トミカ 軽トラック
はたらく車シリーズ
TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
建設機械・重機 作業用車両
荷役運搬機械類
トラック・トレーラー バス
軽トラック タクシー
パトカー・警察用車両 消防車・救急車
ライトバン
ワンボックスカー
商用車・移動販売車
航空機・船・電車関連 自衛隊・公共福祉
その他

ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ


★新着 
スバル サンバー
ハイルーフ パネルバン
(トミカ組み立て工場 第2弾)

 2003年に開催された「トミカ博」などで販売されたものと思われる「トミカ組み立て工場 第2弾」の「スバル サンバー ハイルーフ パネルバン」のトミカ(中国製)です。

 このトミカは、車体色が赤色・水色・黄色の3種類、後部荷台3種類(ピンク・青色・黄色)の、全9種のバリエーションがあるようです。

フロントビュー
 ナンバープレート部分には「・・38」と刻印されています。
 「38」で「サンバー」の語呂合わせとなっているのかも。

サイドビュー
 後部荷台側面に貼られたシールには、ゴーグルを装着したヘルメットをかぶった子供の顔が描かれ、「TOMICA FACTORY!」、「©2003 TOMY/N.T.」と書かれています。

リアビュー
 ナンバープレート部分には「SAMBAR」と刻印されています。

 荷台(バン)後部のドアは開閉可能な仕様となっています。

 SUBARU SAMBAR
 TOMICA ©TOMY
 NO.31
 S=1/52
 MADE IN CHINA

 販売価格 ¥500円(税込)


 2019.11.18現在



 
スバル サンバー 郵便車
(トミカ ギフトカード)

 2003年に開催されたトミカ博やプラレール博などにおいて販売された「トミカ ギフトカード」に入っていた「スバル サンバー 郵便車」のトミカ(中国製)です。

 このトミカは、パッケージに「140円切手で郵送できるかわいいギフトカード メッセージも書けるよ!」と書かれた企画品のようで、パッケージに140円切手を貼って郵送で友達などにトミカをプレゼントできるようになっています。

 トミカ本体は、1998年4月に発売された「スバル サンバー 郵便車」(No.67)のトミカがベースとなっていて、車体には「トミカ便」、「Dear」(荷台左側面)、「From」(荷台右側面)と書かれたシールが貼られています。

フロントビュー
 フロントグリルには「〒」郵便マークが描かれ、ナンバープレート部分には「・・38」と刻印されています。

左サイドビュー
 運転席ドア部分には「トミカ便」と書かれたシールが貼られています。
 また、荷台側面には「Dear」と書かれ、友達などの宛名が書き込める楕円形のスペースが確保されたシールが貼られています。

右サイドビュー
 荷台側面には「From」と書かれ、送り主の名前が書き込める楕円形のスペースが確保されたシールが貼られています。

リアビュー
 ナンバープレート部分には「SAMBAR」と刻印され、荷台(バン)後部のドアは開閉可能な仕様となっています。

 SUBARU SAMBAR
 TOMICA ©TOMY
 NO.31
 S=1/52
 MADE IN CHINA

 「トミカ ギフトカード」
 (スバル サンバー 郵便車)
 販売価格 ¥600円(税別)


 2019.11.21現在



 





はたらく車シリーズ

軽トラック

バモス ホンダ

 1972年9月に発売された「バモス ホンダ」(No.55)のトミカ(日本製)です。

 このトミカの「バモス ホンダ」は、ホンダが1970年から1973年まで販売していた、オープンカータイプの軽トラックである初代「バモス ホンダ」(TN360型)で、とてもユニークな車体が特徴的な1台となっています。

 また、車名は「バモス ホンダ」が正式名称で、車自体の名称「バモス」が社名「ホンダ」よりも先となっているという特徴があります。(普通は「ホンダ オデッセイ」、「ホンダ インテグラ」などと言い、「オデッセイ ホンダ」、「インテグラ ホンダ」とは言わない。ただし二輪車では1969年8月に発売された「ダックス ホンダ」の先例あり。)

フロントビュー

 走行面に関する基本的な構造は「ホンダ TN360」(軽トラック)の流用で、駆動方式はMR、エンジンは最高出力30馬力(PS)の360cc 直列2気筒SOHC 空冷「TN360E型」エンジンを搭載し、変速機は4速MTとなっているようです。

 インパネやシートは防水加工および防塵対策が施され、ボディタイプは、2人乗りの「バモス2」、4人乗りの「バモス4」、それに車体後部の荷台まで幌で覆うタイプの「バモス フルホロ」もあったようです。

 そのほか「バモス ホンダ」の特徴として、車体前面には衝突時のショック吸収のためにスペアタイヤが設置され、車体にはドアは無く、代わりに転落防止用のガードパイプ(トミカでは再現されず)が装備されているそうです。

サイドビュー

 この初代「バモス ホンダ」は、発表当初は農林業や畜産業、工事現場や工場などの運搬用、あるいは配達用の車などとしてのニーズを想定し月産台数2,000台を見込んでいたそうですが、その独特なデザインや4WD車が設定されず、オフロードの走破性が特に高いわけではないなどの理由により、総生産台数はわずか約2,500台にとどまったそうです。

リアビュー

 Vamos HONDA
 ©1975 NO.55
 S=1/54
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥180円
 発売期間 1972年9月~1977年2月


 2019.07.17現在



 
スバル サンバー
ハイルーフ パネルバン(赤帽)

 1985年2月に発売された「スバル サンバー ハイルーフ パネルバン」(No.31)のトミカ(日本製/No.31-3-1)です。

 4代目「スバル サンバー」(1982年9月~1990年)がベースとなっていて、車体後部の荷台(バン)には「赤帽」と書かれているのが特徴的なトミカとなっています。

サイドビュー
 車体後部の荷台には「登録商標 赤帽」、「荷主さんの心を運ぶ赤帽車」と書かれています。(シール)

 エンジンは最高出力約30馬力(PS)の544cc 水冷直列2気筒OHC「EK23型」エンジンを搭載しているようです。

 「赤帽」は、1978年に「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」として全国組織化された、軽トラックを使用した運送業者により構成された協同組合の通称なのだそうです。

 「赤帽」が使用するこのトミカのようないわゆる「赤帽サンバー」は、赤帽専用の特装車となっているそうです。


 SUBARU SAMBAR
 HIGH ROOF PANEL VAN
 (※パッケージ表記)

 SUBARU SAMBAR
 TOMICA ©TOMY
 NO.31
 S=1/52
 JAPAN

 発売時価格 ¥320円
 サスペンション/後部ドア―開閉
 発売期間 1985年2月~1994年10月


 2019.09.26現在



 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円

 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%
 2019年(令和元年)10月1日 10.0%


 
スバル サンバー
ハイルーフ パネルバン(クマ運送)

 1987年5月頃に発売されたとされる「トミカ みんなのまち」セット(トミカ6台付属)に入っていた「スバル サンバー ハイルーフ パネルバン(クマ運送)」のトミカ(日本製)です。

 このトミカは、車体色が赤色系、荷台(バン)の色は黄色で、荷台側面に赤色でクマさんの絵が描かれ「クマ運送」と書かれているのが特徴的なトミカとなっています。

フロントビュー
 ナンバープレート部分には「・・38」と刻印されています。

サイドビュー

リアビュー
 ナンバープレート部分には「SAMBAR」と刻印されています。

 荷台(バン)後部のドアは開閉可能な仕様となっています。

 SUBARU SAMBAR
 TOMICA ©TOMY
 NO.31
 S=1/52
 JAPAN


 2019.10.31現在



 


ホンダ TN360(トミカ博 非売品)

 2002年に開催された「トミカ博2002」の入場記念品として配られた非売品の「ホンダ TN360」のトミカ(日本製)です。

 車体後部の荷台部分には「TOMICA トミカ博2002」と書かれています。

 「TN360」は、ホンダが1967年から1977年まで製造・販売した軽トラックで、このトミカは1970年から1972年まで販売された「TNⅢ」となっています。

 駆動方式はMRで、エンジンは最高出力30馬力(PS)の354cc空冷 直2 SOHCエンジンを搭載していたようです。

フロントビュー
 車体前部の大きな「H」マークが特徴的です。

リアビュー
 荷台(バン)後部のドアは開閉可能な仕様となっています。


 HONDA TNⅢ 360
 1974 NO.19
 S=1/54
 MADE IN JAPAN


 2018.11.15現在



スズキ キャリイ(トイザらス仕様)

 「トミカ トイザらス オリジナル パーキングケース」に「トイザらス トラック1台付」として販売された「スズキ キャリイ」の「トイザらス」仕様です。

 車体後部の荷台部分側面には、大きく「トイザらス」のロゴが描かれています。


 SUZUKI CARRY
 2003 NO.90
 S=1/55
 MADE IN CHINA


 2017.12.11現在



スズキ キャリイ

 2008年9月に発売された「建設車両セット4」(4台セット/鉄骨パーツ付き)のうちの1台となっていた「スズキ キャリイ」のトミカです。


 SUZUKI CARRY
 2003 NO.90
 S=1/55
 MADE IN VIETNAM

 「建設車両セット4」
 (4台セット/鉄骨パーツ付き)
 発売時価格 ¥1,800円(税別)


 2018.03.06現在



 


スバル サンバー

 2010年2月に発売されたトミカギフトセット「荷物がいっぱいトラックセット」(トラック4種セット)のうちの1台となっていた「スバル サンバー」のトミカです。

 このトミカの「スバル サンバー」は、1999年2月から2012年4月まで販売された、6代目「サンバー」となっていて、車体色は、銀色系(シルバー)となっています。

サイドビュー

 「荷物がいっぱいトラックセット」は、トヨタ タウンエース、スバル サンバー、スズキ キャリイ2種の4台セットとなっていて、荷物の絵柄が描かれたペーパークラフトが付属していて、ペーパークラフトで作った好きな荷物を荷台に載せて遊べるようになっています。

リアビュー

 SUBARU SAMBAR Truck
 2007 NO.10
 S=1/55
 MADE IN CHINA

 「荷物がいっぱいトラックセット」(4台セット)
 メーカー希望小売価格 ¥1,800円(税別)
 サスペンション


 2019.06.17現在



ダイハツ ミゼット(EVENT SPECIAL)
トミカ博 非売品

 2016年の「トミカ博」の入場記念品として配られた非売品の「ダイハツ ミゼット(EVENT SPECIAL)」のトミカです。

 車体後部の荷台の幌部分には「トミカ博 Tomica Expo.」と書かれていて、幌部分は脱着が可能となっています。

リアビュー

 「ミゼット」は、「ダイハツ工業」が1957年(昭和32年)から1972年(昭和47年)まで生産・販売していた軽自動車規格の三輪自動車(オート三輪)で、発売当初はベストセラーとなり、当時の昭和の景色を象徴する自動車の1台となっています。

 なお、車名の「ミゼット(Midget)」は、英語で「小型のもの」という意味なのだそうです。


 DAIHATSU MIDGET
 2009
 S=1/50
 MADE IN VIETNAM


 2018.04.02現在







★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ

建設機械・重機 作業用車両
荷役運搬機械類
トラック・トレーラー バス
タクシー パトカー・警察用車両 消防車・救急車 商用車・移動販売車
軽トラック ライトバン
ワンボックスカー
航空機・船・電車関連 自衛隊・公共福祉
その他


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪