トミカ 三菱
スポーツカータイプ  TOY展示室 TOMICA TOY Gallery





こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

トミカ展示室TOPへ ホットウィール展示室へ HOMEへ


スポーツカータイプ ※スポーツセダン、スペシャルティカーを含む

三菱 MITSUBISHI

GTO ギャラン ラムダ GALANT Λ
三菱 GTO ツインターボ

 2016年7月に発売された「トミカプレミアム No.18」の「三菱 GTO ツインターボ」です。

 「三菱 GTO」は、1989年に開催された「第28回東京モーターショー」において「三菱 HSX」という名で参考展示され、翌年の1990年10月に正式名称「GTO」として発売が開始、2001年3月まで販売されたスポーツクーペになります。

 「三菱 GTO」は、FR・3ドアクーペ「スタリオン」(1982年~1990年)の後継として登場し、発売当初は全てのグレードが電子制御アクティブサスペンション「ECS」と4輪操舵システム「4WS」を組み合わせた4WD(北米向けはFF有り)とされ、装備面ではツインターボ車に、時速80km以上の高速走行時にリアスポイラーなどが可変する「アクティブエアロシステム」、エキゾーストの排気音・音質をスポーツ音と市街地走行用の音(サイレントモード)に切り替えできる「アクティブエキゾーストシステム」、ドイツ・ゲトラグ社製の5速MTなどの装備を日本車として初めて採用したそうです。

フロントビュー
 1990年10月に販売が開始された当初は、写真のトミカのように前照灯はリトラクタブルヘッドライト(格納式)だったのですが、1993年8月のビッグマイナーチェンジ(中期型「Z15A」に型式変更)の時に、空力性能向上のためにヘッドライトは4灯固定式プロジェクタータイプに変更されています。

 このトミカのモデルとなった「GTO ツインターボ」(Z16A型)はトップグレードモデルで、駆動方式は4WD、最高出力280馬力(PS)の3.0L(2,972cc)水冷V型6気筒DOHCツインターボエンジン「6G72型」エンジンを搭載し、トランスミッションはドイツ・ゲトラグ社製の5速MT(1993年8月のビッグマイナーチェンジ時に6速MTに変更)となっているようです。

サイドビュー

 「GTO」は、北米市場を意識して企画・開発されたそうで、直線道路を余裕をもって走行できる能力を持ち、海外へは「3000GT」(トップグレード「VR-4」は最高出力320PS)という名で輸出・販売され、開発当初からOEM供給されることが決定していた「クライスラー」からは、外観デザインが「GTO」とは大きく異なるものの「ダッジ・ステルス」の名で、1991年から1997年まで販売されたそうです。

 「GTO」は、三菱の高級乗用車「ディアマンテ」の基本シャーシとパワートレインをベースにしていて、また、多くの電子制御装備などを搭載しているため、車両重量が約1,700㎏と重く(日産スカイラインGT-R/R32型は1,430㎏)、前後重量配分は60:40でフロントヘヴィーとなっていて、装備面やデザインでは豪華なスポーツクーペであるものの、純粋なスポーツカーとしては少々不利な面があったようです。

リアビュー
 リアガーニッシュとナンバープレート部分には「GTO」と書かれています。
 また、リア左側には、三菱のロゴマーク(スリーダイヤ)が描かれ、その右側に「MMC」(Mitsubishi Motors Corporation/三菱自動車工業株式会社)と書かれています。

 なお、「GTO」という車名は、イタリア語の「Gran Turismo Omologate」に由来するそうで、モータースポーツにおけるGTカテゴリとして公認された自動車という意味を表しているそうです。


 MITSUBISHI GTO TWIN TURBO
 TOMICA
 2016 ©TOMY
 S=1/63
 MADE IN VIETNAM

 発売時価格 ¥800円(税別)
 サスペンション


 2019.09.05現在



 
三菱 ギャラン ラムダ 2000GSR

 1977年11月に発売された「三菱 ギャラン ラムダ 2000GSR」(No.18)のトミカ(日本製)です。

 「ギャランΛ(ラムダ)」は、三菱自動車が製造・販売していた2ドアハードトップの自動車で、このトミカの「ギャラン ラムダ 2000GSR」は、1976年11月から1980年5月まで「ギャラン店」にて販売された初代「ギャラン ラムダ」になります。

 初代「ギャラン ラムダ」は、当時のアメリカ車に影響を受けたデザインとなっているそうで、角型4灯ヘッドライト、直線的なフォルムや国産車初採用となった一本スポークのステアリング(ハンドル)などが当時の日本においては斬新だったようで、当時の三菱車の人気車種となったそうです。

ドアを開けた状態
 ヘッドライトは角型4灯となっていて、これは日本車としては初採用となっているそうです。

 「ギャラン ラムダ 2000GSR」はスポーティグレードで、駆動方式はFR、エンジンは最高出力115馬力(PS)の2.0L(1,995cc)直列4気筒SOHC・ツインキャブレターの「4G52型」エンジンを搭載し、トランスミッション(変速機)は5速MTとなっているようです。

 1978年3月には、新設された「カープラザ店」において姉妹車の「ギャラン ラムダ エテルナ」の販売が開始され、海外へは「Mitsubishi Sapporo(三菱 サッポロ)」という車名で輸出され、北米市場ではクライスラー系列の販売網で販売され、「プリムス サッポロ」や2代目「ダッジ チャレンジャー」、「三菱 スコーピオン」として輸出されたそうです。

サイドビュー

 なお、車名の由来は、「GALANT」(ギャラン)はフランス語の「勇ましい、華麗な」という意味で、「Λ(ラムダ/Lambda)」はアルファベットの「L」にあたる文字で、「ラグジュアリーカー」(Luxury car/高級車)という意味を表しているそうです。

リアビュー
 ナンバープレート部分には「2・26」と刻印されています。

 MITSUBISHI GALANT Λ 2000GSR
 tomica
 ©1977 TOMY
 NO.18
 S=1/63
 MADE IN JAPAN

 サスペンション/左右ドア開閉
 発売期間 1977年11月~1980年1月


 2019.08.27現在



 



三菱ダカールラリーセット
三菱 パジェロ 97' 2位 チーム・オフロードエクスプレス 三菱ラリーアート仕様

 1997年7月に発売された「三菱ダカールラリーセット」(4台セット)のうちの1台となっていた「97' 2位 チーム・オフロードエクスプレス 三菱ラリーアート仕様」(CarNo.200)の「三菱 パジェロ」のトミカです。

 1997年1月4日から19日まで開催された「97' ダカール・ラリー」において、篠塚建次郎氏(当時48歳)の三菱ワークスチームが総合優勝を果たし、日本人初の総合優勝となり、また、1位、2位、3位を「パジェロ」で独占するという快挙を達成したのだそうです。

 このトミカは、2位に入賞した、ドライバー「フォントネ」選手が運転していた「チーム・オフロードエクスプレス 三菱ラリーアート仕様」のパジェロ(CarNo.200)になるようです。

 なお、セットの他の3台は、97' 優勝車 チーム三菱石油ラリーアート仕様 パジェロ(CarNo.205/ドライバー:篠塚建次郎)、97' 3位 チームPIAA 三菱ラリーアート仕様 パジェロ(CarNo.202/ドライバー:サビー)、ラリーサポートカミオン(カミオントラックをイメージしたもの)となっています。

リアビュー

 MITSUBISHI PAJERO
 1993 NO.30
 S=1/61
 MADE IN CHINA


 2018.11.26現在



 
三菱 パジェロ 97' 3位
チームPIAA 三菱ラリーアート仕様

 1997年7月に発売された「三菱ダカールラリーセット」(4台セット)のうちの1台となっていた「97' 3位 チームPIAA 三菱ラリーアート仕様」(CarNo.202)の「三菱 パジェロ」のトミカです。

 このトミカは、3位に入賞した、ドライバー「サビー」選手が運転していた「チームPIAA 三菱ラリーアート仕様」のパジェロ(CarNo.202)になるようです。

 「97' ダカール・ラリー」に参戦した「三菱パジェロT2仕様車」(市販車改造クラス)は、最高出力270馬力(PS)の排気量3.5L(3,496cc)V型6気筒DOHC 24バルブ「6G74型」エンジンを搭載していたようです。

リアビュー

 MITSUBISHI PAJERO
 1993 NO.30
 S=1/61
 MADE IN CHINA


 2019.01.23現在



 
三菱 パジェロ 97' 優勝車
チーム三菱石油ラリーアート仕様

 1997年7月に発売された「三菱ダカールラリーセット」(4台セット)のうちの1台となっていた「97' 優勝車 チーム三菱石油ラリーアート仕様」(CarNo.205)の「三菱 パジェロ」のトミカです。

 このトミカは、優勝車となった、ドライバー「篠塚建次郎」選手が運転していた「チーム三菱石油ラリーアート仕様」のパジェロ(CarNo.205)になるようです。

リアビュー

 MITSUBISHI PAJERO
 TOMICA TOMY
 © 1993
 NO.30
 S=1/61
 MADE IN CHINA


 2019.08.26現在



 

 写真のトミカは、キャブ(運転席のある箱部分)前面と側面に貼るために、パッケージに同梱されていた「ミシュラン」のマスコットキャラクター「ビバンダム」(ミシュランマン)などのシールが貼られていない状態です。


 SUPER GREAT TRUCK
 TOMICA
 ©1996 TOMY
 NO.7 14
 MADE IN CHINA



ラリーサポートカミオン(←写真左)

 1997年7月に発売された「三菱ダカールラリーセット」(4台セット)のうちの1台となっていた「ラリーサポートカミオン」のトミカです。

 「サポートカミオン」の「カミオン」とは、フランス語「CAMION」で「トラック」の意味となっていて、「サポートカミオン」(トラック)はスペアパーツやタイヤ、発電機やエアコンプレッサーなどの工具類を運搬して、競技車両を支援・サポートする車両なのだそうです。

 この「ラリーサポートカミオン」のトミカは、「三菱ふそう スーパーグレート」のトミカをベースに、カミオントラックをイメージしたものとなっています。


後部パネルを開けた状態
リアビュー

 2019.08.26現在


 



ランサーエボリューション LANCER EVOLUTION
三菱 ランサー GSR エボリューションⅢ

 2017年7月15日に発売された、「トミカプレミアム」(No.23)の「三菱 ランサー GSR エボリューションⅢ」です。

 「ランエボⅢ」(E-CE9A)は、1995年1月に発売され、グレードは「RS」(1,082台生産)と「GSR」(8,998台生産)が販売されたようです。

 「ランエボⅢ」は、WRC(世界ラリー選手権)グループAの、1995年第4戦ツール・ド・コルスから1996年の第9戦ラリー・カタルーニャまで投入され、1996年は当時のドライバー「トミ・マキネン」が全9戦中5勝を挙げ、第7戦オーストラリアで自身初のWRCドライバーズタイトルを獲得したのだそうです。

 「ランエボⅢ」の駆動方式は4WDで、変速機は5速MT、エンジンは最高出力270馬力(PS)を発生する4G63型2.0L直列4気筒DOHC16バルブICターボエンジンを搭載しています。


 MITSUBISHI LANCER GSR Evolution Ⅲ
 2017
 S=1/61
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥800円(税別)


 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円

 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%


 2018.08.27現在


三菱 ランサーエボリューションⅣ
WRCタイプ

 2000年12月に発売された、「三菱 ランサーエボリューションⅣ WRCタイプ」(No.104)のトミカです。

 発売時は、箱に同梱されていたステッカーを自分で車体に貼るようになっていたようで、写真のトミカでは、ステッカーが貼られていない部分が何か所かあります。

 「ランエボⅣ」(E-CN9A)は、1996年8月に発売され、グレードは「RS」(941台生産)と「GSR」(12,193台生産)が販売されたようです。

 歴代のランエボ同様に限定生産という販売方法だったそうですが、人気が高く、歴代のモデルの中で最も生産台数が多くなっているそうです。

 「ランエボⅣ」の最大の特徴は、「GSR」に搭載された、左右の後輪への駆動力を変化させ、旋回性を向上させる「アクティブ・ヨー・コントロール(AYC)」なのだそうです。

 「AYC」の搭載により、「ランエボⅢ」に比べて大幅に旋回性能が向上したそうですが、完成度が少々低かったようで、異音が発生するトラブルが発生したようです。

 「ランエボⅣ」の駆動方式は4WDで、変速機は5速MT、エンジンは最高出力280馬力(PS)を発生する4G63型2.0L直列4気筒DOHC16バルブICターボエンジンを搭載しています。

 「ランエボⅣ」は、WRCにおいてトミ・マキネンによるドライビングにより目覚ましい活躍をみせることになり、国内のみならず海外でも高い人気を得ているそうです。


 MITSUBISHI LANCER EVO Ⅳ
 1997 NO.104
 S=1/59
 MADE IN CHINA


 2018.03.06現在


三菱 ランサーエボリューションⅣ GSR

 1998年11月に発売された「グランツーリスモセット」(第1弾/6台セット)のうちの1台となっていた「三菱 ランサーエボリューションⅣ GSR」のトミカです。

サイドビュー

 「グランツーリスモセット」(第1弾)は、PS用ゲームソフト「グランツーリスモ」に登場する車種をオリジナルカラーでトミカとして商品化したもののようで、セットのほかの5台は、ホンダ NSX タイプS、日産 NISMO GT-R LM、カストロール スープラ GT、S13 シルビア '91 K's、マツダ ユーノス ロードスターとなっていたようです。

リアビュー

 MITSUBISHI LANCER EVO Ⅳ
 1997
 MADE IN CHINA


 2018.10.30現在



 


三菱 ランサーエボリューションⅣ
(トミカリミテッド)

 2003年4月に発売された「トミカリミテッド 三菱 ランサーエボリューション(Ⅳ/Ⅶ) 4MODELS」(4台セット)のうちの1台となっていた「三菱 ランサーエボリューションⅣ」のトミカリミテッドです。

 ホイールは「エンケイ(ENKEI)」仕様となっています。

サイドビュー

 なお、「トミカリミテッド 三菱 ランサーエボリューション(Ⅳ/Ⅶ) 4MODELS」(4台セット)の他の3台は、ランエボⅣ WRC仕様(ホワイト)、ランエボⅦ(イエロー)、ランエボⅦ(レッド)となっていたようです。

リアビュー

 MITSUBISHI LANCER EVO Ⅳ
 1997 NO.104
 S=1/59
 MADE IN CHINA

 トミカリミテッド 三菱 ランサーエボリューション
 (Ⅳ/Ⅶ) 4MODELS(4台セット)
 メーカー希望小売価格 ¥2,800円(税別)


 2018.11.15現在

三菱 ランサーエボリューションⅦ
GT-A

 2002年8月に発売された、「三菱 ランサーエボリューションⅦ GT-A」(No.34)のトミカです。

 「ランエボⅦ GT-A」(GH-CT9A)は、2002年2月1日に発売された「ランエボシリーズ」初のAT採用モデルで、内装もランエボ初の本革シートがオプションで用意されたほか、これまで採用されてきた「MOMO」製ステアリングが変速ボタン(ステアマチック)を組み合わせた自社製に変更されたのだそうです。

 「INVECS-Ⅱ」と呼ばれるスポーツモード付き5速AT採用により、エンジン出力を272馬力(PS)に落として、ピークパワーよりも中・低回転域のトルクを重視したセッティングが採用されているそうです。

 外観は、ボンネット上のエアアウトレット・エアインテークが廃止され、リアウィングは専用設計の小型のものを標準で装備し、大型リアウィングならびにウィングレス仕様をオプションで選択可能としたそうです。

 このトミカは、大型リアウィング仕様となっています。

 「ランエボⅦ GT-A」の駆動方式は4WDで、変速機は「INVECS-Ⅱ」スポーツモード付き5速AT、エンジンは最高出力272馬力(PS)を発生する4G63型2.0L直列4気筒DOHC16バルブICターボエンジンを搭載しています。

 なお、実車の販売価格は、当時¥330万円となっていたようです。


 MITSUBISHI LANCER EVO Ⅶ
 2002 NO.34
 S=1/60
 MADE IN CHINA


 2018.08.27現在

三菱 ランサーエボリューションⅩ

 2008年3月に発売された「三菱 ランサーエボリューションⅩ」(No.67)のトミカです。

 「ランサーエボリューションⅩ」(エボⅩ)は、2007年10月から2015年8月まで販売された、ランエボ第4世代のモデルとなっていて、ジェット戦闘機をモチーフにデザインされた大きく開いたフロントグリル「ジェットファイターグリル」が特徴的な外観となっています。

 「ランエボⅩ」の駆動方式は4WDで、新開発の車両運動統合制御システム「S-AWC」(スーパー・オール・ホイール・コントロール)が搭載されているそうです。

 変速機は5速MTまたは新開発の6速オートメーテッドMTのツインクラッチSSTで、エンジンは最高出力300馬力(PS/マイナーチェンジ後)を発生するオールアルミブロックの2.0L直列4気筒DOHC16バルブ MIVECターボエンジン「4B11型」を搭載しています。

 なお、実車の販売価格は、当時約¥300万円~375万円となっていたようです。


 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION Ⅹ
 2007 NO.67
 S=1/61
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)


 2018.10.09現在



三菱 ランサーエボリューションⅩ
(東京モーターショー2015)

 2015年10月29日(木)~11月8日(日)まで「東京ビッグサイト」にて開催された「第44回 東京モーターショー2015」の会場にて販売された、開催記念オリジナルトミカ(12種)のうちの1台となっていた「三菱 ランサーエボリューションⅩ」(No.7)のトミカです。

 車体色は白色系で、ドア部分とリアウイング部分には「The 44th TOKYO MOTOR SHOW 2015」と書かれています。


 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION Ⅹ
 2007 NO.67
 S=1/61
 MADE IN VIETNAM

 販売価格 各¥700円(税込)


 2018.02.19現在

三菱 ランサーエボリューションⅩ
(非売品・青)

 「トミカ博」のミニゲームにてもらえたという非売品の「三菱 ランサーエボリューションⅩ(青)」(59)のトミカです。

リアビュー

 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION Ⅹ
 2007 NO.67
 S=1/61
 MADE IN VIETNAM


 2018.10.22現在

三菱 ランサーエボリューションⅩ
(非売品・黄色)

 「トミカ博」などのイベントにおける「トミカつり」で入手できるという非売品の「三菱 ランサーエボリューションⅩ」のトミカです。

 車体色は黄色系となっていて、ボンネット部分には「TOMICA」と書かれています。


 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION Ⅹ
 2007 NO.67
 S=1/61
 MADE IN VIETNAM


 2018.03.05現在





★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

トヨタ 日産 ホンダ マツダ SUBARU 三菱
スズキ 光岡 トミーカイラ 童夢 外国車
輸入車
フォーミュラカー
レーシングカー


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪