their armored vehicles but fail. Kushana, who had escaped from her captors, arrives with the Giant Warrior to stop the Ohmu herd. The Warrior fires several beams from its mouth which on impact cause massive explosions, but this only serves to enrage the insects more. The Warrior attempts to continue fighting the Ohmu, but because it was awakened before being fully grown, it collapses and dies.
At the last instant, Nausicaä and the baby Ohmu are finally able to stop the Ohmu herd, but Nausicaä is mortally wounded in the process. In front of the Valley people and the Tolmekian forces, the Ohmus use their gold-colored tentacles to heal Nausicaä's injuries. Nausicaä's dress is then seen by all her village as now being of blue color, stained by the blood of the baby Ohmu she rescued; thus Nausicaä turns out to be the mythological figure in blue mentioned in the beginning. The film ends with scenes of the future, where people and insects live in peace with each other. After the credits, a scene from under the Toxic Jungle shows a new, non-toxic plant growing, showing a possible new forest.


【Quotation from Wikipedia 2010.06.04】



セル画展示室 タイトル一覧♪
頭文字D 犬夜叉 宇宙戦艦ヤマト うる星やつら ヱデンズボゥイ カードキャプターさくら
怪盗セイント・テール カウボーイビバップ 風の谷のナウシカ 機動戦艦ナデシコ 機動戦士ガンダムシリーズ きまぐれオレンジロード
ギャラクシーエンジェル キューティーハニー 銀河英雄伝説 銀河鉄道999 The かぼちゃワイン サクラ大戦
ザ・コクピット 十兵衛ちゃん 新世紀エヴァンゲリオン エルハザード ストップ!!ひばりくん! スーパードールリカちゃん
聖戦士ダンバイン ちびまる子ちゃん デ・ジ・キャラット To Heart ときめきメモリアル Dr.スランプ
トライガン とらドラ! パタリロ! バトルアスリーテス大運動会 Piaキャロットへようこそ!! 美少女戦士セーラームーン
ふしぎの海のナディア ポケットモンスター 魔法少女プリティサミー 無責任艦長タイラー 名探偵コナン YAT安心!宇宙旅行
ヨコハマ買い出し紀行 らんま1/2 ルパン三世



      セル画展示研究室TOPへ(Anime Cel Gallery)    HOMEへ
鉄道関連趣味の部屋フィギュア展示館テレカ展示コーナーTOY展示室お宝グッズ倉庫ジャンクな部屋
『涼宮ハルヒの憂鬱』のページへ♪ 『VOCALOID(初音ミク、ミクろいど劇場)』のページへ♪ 『機動戦士ガンダム0083』のページへ♪ 『宇宙戦艦ヤマト』のページへ♪
涼宮ハルヒの憂鬱 VOCALOID(初音ミク) 機動戦士ガンダム0083 宇宙戦艦ヤマト