無責任艦長タイラー セル画展示研究室
The Irresponsible Captain Tylor Anime Cel Gallery


セル画展示研究室TOPへ(Anime Cel Gallery)HOMEへ
涼宮ハルヒの憂鬱VOCALOID(初音ミク)フィギュア展示館テレカ展示コーナーTOY展示室お宝グッズ倉庫ジャンクな部屋
ジャスティ・ウエキ・タイラー~Justy Ueki Tylor
ジャスティ・ウエキ・タイラー
 ~Justy Ueki Tylor

 タイラーらしい性格があらわれているかのようなポーズのセル画です。

 ただし、どのシーンで使用されたセル画かは不明ですので、一連の動作の中でたまたまこのようなポーズになったのかもしれません。

 タイラーはもともとは「楽がしたいから」という単純な理由で軍に入隊します。

 タイラーは年金課に配属され、ハナー元提督宅に年金を届けに行きます。

 そこでテロリストの立て篭もりに遭遇しますが、これを解決することとなり、二等兵から少佐へ特進し、『駆逐艦そよかぜ』の艦長に就任することになります。




ジャスティ・ウエキ・タイラー~Justy Ueki Tylor アザリン~Azalyn ユリコ・スター~Yuriko Star
ジャスティ・ウエキ・タイラー
 ~Justy Ueki Tylor

 年齢は20歳で、楽がしたいからという理由で惑星連合宇宙軍に入隊。

 少佐に昇進し「駆逐艦そよかぜ」の艦長となり、神聖ラアルゴン帝国と戦います。

 はちゃめちゃながら、ル・バラバ・ドムらとの戦いに勝ってしまうところがすごいところ。

 CV(声優担当)は辻谷耕史さん。

 背景不一致です。


アザリン  ~Azalyn

 神聖ラアルゴン帝国皇帝ゴザ16世。

 タイラーがラアルゴン帝国の捕虜となった時に、タイラーを「パコパコ」と呼ぶのが印象的。

 CVは笠原弘子さん。

 背景不一致です。

【笠原弘子さんのサイン色紙】

   笠原弘子さんのサイン色紙
 当サイトの『お宝グッズ倉庫』でもご覧頂けます♪


ユリコ・スター  ~Yuriko Star

 年齢は19歳で、もともとはミフネ中将の秘書だったが、タイラーの監視役として「駆逐艦そよかぜ」に乗艦します。

 自分には責任感があると自負しているためか、タイラーの無責任ぶりにいつも腹を立てています。

 CVは天野由梨さん。

 背景不一致です。




ジャスティ・ウエキ・タイラー~Justy Ueki Tylor アザリン~Azalyn② ユリコ・スター~Yuriko Star
ジャスティ・ウエキ・タイラー
 ~Justy Ueki Tylor

 タイラーが軍服姿でキマッています☆

 TV版アニメのOP曲「just think of tomorrow」、TV版アニメED曲「ダウンタウンダンス」はいずれも佐々木真里さんが歌われていますが、いずれの曲も素晴らしい曲でよく聴いたものです。

 OP曲の最後にタイラーの声で「いってみよ~!」と入っているのが特に印象的です。


アザリン  ~Azalyn

 アザリンは「無責任艦長タイラー」の本編中では主人公タイラーの敵側の神聖ラアルゴン帝国の皇帝ですが、実質上のヒロインとなっています。

 16歳という若さもあり、皇帝というよりは一人の美少女らしい愛嬌を持っています。


ユリコ・スター  ~Yuriko Star

 無責任艦長タイラーの中ではアザリンに次いでヒロイン的存在のユリコです。

 日頃はタイラーに厳しく接するものの、本編中ではタイラーに気を許してしまう場面もありました。




マコト・ヤマモト~Lieutenant Makoto Yamamoto コジロー・サカイ少尉(左~Kojiro Sakai)とアンドレセン中尉(右~Andressen) 駆逐艦「そよかぜ」~destroyer Soyokaze
マコト・ヤマモト  
 ~Lieutenant Makoto Yamamoto
 
 ヤマモトは駆逐艦「そよかぜ」の副艦長で、25歳の大尉。

 自らは立派な軍人になろうとしますが、性格が全く異なるタイラーに振り回されて苦労します。

 タイラーからは「ヤマモトくん」と呼ばれ、第12話「そよかぜが消えた日」でタイラーとヤマモトが責任をなすりつけあうシーンが印象的です。

 ヤマモトはタイラーが軍を辞めたとき、タイラーの代わりに惑星連合宇宙軍の最新鋭艦である巡洋艦「阿蘇」の艦長に任命されます。

 ヤマモトのCV(声優)は速水奨さんです。


コジロー・サカイ少尉(左)
カール・ビョルン・アンドレセン中尉
(右)
 ~Kojiro Sakai (left) and K. B. Andressen (right)

 コジローは19歳の少尉で、「そよかぜ」搭載の96式艦載戦闘機「嵐風(らんぷう)」のパイロットです。

 連合宇宙軍兵学校飛行科を優秀な成績で卒業しますが、極度の女性恐怖症という特徴があります。

 原作である吉岡平氏のライトノベル「宇宙一の無責任男」シリーズでは、漢字で「坂井虎獅狼」と書くようで、コジローのモデルは太平洋戦争時における日本のエース・パイロットとして知られる坂井三郎氏だそうです。

 コジローの声優(CV)は岩田光央さん。

 背景は合致していません。


駆逐艦「そよかぜ」
 ~destroyer Soyokaze

 惑星連合宇宙軍の駆逐艦「そよかぜ」です。

 本作品の主役艦的存在で、タイラーが艦長を務める本艦を舞台にさまざまな物語が展開されます。

 「そよかぜ」は全長288m、全高67m、最大幅43mで、主要武装兵器は「フェーザー砲(位相光線砲)18門・長距離レーザー砲12門・光子魚雷12門」となっています。

 また「そよかぜ」には、96式艦載戦闘機「嵐風」、97式艦載戦闘機「蜃竜」、内火艇「ドロップシップ」、白兵戦用コンバット・スーツ95式MC「ハマー」、シャトル「ガリレオ」などの艦載機が搭載されています。




カール・ビョルン・アンドレセン中尉(左~K. B. Andressen)、ミッキー・クライバーン特務曹長(右~M. Cryburn)
カール・ビョルン・アンドレセン中尉(左)
ミッキー・クライバーン特務曹長(右)
 ~K. B. Andressen (left) and M. Cryburn (right)

 アンドレセンとクライバーンは『そよかぜ』の古参兵で、二人は付き合いが長く、よくつるんでいます。

 アンドレセンは内火艇艇長で28歳、内火艇「ドロップシップ」のパイロットで通称は『赤毛のエイリーク』です。

 かつては強襲揚陸艦の艦長だったようで、『そよかぜ』に同乗するクライバーン達荒くれ集団を統率します。

 アンドレセンのCV(声優)は柴本浩行さんです。

 クライバーンは海兵隊リーダーで32歳、モヒカンと顔面の生傷が特徴で、単細胞的で野蛮な性格ですが、ハルミの前では頬を染める一面もあるようです。

 海兵隊の白兵戦用コンバット・スーツ95式MC「ハマー」は、リーダーのクライバーン機がピンク色で、他は黄色となっています。

 クライバーンのCV(声優)は中田和宏さんです。






       【無責任艦長タイラー "The Irresponsible Captain Tylor" on-line shop

無責任艦長タイラー DVD-BOXI~素敵に無敵! 出世の花道~
無責任艦長タイラー DVD-BOXII 愛は戦争よりつよし~アザリンVSパコパコ
無責任艦長タイラー DVD-BOX3 駆逐艦そよかぜ~艦旗は降りず
真・無責任艦長タイラーReMix 獅子と鷲へのララバイ (ファミ通文庫)
真・無責任艦長タイラー外伝LOVE&WAR (1) (ブロスコミックス)
無責任艦長タイラー MUSIC FILE 8 ‾HYAKKARYOURAN‾
無責任艦長タイラー サウンドノート2‾デライトフル
真・無責任艦長タイラー外伝―ラヴ・アンド・ウォー〈上〉 (ファミ通文庫)
真・無責任艦長タイラー〈1〉入隊編 (ファミ通文庫)



『無責任艦長タイラー』(むせきにんかんちょうたいらあ)は、1993年1月25日から7月19日にかけて、テレビ東京系6局で毎週月曜日の18時から18時30分までの時間帯に放映されたアニメ、またはその後に制作されたOVA。原作は吉岡平氏のライトノベル「宇宙一の無責任男」シリーズ。

《あらすじ》
 時は未来、地球と惑星ラアルゴンとの戦争のさなか、主人公の放浪者ジャスティー・ウエキ・タイラーは楽な仕事がしたい!と、地球軍に入隊してしまい、あれよあれよという間にオンボロ駆逐艦「そよかぜ」の艦長にまで出世してしまう。けれども持ち前の強運で数々の難事件を乗り切り、気づけばラアルゴン帝国の大艦隊を「そよかぜ」1隻で撃退するまでになる。そして、ラアルゴン帝国の皇帝ゴザ16世のアザリンはタイラーに興味を持ち始める……。

主要登場キャラクター
[惑星連合宇宙軍]
駆逐艦そよかぜのクルー達〉
 ジャスティ・ウエキ・タイラー少佐(艦長・20歳、声:辻谷耕史)、ユリコ・スター少佐(情報部将校・19歳、声:天野由梨)、マコト・ヤマモト大尉(副艦長・25歳、声:速水奨)、キョンファ・キム中尉(通信士・18歳、声:三石琴乃)、ハロルド・カトリ中尉(操舵士・20歳、声:成田剣)、ヒデザブロー・キタグチ軍医少佐(軍医・自称33歳、声:八奈見乗児)、コジロー・サカイ少尉(戦闘機パイロット・19歳、声:岩田光央)、ユミ・ハナー&エミ・ハナー ニ飛曹(戦闘機パイロット・17歳、声:かないみか)、ハルミ伍長(看護兵・3歳(製造年数。肉体は20歳相当)、声:岡本麻弥)、カール・ビョルン・アンドレセン中尉(内火艇艇長・28歳、声:柴本浩行)、ミッキー・クライバーン特務曹長(海兵隊リーダー・32歳、声:中田和宏)
〈海兵隊(カンパニー)〉
 チャーリー(30歳、声:桜井敏治(OVAでは中嶋聡彦))、ブンタ(29歳、声:OVAでは上田祐司)、ジェイソン(?歳、声:OVAでは岡野浩介)、エンジェル(23歳)、山田(19歳)、スネーク(25歳)、エンペラー(21歳)、ラッツ(27歳)
その他主要人物
 セッシュウ・ミフネ中将(55歳、声:麦人、惑星連合宇宙軍銀河外周方面艦隊司令官)、ススム・フジ中将(51歳、声:西村知道、惑星連合宇宙軍統合参謀本部参謀総長)

[神聖ラアルゴン帝国]
アザリン(16歳、声:笠原弘子、ラアルゴン帝国皇帝ゴザ16世。)
ル・バラバ・ドム(23歳、声:関俊彦、神聖ラアルゴン帝国第27銀河辺境方面第66特派分遣艦隊所属巡洋艦ドローメ艦長。)
シア・ハス(21歳、声:三田ゆう子、神聖ラアルゴン帝国第27銀河辺境方面第66特派分遣艦隊所属駆逐艦ガルギュラン艦長。)
ナク・ラ・ワング(65歳、声:塚田正昭、神聖ラアルゴン帝国宰相。アザリンの父親ゴザ15世を暗殺、皇帝の座を狙う。)
ユッター・ド・ロナワー(55歳、声:西尾徳(OVA版:大木民夫)、神聖ラアルゴン帝国第27銀河辺境方面軍司令長官で国防長官。)
タナール(声:仲野裕(4話)、偵察艦隊の司令官。降伏したそよかぜから機密情報を手に入れるが、タイラーに渡されたプレゼントが爆発し艦隊全滅。)
ドナン提督(55歳、声:円谷文彦(6、13話)、第27銀河辺境方面軍司令官。野卑な風貌でいつも何か物を食べており、ドムに「醜い男」と言われる。タイラーに戦いを挑むが、一度目は弾道ミサイル櫻花の爆発に巻き込まれ敗走、二度目はランダムワープ戦法にかかり恒星のプロミネンスに焼かれる。)
バルサローム(声:OVA版:大塚芳忠、ドムの副官。)

[その他サブキャラ]
ロベルト・J・ハナー元提督(69歳、声:西川幾雄、ハナー姉妹の父親。かつては惑星連合宇宙軍の名将だったが、退役後は寝たきりになりボロ屋で年金生活を送る。タイラーに多大な影響を与える人物。)
ノリコ・バッハ(17歳、声:川村万梨阿、アイドル歌手。)
レナンディ(声:高木渉(25、26話)、情報部の地上勤務となったユリコの部下。)
ベティー(声:小宮和枝、入隊志願者の適性試験を行うバーチャル試験官。タイラーに「ベティーちゃん」と名付けられる。)
面接官(声:田中和実(1話)、入隊志願のタイラーを受け持った面接官。タイラーの話術にまんまと乗せられる。)
ア・ラゴン(声:中田和宏(2話)、ハナー宅を占拠したラアルゴンのテロリスト。醜い顔を気にしているが、タイラーに「人間は顔じゃない、心だ」などと諭され涙を流す。)
ラ・デューク(声:成田剣(2話)、ア・ラゴンの相棒。タイラーに「すっごいハンサム」と言われる程の美形。ユミ・エミに化粧を施されまんざらでもない様子だった。)
殺し屋(声:千田光男(8話)、フジに雇われタイラーを抹殺しようとするがラアルゴン艦隊の強襲に遭い戦死。)
亡霊(声:大木民夫(12話)、かつてフジの策略にはめられ自殺した元そよかぜ艦長。亡霊となって現艦長を呪い殺そうとするが、タイラーとヤマモトが責任を押し付け合う情けない姿に呆れ果て消滅。)
ナオート・キム軍曹(声:伊井篤史、惑星連合宇宙軍共済組合年金課の軍曹。チャキチャキのニュートーキョーっ子。)

メカニック
 惑星連合宇宙軍は増尾昭一氏、ラアルゴン帝国は伊藤浩二氏が担当。デザインコンセプトは、前者が原作の第二次大戦中のイメージを踏まえた保守的・現用の軍艦に近付けたデザイン、後者が真下監督得意のバイオ的デザイン。曲線を多用し、昆虫のようなツノや足、尻尾が生えている。

[戦力比較]…非戦闘艦艇を含まず
・惑星連合宇宙軍
  戦艦140隻、空母13隻、巡洋艦306隻、駆逐艦1731隻、戦闘機6059機
・ラアルゴン帝国
  戦艦244隻、空母61隻、巡洋艦335隻、駆逐艦1522隻、戦闘機8627機

[惑星連合宇宙軍]
駆逐艦「そよかぜ」…全長288m、全高67m、最大幅43m、主要武装兵器:フェーザー砲(位相光線砲)18門・長距離レーザー砲12門・光子魚雷12門
  駆逐艦そよかぜ艦載機…96式艦載戦闘機「嵐風」、97式艦載戦闘機「蜃竜」、内火艇「ドロップシップ」、白兵戦用コンバット・スーツ95式MC「ハマー」、シャトル「ガリレオ」
巨大司令空母「鳳鸚」…全長1234m、全高316m、最大幅572.5m、武装兵器:大型ビーム砲・フェーザー砲、エンジン6基
  フジ中将が艦長を務める惑星連合参謀司令本部旗艦で軍最大の有人巨艦。非戦闘艦で戦闘区域には侵入せず、主に艦隊に指令を送る連合宇宙軍司令塔。
巨大戦艦「肥前」…全長721m、全高147m、最大幅162m、武装兵器:粒子ビーム砲・フェーザー砲・大型ビーム砲、エンジン6基
  ミフネ中将が艦長を務めるミフネ艦隊旗艦。攻撃力の高い主砲の粒子ビーム砲をもって実戦を指揮する。
巡洋艦「阿蘇」…全長448m、全高83m、最大幅91m、武装兵器:フェーザー砲・ビーム砲、エンジン5基
  惑星連合宇宙軍の最新技術を駆使して造られた最新鋭の新型戦闘艦でミフネ艦隊1731番艦。連射砲や高射砲を装備する。
駆逐艦「あさなぎ」…全長403m、全高80m、最大幅51m、武装兵器:フェーザー砲26門・大型ビーム兵器2門・光子魚雷10門(大型魚雷2門)、エンジン3基
  巡洋艦級の大きさを誇る駆逐艦。主に前線で戦闘、敵を迎撃する。空母など主力艦の護衛も行う。
特殊部隊専用駆逐艦「あらなみ」
  特別編でそよかぜの支援に任命される、特殊作戦専門部隊所属の駆逐艦。大きさはそよかぜと同等で、乗組員もそよかぜと同じく荒くれ者の集まり。
巨大惑星間弾道ミサイル「櫻花」
  6話に登場する超巨大惑星間弾道ミサイル。発射台の全長は軍最大巨艦の空母鳳鸚をも超える。宇宙軍の軍事科学技術の粋を結集し開発された兵器で、一撃で艦隊を殲滅する威力を持つ。
1001式戦闘機「キョンシー」
  24話に登場するジェットエンジン搭載の新型戦闘機。前進翼が特徴。単座式で大気圏内での飛行が可能。

[ラアルゴン帝国]
 動力機関は動力球、武器はエネルギー水晶体から発射されるビーム。全艦とも亜空間航行時の巡航速度は光速。艦載機射出口はドーム型のゼリー状物質で蓋がされている。

超巨大戦艦「メルバ」…全長18144m、全高16992m、最大幅25488m
  ラアルゴン艦隊旗艦。皇帝のアザリンが自ら艦長を務める。頂上の透明ドーム内に住民が生活する大都市があり、戦艦というよりはさながら移動要塞都市である。
艦載機「バハムート」…ラアルゴンの艦載戦闘機。機首の2本のツノと底部の一本足(突起)からエネルギー弾を発射し攻撃する。
パワードスーツ
  ラアルゴン兵士用白兵戦スーツ。武装はビーム球(火器)2門とカッターアーム。カッターアームは背中に収納、使用時は2本のアームが羽のように伸び先端のカッターで敵を裂く。
戦艦「バローメ」…全長556m、全高、最大幅、艦載機、巡航速度:高速の90%。艦長はドナン提督。母艦に子艦がぶら下がったような形で2隻がドッキングした船体。
巡洋艦「ザグーン」…艦長はロナワー提督。ドローメよりやや小型。
高速戦艦…ラアルゴン艦隊標準クラスの戦艦。バローメと同サイズ。
巡洋艦「ドローメ」…全長510m、全高150m、最大幅185m、巡航速度:光速の92%。艦長はドム。
大型駆逐艦「ガルギュラン」…全長182m、全高230m、最大幅294m、巡航速度:光速の95~97%。艦長はシア・ハス。艦底部左右に動力球を装備し高速航行可能。
軽巡洋艦…ドローメやザグーンよりやや小型。輸送艦の護衛につくこともある。
駆逐艦…全長230m、全高198m、最大幅150m、巡航速度:光速の95%、艦載戦闘機:1機。武装兵器:小型ビーム球15門、中型ビーム球18門、大型ビーム球3門
スペースタグ…艦尾に2本の尻尾が生えた宇宙艇。尻尾は船体よりも長く、着陸時収納される。
輸送艦…特別編に登場する、ラアルゴン艦隊の輸送艦。全長は2500m程度。

[その他]
質量変換爆弾
  特別編に登場するラアルゴンの秘密兵器。戦闘機バハムートに積み込んで敵艦を爆撃する。防御バリアーを無効化してしまう脅威の兵器で、そよかぜは窮地に追いやられる。

ビデオアニメ版
 テレビアニメの好評を受けて、1994年に全2話の「TYLOR The Irresponsible Captain AN EXCEPTIONAL EPISODE ひとりぼっちの戦争 Tylor's War」と、1995年に全8話の「TYLOR THE IRRESPONSIBLE CAPTAIN」(地上より永遠に)が発売された。前者のスタッフはテレビ版に準ずるが、後者はアニメの実制作もスタジオディーンに変更となり、監督が吉永尚之氏、キャラクターデザイン・総作画監督が河南正昭氏、メカニックデザインが重田智氏といったようにスタッフも大幅に入れ替えられている。

各主題歌・サポートソング
TV版OP「just think of tomorrow」(歌:佐々木真里 作詞:島エリナ 作曲:中村裕介 編曲:丸尾めぐみ)
TV版ED「ダウンタウンダンス」(歌:佐々木真里 作詞:石嶋薫 作曲:山浦克己 編曲:丸尾めぐみ)
・特別編OP「船乗り」(歌:広谷順子 作詞:真下耕一 作曲・編曲:川井憲次)
・特別編ED「千億光年つないで」(歌:佐々木真里 作詞:杉山麻理子 作曲・編曲:飯塚昌明)
・OVAシリーズ(作詞・作曲・編曲・演奏・歌:T's WORKSHOP(岩崎琢&渡辺瑛美))
 ~公式サポートソング「時を越えて」
 ~ED1~6「ずっといしっしょだよ」「自由の翼」「REQUIEM」「EVE」「EVERY DAY AND NIGHT」「空と海がひとつになる場所」
 ~ED7・8「あなたをずっとみつめている」
・「時を越えて - REMIX VERION -」(特別参加:古本新之輔)※「地上より永遠に」主題歌シングルのみに収録
・タイラー公式サポートソング「君は世界で一番に素敵な人だと思う」(歌:冨永みーな 作詞:大本慶子 作曲:川井憲次 編曲:八木橋カンペー)


【上記引用参考参照 Wikipedia 2009.03.22】

The Irresponsible Captain Tylor (無責任艦長タイラー Musekinin Kanchō Tairā) is an anime series based on The Most Irresponsible Man in Space (宇宙一の無責任男 Uchū Ichi no Musekinin Otoko) light novel series by Hitoshi Yoshioka. It was produced by some of Japan's larger studios, including Big West, Tatsunoko Productions, King Records and VAP.
 Tylor is comprised by a 26-episodes TV series created by Kōichi Mashimo, and a sequel OVA series of 10 episodes directed by Mashimo and Naoyuki Yoshinaga. The TV show premiered in Japan on TV Tokyo between January 25, 1993 and July 19, 1993, and was broadcast across Latin America by the television network, Magic Kids. Both series were broadcast across the United States by AZN Television. Tylor is distributed across North America by The Right Stuf International.
 In a distant, highly technological future, Tylor, the title character, is a mysterious young man without a real purpose in life, a state of mind that is very hard to determine, and a knack for accidentally getting out of near-death situations with a childishly cavalier attitude. He sometimes does not even seem to realize when he is in danger, which is actually an asset to him on many occasions.
 Tylor stumbles his way into the space navy, and soon gains command of a destroyer, to the astonishment of his lieutenant, Yamamoto. It turns out, much to Yamamoto's dismay, that this ship is considered the dumping grounds of the military, and contains all the sorts of characters that should probably not even be let near a paintball gun, let alone a spaceship (Yamamoto and Yuriko Star seem to be the only recruits aboard who are both serious and sane). However, thanks to Tylor's eccentric leadership, these misfits eventually become the collective saviors of humanity.
 The two major powers in the story are the UPSF (United Planets Space Force, or the humans, possibly a reference to the Earth Federation Space Force of Mobile Suit Gundam, or the United Federation of Planets of Star Trek, or perhaps both) and the Raalgon Empire (the extraterrestrials, which some might say look like elves).

【Quotation from Wikipedia 2009.02.09】




セル画展示室 タイトル一覧♪
頭文字D 犬夜叉 宇宙戦艦ヤマト うる星やつら ヱデンズボゥイ カードキャプターさくら
怪盗セイント・テール カウボーイビバップ 風の谷のナウシカ 機動戦艦ナデシコ 機動戦士ガンダムシリーズ きまぐれオレンジロード
ギャラクシーエンジェル キューティーハニー 銀河英雄伝説 銀河鉄道999 The かぼちゃワイン サクラ大戦
ザ・コクピット 十兵衛ちゃん 新世紀エヴァンゲリオン エルハザード ストップ!!ひばりくん! スーパードールリカちゃん
聖戦士ダンバイン ちびまる子ちゃん デ・ジ・キャラット To Heart ときめきメモリアル Dr.スランプ
トライガン とらドラ! パタリロ! バトルアスリーテス大運動会 Piaキャロットへようこそ!! 美少女戦士セーラームーン
ふしぎの海のナディア ポケットモンスター 魔法少女プリティサミー 無責任艦長タイラー 名探偵コナン YAT安心!宇宙旅行
ヨコハマ買い出し紀行 らんま1/2 ルパン三世




セル画展示研究室TOPへ(Anime Cel Gallery)    HOMEへ
鉄道関連趣味の部屋VOCALOID(初音ミク)フィギュア展示館テレカ展示コーナーTOY展示室お宝グッズ倉庫ジャンクな部屋

『涼宮ハルヒの憂鬱』のページへ♪ 『機動戦士ガンダム0083』のページへ♪ 『宇宙戦艦ヤマト』のページへ♪
涼宮ハルヒの憂鬱 機動戦士ガンダム0083 宇宙戦艦ヤマト