トミカ フェラーリ
スポーツカータイプ  TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ



CONTENTS LINK ★新着  広 告


トミカ展示室TOPへ




ホットウィール展示室へ




HOMEへ



鉄道関連趣味の部屋♪
『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪




秋葉原 ホビー&カルチャー探訪記録



フィギュアレビュー・写真撮影館




フェラーリ 308GTB

 1998年に発売された「トミカ名車ミュージアム SUPERCARS 2 スーパーカーセット 2」(4台セット)に入っていた「フェラーリ 308GTB」のトミカ(中国製/No.F35-1-9)です。

 「フェラーリ 308GTB」は、1975年の「パリ・サロン」で発表されたV8エンジン搭載の、いわゆるV12エンジン搭載モデルではない通称「スモール・フェラーリ」で、ボディデザインは、イタリアのトリノに本拠地がある自動車のデザイン・設計、製造・販売を手掛ける「ピニンファリーナ」(1930年創業)によるものとなっています。

 初期生産モデルはFRP製のボディを採用していたそうですが、1977年6月以降は、デタッチャブル・ルーフ(タルガトップ)が採用された「308GTS」の追加に合わせてスチール製に変更されたそうです。

上部およびサイドビュー
 実車のヘッドライトは丸型2灯式のリトラクタブルヘッドライト(格納式前照灯)となっています。
 また、トミカのホイールは「2FGoホイール」(金色)となっています。

 「フェラーリ 308GTB」は、2ドアクーペのMR車で、登場当初は最高出力255馬力(PS)の2,926cc V型8気筒DOHCエンジンを搭載し、変速機は5速MT、最高速度は252km/hとなっているそうです。

 車名の「308」は、排気量約3,000ccの8気筒エンジンを搭載していることに由来しているそうです。

リアビュー
 ナンバープレート部分には「GTB」と刻印されています。

 「308」シリーズは、1975年から1985年まで約1万3000台が製造・販売され、フェラーリにとって営業的に成功したスポーツカーとなり、また、フェラーリのブランドを世間一般に身近にしたシリーズとも言われているようです。

 車体後部にあるエンジンフードは開閉仕様となっています。

 FERRARI 308 GTB
 tomica
 ©1977 TOMY
 NO.F35
 S=1/60
 MADE IN CHINA

 「トミカ名車ミュージアム SUPERCARS 2
  スーパーカーセット 2」(4台セット)
 発売時価格 ¥1,440円(税別)
 (サスペンション/エンジンフード開閉)


 2020.05.22現在




広 告



スポーツカータイプ ※スポーツセダン、スペシャルティカーを含む

フェラーリ  Ferrari

ラ フェラーリ

 2018年8月18日(土)に発売された「ラ フェラーリ」(No.62)のトミカです。

 「フェラーリ」(イタリア)のモデルのトミカが発売されるのは、26年ぶりのことになるようです。

 ヘッドライトとテールライトの部分は、クリアパーツが使用されています。

 この「ラ フェラーリ」は、「フェラーリ」が2013年から2016年まで製造・販売していたGTカーで、「エンツォフェラーリ」の実質的後継モデルとなっていて、フェラーリ初の市販ハイブリッドカーなのだそうです。

 開発には、当時のフェラーリF1ドライバーであるフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサの意見が反映され、世界限定500台が生産されたそうです。

 「ラ フェラーリ」は、フェラーリ初のハイブリッドシステム「HY-KERS(ハイ・カーズ)」を搭載していて、最高出力を800馬力(PS)とした6,262cc自然吸気65度V型12気筒エンジンに、163馬力(PS)を発生する2個の電気モーターが組み合わされて、システム合計では最高出力963馬力(PS)となっているようです。

 駆動方式はMR、変速機は7速DCT、最高速度は350km/h以上で、カーボンモノコックはF1マシンのモノコックと同様の製法で製造され、空力面では、前後ディフューザーのフラップやフロント・アンダーボディの翼板、リアスポイラーが自動的に可変し、走行状況に応じて最適な空力特性となるよう調整される「アクティブ・エアロダイナミクス」が初採用されたそうです。

 なお、トミカのメーカー希望小売価格は¥450円(税別)で、初回特別仕様の車体色は黒色(ブラック)となっています。

リアビュー

 LaFerrari ※車体には記載がなさそう

 2018
 S=1/62
 Produced under license of
 Ferrari S.p.A and M.C.G.

 MADE IN VIETNAM


 2018.08.27現在


 
フェラーリ テスタロッサ

 2018年8月18日(土)に発売された「トミカプレミアム 06」の「フェラーリ テスタロッサ」です。

 「ラ フェラーリ」のトミカと同様に、フェラーリのトミカが発売されるのは26年ぶりのことなのだそうです。

 車体前部にあるリトラクタブルライト(格納式前照灯)は、車体底面前部にある小さなレバーを操作することにより、展開したり収納することができる仕様となっています。
展開可能なリトラクタブルライト

 「テスタロッサ」は、「フェラーリ」が1984年から1992年まで製造・販売していたスポーツカーで、駆動方式はMR、変速機は5速MTで、エンジンは最高出力390馬力(PS/欧州モデル)を発生する排気量4,943cc、バンク角180度の水平対向型12気筒エンジンを搭載し、最高速度はおよそ300km/hとなっているようです。

 なお、車名の「テスタロッサ」はイタリア語で「赤い頭」を意味するのだそうで、エンジンのカムカバーが赤く塗られていることから名づけられたのだそうです。

 トミカのメーカー希望小売価格は¥800円(税別)で、「トミカプレミアム発売記念仕様」は車体色が白色(ホワイト)となっています。

 そのほか、公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」では、車体色がイエロー(黄色)の「タカラトミーモール オリジナル トミカプレミアム テスタロッサ」が8月25日(土)に発売されています。

リアビュー

 TESTAROSSA
 2018
 S=1/61
 Produced under license of
 Ferrari S.p.A and M.C.G.

 MADE IN VIETNAM


 2018.08.27現在


 
フェラーリ 488 GTB

 2018年11月17日(土)に発売されたフェラーリの「488 GTB」(No.64)のトミカです。

 「488GTB」は、フェラーリが2015年から販売を開始した2ドアクーペタイプのスポーツカーで、車名の「488」は1気筒あたりの排気量を表し、「GTB」はGran Turismo Berlinetta(グランツーリスモ・ベルリネッタ)の略となっているそうです。

 「488GTB」の駆動方式はMR、エンジンは最高出力670馬力(PS)のTipoF154型 3,902cc V型8気筒DOHCツインターボエンジンを搭載し、変速機は7速DCTとなっているそうです。

リアビュー

 Ferrari 488 GTB ※車体には記載が無さそう
 2018
 S=1/62
 Produced under license of
 Ferrari S.p.A and M.C.G.

 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 初回特別仕様 黄色系


 2018.11.19現在



 


エンツォ フェラーリ

 2019年6月15日(土)に発売された「エンツォ フェラーリ」(No.11)のトミカです。

 「エンツォ フェラーリ」は、イタリアの名門自動車メーカー「フェラーリ」が、創業55周年を記念して、創始者「エンツォ・フェラーリ」の名を冠して、2002年~2004年まで販売した限定生産車種(スペチアーレ)である2ドアクーペのスーパーカーです。

フロントビュー

 この「エンツォフェラーリ」は、当時、イタリアの「ピニンファリーナ」に在籍していた日本人カーデザイナーの奥山清行氏がデザインを担当していて、開発中は当時のフェラーリのF1ドライバー「ミハエル・シューマッハ」にも意見を聞いているようです。

 最大出力660馬力(PS)を発揮する5,998cc水冷V型12気筒DOHCエンジンを搭載し、最高速度は350km/h、トランスミッションはセミオートマチックトランスミッション「F1マチック」となっているようです。

 また、「ASR」と呼ばれるスタビリティコントロールを搭載し、ロードカーとしての安全性を確保していて、エンジン、ミッション、サスペンション、ASRは統合制御され、ドライバーは「ノーマル」、「スポーツ」、「レース」の制御プログラムを選択できるそうです。

サイドビュー

 左ハンドル仕様のみの設計で、ドアはバタフライドアが採用され、車体各部にはカーボンファイバー素材が多用されているそうです。

 新車価格は約¥7,850万円といわれ、総計400台(400台目は2005年にチャリティーオークションに出品)が生産され、そのうち33台が日本国内に正規輸入されたようです。

リアビュー

 ENZO FERRARI
 (※パッケージ表記)

 2018
 S=1/62
 Produced under license of
 Ferrari S.p.A and M.C.G.

 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 サスペンション
 初回特別仕様 シルバー色系


 2019.06.17現在



 
512 BB

 2018年12月15日(土)に発売された「トミカプレミアム 17」の「512 BB」です。

 「フェラーリ 512BB」は、フェラーリが1976年から1981年まで製造・販売した2ドアクーペ(MR)のスポーツカーで、当時のフェラーリのフラッグシップモデルとなっていたそうです。(1981年に「512BBi」にマイナーチェンジ)

 「512BB」の車名は、「512」は排気量5リットル、シリンダー数の12を意味し、「BB」は「Berlinetta Boxer(ベルリネッタ・ボクサー)」の略で、「2ドアクーペ・水平対向エンジン(180度)」を意味するそうです。

フロントビュー

展開可能なリトラクタブルライト

 「512BB」は、最高出力360馬力(hp)の4,942cc 180度V型12気筒DOHCエンジンをミッドシップに縦置きに搭載し、駆動方式はMR、変速機は5速MTで、929台が生産されたそうです。

サイドビュー

 「512BB」のボディは、鉄・アルミ・FRPで構成され、フロントスポイラーと側面に「NACAダクト」が備えられているそうです。

 「NACAダクト」は、アメリカの「NASA」(アメリカ航空宇宙局)の前身であるアメリカ航空諮問委員会「NACA」で開発されたエアインテークなのだそうです。

リアビュー

 車体前部にはボンネットフードがあり、ボンネット内にはごく少量の手荷物が収納できるそうです。

 また、車体後部のエンジンフードは、フェンダー部分も一体で開閉するカウル式となっています。

 車体後部のカウルは開閉仕様となっています。

 512 BB
 2018
 S=1/61
 Produced under license of
 Ferrari S.p.A and M.C.G.

 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥800円(税別)
 ライト収納・展開/カウル開閉


 2019.06.17現在


 
ディーノ 246 GT

 2019年6月15日(土)に発売された「トミカプレミアム 13」の「ディーノ 246 GT」です。

 「ディーノ」は、「206GT」と「246GT/GTS」が製造され、「フェラーリ」が製造した初のミッドシップ(MR)2座席スポーツカーとなっているそうです。

 フェラーリの創業者であるエンツォ・フェラーリの長男アルフレード・フェラーリ(愛称:ディーノ)が病床でアイディアを出したとされる65度V型6気筒DOHCエンジンを搭載し、長男の名前で「ディーノ」ブランドが与えられたのだそうです。

フロントビュー

 当時のF2用エンジンホモロゲートの条件となる台数確保のために、フェラーリが設計しフィアットが協力してエンジンを製造し、フィアットは「ディーノ・スパイダー」と「ディーノ・クーペ」の2種のFR駆動車を、フェラーリは1967年から1969年に「206GT」を製造し、両社合わせてエンジンのホモロゲートの台数をクリアして、レースに出場が可能となったそうです。

サイドビュー

 「ディーノ 206GT」は、ボディはアルミニウム製で、最高出力185馬力(PS)の1,987cc 65度V6 DOHCエンジンを搭載し(5速MT)、1968年から1969年までの間に152台が製造されたそうです。

 「ディーノ 206GT」の後継となる「ディーノ 246GT」は、乗り手の高い技量が求められる先代の「206GT」と比較して、製造コストを抑え、運転技術が未熟な者でも比較的普通に運転できる、より実用的なスポーツカーとするために製造されたのだそうです。

 最高出力の低回転化と排気量拡大によりトルクを増幅し、ボディは鉄製となり、ホイールベースは延長され、最高出力195馬力(PS)の2,418cc 65度V6 DOHCエンジンを搭載し(5速MT)、1969年2月から1974年までの間に2,487台が製造されたそうです。(その他、タルガトップの246GTSが1,274台)

リアビュー

 「ディーノ 246GT」は、日本へは当時のフェラーリ総代理店であった西武自動車販売を通じて正規輸入されたそうで、1973年当時の価格は約900万円だったそうです。


 DINO 246 GT
 2018
 S=1/61
 Produced under license of
 Ferrari S.p.A and M.C.G.

 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥800円(税別)
 サスペンション
 トミカプレミアム発売記念仕様 黄色系


 2019.06.17現在


 


フェラーリ テスタロッサ

 1988年7月に発売された「フェラーリ テスタロッサ」(No.91)のトミカ(日本製)です。

サイドビュー

リアビュー

 FERRARI TESTAROSSA
 ©1988 NO.91
 S=1/60
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥320円
 サスペンション
 発売期間 1988年7月~1999年12月
 (中国製有り)


 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円

 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%
 2019年(令和元年)10月1日 10.0%


 2019.08.05現在


 
フェラーリ F40
(トミカプレミアム発売記念仕様)

 2019年10月19日(土)に発売された「トミカプレミアム No.31」の「フェラーリ F40」(トミカプレミアム発売記念仕様)です。

 「F40」は、1987年にフェラーリが創業40周年を記念して製造・販売を開始したミッドシップスポーツカーで、公称最高速度は324km/hとされ、発売当時は世界最速の市販車であり、公称最高速度が200mph(約322km/h)を初めて超えた市販車でもあるそうです。

フロントビュー

 「フェラーリ F40」は、「そのままレースに出場できる市販車」というコンセプトのもとに開発されたそうで、当時最新の複合素材や構造部接着剤などが使用された半モノコック構造で高い剛性をもっていて、室内はそれらの素材類がむきだしとなっているのが特徴なのだそうです。

 また、シートは複合素材製のバケットタイプでリクライニング機能は付いておらず、ステアリングやブレーキにはパワーアシストが無く、クラッチペダルも重いなど、レーシングカーとしての趣を存分に有していたそうです。

上部およびサイドビュー

 「フェラーリ F40」は、駆動方式がMR、最高出力478馬力(PS)の2,936cc V型8気筒DOHC「Tipo F120A」型インタークーラー式ツインターボエンジンを搭載し、変速機は5速MTとなっているようです。

 「F40」のターボエンジンは、どちかかというと、パワーバンドに入ると急激にパワーが発生する、いわゆる「ドッカン・ターボ」だったらしく、少々乗りこなしにくい面もあったようです。

リアビュー
 F40のリアウイングは大きく、外観の特徴のひとつとなっています。

 「フェラーリ F40」は、左ハンドル仕様車のみで、当初は350~400台の生産台数を予定していたようですが、注文が殺到したため増産することとなり、1992年の生産終了までに1,311台が生産され、日本へは59台が正規輸入されたそうです。(日本における当時の新車ディーラー価格は約4,650万円)

 車体後部のエンジンフードは開閉可能な仕様となっています。

パッケージ

 F40
 TOMICA ©TOMY
 2018
 S=1/62
 Produced under license of
 Ferrari S.p.A and M.C.G.
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥800円(税別)
 サスペンション/エンジンフード開閉

 通常版
  ボディカラー:赤色系(レッド)


 2019.10.23現在



 
F8 トリブート

 2020年2月15日(土)に発売された「F8 トリブート」(No.59)のトミカ(通常版/ベトナム製)です。

 「F8 トリブート」は、「488GTB」の後継モデルとして2019年に登場した2ドアクーペのスポーツカーです。

 車名の「トリブート」(TRIBUTO)は、日本語で「称賛、感謝、賛辞、贈り物、ささげ物、尊敬」などの意味を持つ英語の「tribute」にあたるイタリア語で、デザインにおいて歴代のフェラーリのV8エンジン搭載モデルへのオマージュ(敬意)が込められているそうです。

フロントビュー

 「F8 トリブート」は、駆動方式がMR、エンジンはV8エンジンとしてはフェラーリ史上過去最高の出力となる720馬力(PS)の3,902ccV型8気筒DOHCツインターボエンジンを搭載し、変速機は7速DCTとなっています。

 パフォーマンスは、0-100km/hの加速が2.9秒、0-200km/hの加速が7.8秒、最高速度は340km/hとなっています。

上部およびサイドビュー
 ボディデザインは、エアロダイナミクス性能を最大限に引き出す最新のもので、フロントバンパーの開口部から空気を取り込むことでダウンフォースを発生させる「S-Duct」、大型の「ブロウンリアスポイラー」、ボディ下部の「ボルテックスジェネレーター」、ドラッグを低減する「リアフラックスディフレクター」や「アクティブエアロダイナミクスリアディフューザー」などにより、「488GTB」と比較して空力性能が10%向上したとフェラーリは公言しているそうです。

 また、「F8 トリブート」は、フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー(FDE)、F1トラクション・コントロールシステム(F Track)、Frd scm-eサスペンション、エレクトリック・ディファレンシャル(E-diff3)などの電子制御装備を搭載し、乾燥重量は1,330kg、燃料タンク容量は78Lとなっています。

リアビュー
 エンジンを透かし見ることができる、ルーバーのある新型のレキサン製リアウインドウが採用されていて、これは「F40」の要素を現代的にアレンジしたものなのだそうです。
 また、片側2灯式のテールライトは「308」などのデザインを踏襲していて、「F8 トリブート」は過去のフェラーリV8モデルに対する敬意が示されているのも特徴となっているそうです。

 なお、「F8 トリブート」の日本における新車ディーラー価格は、約¥3,300万円からとなっているようです。


 F8 TRIBUTO (※パッケージ表記)

 TOMICA ©TOMY
 2019
 S=1/62
 Produced under license of
 Ferrari S.p.A and M.C.G.
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 サスペンション

 初回特別仕様
  ボディカラー:赤色系(レッド)


 2020.02.25現在






フェラーリセット  Ferrari SET
フェラーリ 488 GTB
(BIANCO AVUS)

 2018年12月15日に発売された「フェラーリセット」(4台セット)に入っていた「488 GTB」(BIANCO AVUS)のトミカです。

 2018年11月17日(土)に発売されたフェラーリの「488 GTB」(No.64)のトミカの色違いバージョンとなるもので、車体色は白色系の「BIANCO AVUS」となっています。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

 488 GTB BIANCO AVUS
 (※パッケージ表記)

 2018
 S=1/62
 Produced under license of
 Ferrari S.p.A and M.C.G.

 MADE IN VIETNAM


 2019.04.25現在



 
フェラーリ 488 スパイダー
(BLU TOUR DE FRANCE)

 2018年12月15日に発売された「フェラーリセット」(4台セット)に入っていた「488 スパイダー」(BLU TOUR DE FRANCE)のトミカです。

 「488 スパイダー」の実車は、2015年9月に開催された「フランクフルトモーターショー」(ドイツ)にて発表され、日本では同年10月23日に初公開されたそうです。

フロントビュー

サイドビュー

 「488 スパイダー」は、アルミ製のトップが採用され、ハードトップの開閉所要時間は約14秒で、時速45km/hまでは走行中でも開閉が可能となっているそうです。

リアビュー

 「488 スパイダー」のパフォーマンスについては、最高速度が325km/h、0-100km/hは3.0秒、0-400mは10.55秒となっています。(公表値)

 このトミカの「488 スパイダー」の車体色は、青色系の「BLU TOUR DE FRANCE」となっていて、実車の価格は約¥3,450万円となっているようです。


 488 Spider BLU TOUR DE FRANCE
 (※パッケージ表記)

 2018
 S=1/62
 Produced under license of
 Ferrari S.p.A and M.C.G.

 MADE IN VIETNAM


 2019.04.25現在


 
ラ フェラーリ
(GIALLO MODENA)

 2018年12月15日に発売された「フェラーリセット」(4台セット)に入っていた「ラ フェラーリ」(GIALLO MODENA)のトミカです。

 2018年8月18日(土)に発売された「ラ フェラーリ」(No.62)のトミカの色違いバージョンとなるもので、車体色は黄色系の「GIALLO MODENA」となっています。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

 LaFerrari GIALLO MODENA
 (※パッケージ表記)

 2018
 S=1/62
 Produced under license of
 Ferrari S.p.A and M.C.G.

 MADE IN VIETNAM


 2019.04.25現在


 

「フェラーリセット」(4台セット)
2018年12月15日発売
メーカー希望小売価格 ¥2,000円(税別)

パッケージ




 箱の中には上の写真のようにトミカが梱包されています。
 ダンボールで作った四隅の空間に、それぞれビニール袋に小分けして入れられたフェラーリのトミカが1台ずつ入っています。


ラ フェラーリ アペルタ
(ROSSO CORSA)

 2018年12月15日に発売された「フェラーリセット」(4台セット)に入っていた「ラ フェラーリ アペルタ」(ROSSO CORSA)のトミカです。

 「ラ フェラーリ アペルタ」は、「ラ フェラーリ」のオープンモデルで、実車は2016年に209台限定(その後チャリティオークション用に1台追加生産され計210台)で販売され、2016年発表当時の価格は約4億5000万円といわれ、2016年9月29日から10月16日まで開催された「パリ・モーターショー」に出展される頃には完売していたのだそうです。

 このトミカの「ラ フェラーリ アペルタ」の車体色は、赤色系の「ROSSO CORSA」となっています。

フロントビュー

 車名の「Aperta」(アペルタ)は、イタリア語で「オープン」の意味なのだそうです。

サイドビュー

リアビュー

 「ラ フェラーリ アペルタ」のパワートレインは「ラ フェラーリ」と同じで、ハイブリッドシステム「HY-KERS(ハイ・カーズ)」を搭載し、最高出力800馬力(PS)の6,262cc自然吸気V型12気筒エンジンに、163馬力(PS)を発生する電気モーターが加わり、システム合計では最高出力963馬力(PS)となっているそうです。

 「ラ フェラーリ アペルタ」のルーフは、重量増加による運動性能の低下を抑制するために、カーボンファイバー製のハードトップとソフトトップの2種類が採用されているそうです。


 LaFerrari Aperta ROSSO CORSA
 (※パッケージ表記)

 2018
 S=1/62
 Produced under license of
 Ferrari S.p.A and M.C.G.

 MADE IN VIETNAM


 2019.04.25現在


 



★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

BMW アウディ アストン
マーティン
クライスラー シトロエン ジャガー スパイカー
・カーズ
GM
ゼネラルモーターズ
ダイムラー
メルセデスベンツ
デ・トマソ パンサー・
ウェストウインズ
フィアット フェラーリ フォード ブガッティ ポルシェ
マクラーレン マセラティ モーガン ランチア ランボルギーニ ルノー ロータス 国産車
日本車


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪


広 告