トミカ 消防車
はたらく車シリーズ  TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ
建設機械・重機 作業用車両
荷役運搬機械類
トラック・トレーラー バス
軽トラック タクシー
パトカー・警察用車両 消防車・救急車
ライトバン
ワンボックスカー
商用車・移動販売車
航空機・船・電車関連 自衛隊・公共福祉
その他

消防車・救急車 細分類
消防車 救急車 消防指揮車 作業車両タイプ

ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ


★新着 
アメリカン ラダーチーフ

 1978年2月に発売された「アメリカン ラダーチーフ」(No.F33/外国車シリーズ・アメリカ車)のトミカ(日本製/No.F33-1)です。

 この「アメリカン ラダーチーフ」のトミカは、他に車体色が黄色や白色、マルーン系(暗い茶色から紫がかった赤にかけての色)などのバリエーションがあります。

フロントビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「TF 33」と刻印されています。

サイドビュー
 ホイールは「1HGoホイール」となっています。

リアビュー

 はしご伸縮、上下可動、旋回仕様となっています。

 AMERICAN LADDER CHIEF
 (※パッケージ表記)

 LADDER CHIEF
 tomica 
 © 1978 TOMY
 NO.F33
 S=1/143
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥240円


 2019.11.28現在



 





はたらく車シリーズ

消防車・救急車

消防車タイプ

いすゞ ポンプ消防車

 1973年4月に新発売された「いすゞ ポンプ消防車」(No.68/日本製)のトミカです。

 かつて地域の消防団が使用していたような、クラシックでいかにも当時の消防車らしいスタイルとなっています。

サイドビュー

リアビュー


 ISUZU FIRE ENGINE
 1975 NO.68
 S=1/81
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥180円(税別)
 発売期間 1973年4月~1985年10月

 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円

 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%
 2019年(令和元年)10月1日 10.0%


 2018.10.31現在



 
東急化学消防車

 1975年3月に発売された「東急化学消防車」(No.94)のトミカ(日本製/No.94-1-1)です。

 「東急化学消防車」は、空港などの飛行場や化学コンビナート(工場群)などに配備された特殊な化学消防車のようで、大規模火災に対処するために通常の消防車よりも装甲が厚く、屋根上に化学消火剤を噴射するための大型放水銃を装備しているのが特徴となっています。

フロントビュー
 車体前部の屋根上にある放水銃は、左右に回転する可動仕様となっています。

上部およびサイドビュー
 ホイールは「10Cホイール」となっていて、車体側面には「航空局3」と書かれたシールが貼られています。

リアビュー
 ナンバープレート部分には「TOKYU」と刻印されています。

 TOKYU CHEMICAL FIRE TRUCK
 (※パッケージ表記)

 TOKYU CHEMICAL FIRE ENGINE
 tomica
 NO.94
 S=1/130
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥220円
 ノズル可動/サスペンション
 発売期間 1975年3月~1977年3月


 2019.08.27現在



 
日野 ハシゴ 消防車

 1975年12月に発売された「日野 ハシゴ 消防車」(No.29)のトミカ(日本製)です。

 発売期間が1975年12月から2003年2月で、およそ27年間の長きにわたり生産・販売されたロングセラーモデルとなっていて、日本製と中国製の各種バージョンが存在します。

サイドビュー

リアビュー

 はしご伸縮、上下可動、旋回仕様となっています。

 HINO AERIAL LADDER FIRE TRUCK
 (※パッケージ表記)

 HINO FIRE ENGINE
 NO.29
 S=1/125
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥220円

 3段ハシゴ伸縮、上下、旋回/サスペンション
 発売期間 1975年12月~2003年2月
 (中国製有り)


 2019.04.11現在



 


日野 ハシゴ消防車

 2000年6月29日に発売された「トミカ30周年記念限定セット Vol.1 トミカ誕生記念コレクション2000」(6台セット)に入っていた「日野 ハシゴ消防車」(29)のトミカ(中国製)です。

 1972年3月に発売された、記念すべきトミカの消防車モデル第1号となった「日野 消防自動車」(No.29/1975年12月まで発売・日本製)のトミカの復刻モデルとなっているようです。

サイドビュー

リアビュー

 はしご伸縮、上下可動、旋回仕様となっています。

 HINO FIRE ENGINE
 ©1974 TOMY
 NO.29
 S=1/110
 MADE IN CHINA

 トミカ誕生記念コレクション2000(6台セット)
 発売時価格 ¥3,000円(税別)


 2019.05.16現在



 
いすゞ シュノーケル消防車
(はしご車仕様)

 1987年3月に発売された「トミカパック 消防車セット」に入っていたものと思われる「いすゞ シュノーケル消防車」のトミカ(日本製)です。

 「シュノーケル(スノーケル)消防車」とは、「屈折はしご付き消防車」のことをいい、はしごが途中で折れ曲がり、電柱や電線、フェンスなどの障害物を避けて活動できる消防車のことをいうようですが、このトミカは、はしごがまっすぐに伸びる「はしご車仕様」(直進型はしご車)となっています。

リアビュー

 はしご伸縮、上下可動、旋回仕様となっています。

 SNORKEL
 NO.68
 S=1/110
 MADE IN JAPAN


 2018.12.19現在



 
いすゞ シュノーケル消防車

 2004年3月に発売された「ファイヤーエンジンコレクション」(5台セット)に入っていた「いすゞ シュノーケル消防車」のトミカです。

 車体前部の運転席の乗降ドア部分には「消防庁」と書かれています。

 「スノーケル(シュノーケル)消防車」とは、「屈折はしご付き消防車」のことをいい、はしごが途中で折れ曲がり、電柱や電線、フェンスなどの障害物を避けて活動できる消防車のことをいうそうです。

 そのほか「スノーケル(シュノーケル)消防車」の特長として、放水時の安定性が良い、大量放水が可能などの優れた点があるそうです。

 ブーム上下可動、旋回・折りたたみ仕様となっています。

 なお、「ファイヤーエンジンコレクション」に入っていた他の4台は、日野はしご付消防車(モリタ・スーパージャイロラダー)、コマツ油圧ショベルPC200ガレオ(グラップル装着車)、モリタ CD-1型 ポンプ消防車、日産ディーゼル クレーン車となっています。


 SNORKEL
 NO.68
 S=1/110
 MADE IN CHINA

 サスペンション/アーム上下・旋回・折りたたみ

 「ファイヤーエンジンコレクション」
  (5台セット)
 発売時価格 約1,900円


 2018.10.04現在



 


UD コンドル 化学消防車

 1977年3月に発売された「UD コンドル 化学消防車」(No.94)のトミカ(日本製)です。

 化学消防車とは、水による消火が不可能かつ困難な石油コンビナートや航空事故などの重大な危険物火災に対応するための消防車なのだそうです。

サイドビュー

 油脂や化学物質の火災の場合、水をかけると逆に火の勢いが強くなってしまうため、そのような火災の場合に、泡消火剤や粉末消火剤を散布することができる消防車となっているそうです。

リアビュー

 化学消防車は、通常は消防署に配備されているそうですが、石油備蓄基地や航空燃料を扱う空港(自衛隊含む)、化学工業関連企業をはじめ、車両火災に備えて主要幹線道路や高速道路がある消防署にも配備されているそうです。


 UD CONDOR CHEMICAL FIRE ENGINE
 NO.94
 S=1/90
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥240円
 発売期間 1977年3月~1980年9月


 2019.04.08現在



 
ニッサンディーゼル ポンプ消防車

 1989年2月に発売された「ニッサンディーゼル ポンプ消防車」(No.110)のトミカ(日本製)です。

上部およびサイドビュー

リアビュー

 NISSAN DIESEL PUMP FIRE ENGINE
 (※パッケージ表記)

 UD CONDOR FIRE ENGINE
 NO.110
 S=1/90
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥320円
 発売期間 1989年2月~2000年7月
 (中国製有り)


 2019.07.17現在



 
大型ブロアー車
(三菱ふそう キャンター)

 2010年6月19日(土)に発売された「大型ブロアー車」(No.18)のトミカです。

 「三菱ふそう キャンター」がベースとなっています。

 「大型ブロアー車」は、搭載する強力な大型ブロアー(送風機)を使用して、火災現場などで煙やガスを吹き飛ばす作業において活躍します。

リアビュー


 MITSUBISHI FUSO CANTER
 2002
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥360円(税別)
 サスペンション


 2018.10.04現在



 


ニッサン ディーゼル ハシゴ付消防車

 1987年10月に発売された「ニッサン ディーゼル ハシゴ付消防車」(No.22)のトミカ(日本製/No.22-4-1)です。

 写真のトミカは、発売当初のバリエーション(No.22-4-1)で、運転台側面前部に「UD」と書かれた円形のシールが貼られているのが特徴となっています。

 この「ニッサン(日産) ディーゼル ハシゴ付消防車」は、発売期間が1987年10月から2009年7月となっていて、およそ22年間の長きにわたり生産・販売されたロングセラーモデルとなっていて、セット品などの中国製の各種バージョンも多く存在します。

サイドビュー

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「119」と刻印されています。

 はしご伸縮、上下可動、旋回仕様となっています。

 NISSAN DIESEL
 AERIAL LADDER FIRE TRUCK
 (※パッケージ表記)

 NISSAN DIESEL
 TOMICA © TOMY
 NO.22.43
 S=1/120
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥320円

 ハシゴ伸縮・旋回可動
 発売期間 1987年10月~2009年7月
 (中国製有り)


 2019.12.03現在



 
ニッサン ディーゼル ハシゴ付消防車

 1987年10月に発売された「ニッサン ディーゼル ハシゴ付消防車」(No.22)のトミカ(日本製/No.22-4-3)です。

 写真のトミカは、運転台側面前部の「UD」マークが、製造時の金型による刻印となっているバリエーションとなっています。

サイドビュー

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「119」と刻印されています。

 はしご伸縮、上下可動、旋回仕様となっています。

 NISSAN DIESEL
 AERIAL LADDER FIRE TRUCK
 (※パッケージ表記)

 NISSAN DIESEL
 TOMICA © TOMY
 NO.22.43
 S=1/120
 MADE IN JAPAN

 ハシゴ伸縮・旋回可動
 発売期間 1987年10月~2009年7月
 (中国製有り)


 2019.12.03現在



 
化学消防車(航空局)

 2007年1月に発売された「イトーヨーカドー なつかしの消防車シリーズ」の「化学消防車」のトミカです。

 このタイプの化学消防車は、トミカで少なくとも5種類(ハイパーブルーポリスおよびマグナムレスキューの2種を含む)は発売されているようです。


 NO.94
 S=1/130
 MADE IN CHINA


 2018.01.11現在



 


高所放水車(日産ディーゼル)

 2008年9月20日に発売された「トミカ&プラキッズ 高所放水車」(トミカとプラキッズのセット)に入っていた「高所放水車」(日産ディーゼル)のトミカです。

 ブームの先端に放水銃が付いた、「スノーケル(シュノーケル)消防車」仕様(屈折はしご付き消防車)となっていて、車体には「消防庁」、「08」と書かれています。

 なお、「トミカ&プラキッズ 高所放水車」には、消防士のプラキッズが1体付属しています。

リアビュー

 ブームは上下可動・旋回仕様で、放水銃も可動仕様となっています。

 NISSAN DIESEL
 NO.22. 43
 S=1/120
 MADE IN CHINA

 トミカ&プラキッズ 高所放水車
 (プラキッズ1体付き)
 販売価格 ¥600円(税別)

 ブーム上下/旋回


 2019.02.12現在



 
高所放水車(いすゞ)

 2005年8月に発売された「特別出動!ハイパーレスキュー隊」(4台セット)のうちの1台となっている「高所放水車」(いすゞ)のトミカです。

 なお、セットのほかの3台は、指揮統制車(トヨタハイエース)、救助工作車(投光器装備)、救助工作車(クレーン装備)となっているようです。

 ブームおよび放水銃は可動仕様となっています。

 SNORKEL
 NO.68
 S=1/110
 MADE IN CHINA


 2018.10.04現在



 
救助工作車(投光器装備)

 2005年8月に発売された「特別出動!ハイパーレスキュー隊」(4台セット)のうちの1台となっている「救助工作車(投光器装備)のトミカです。

 運転台部分には「HR2」、「02」や「RESCUE」と、車体後部側面には「消防庁 機動救助部隊」と書かれています。

投光器は可動仕様となっています。

 RESCUE WORK CAR
 1996 NO.13
 MADE IN CHINA


 2018.10.04現在



 


日野はしご付消防車
モリタ・スーパージャイロラダー

 2002年8月に新発売された「日野はしご付消防車(モリタ・スーパージャイロラダー)」(No.108)のトミカです。

 はしご伸縮、上下可動、旋回仕様となっています。


 HINO FIRE TRUCK
 2002 NO.108
 S=1/139
 MADE IN VIETNAM


 2018.10.04現在



 
日野はしご付消防車
(モリタ・スーパージャイロラダー)

 2004年3月に発売された「ファイヤーエンジンコレクション」(5台セット)に入っていた「日野はしご付消防車(モリタ・スーパージャイロラダー)」のトミカです。

 車体前部側面には「消防庁」と書かれています。

リアビュー

 はしご伸縮、上下可動、旋回仕様となっています。

 なお、「ファイヤーエンジンコレクション」に入っていた他の4台は、コマツ油圧ショベルPC200ガレオ(グラップル装着車)、モリタ CD-1型 ポンプ消防車、日産ディーゼル クレーン車、いすゞ シュノーケル消防車となっています。


 HINO FIRE TRUCK
 2002 NO.108
 S=1/139
 MADE IN CHINA

 はしご伸縮/上下/旋回

 「ファイヤーエンジンコレクション」
  (5台セット)
 発売時価格 約1,900円


 2019.04.11現在



 


モリタ 消救車 FFA-001

 2004年9月に発売された「モリタ 消救車 FFA-001」(No.119)のトミカです。

 「消救車」は、消防車両などを架装・販売する有名企業「モリタ」が開発したもので、普通消防ポンプ車と普通救急車の機能を両立しているそうです。

 1分間に2,400リットルの放水能力を持つポンプを車両後部に備え、4.2mのアルミ製ハシゴも装備し、救急車の機能として、ストレッチャー(担架)2台、人口酸素蘇生・吸入装置などを搭載しているそうです。

 このトミカの「FFA-001」(Fire Fighting Ambulance-001)の実車は、2002年7月22日に記者発表会が東京にて行われたそうです。

 なお、「消救車」の正式名称は「消防救急車」で、法規上は「消防車」として扱われているようです。

 車体側面の搬送用ドアは、開閉仕様となっています。
 実車の「FFA-001」は、車体側面の電動油圧式スイングアームを使用して担架を車内に搬入するそうです。

リアビュー


 MORITA FFA-001
 2004 NO.119
 S=1/74
 MADE IN CHINA

 搬送用ドア開閉


 2018.09.12現在



 
モリタ 林野火災用消防車

 2015年4月に発売された「トミカプレミアム No.02」の「モリタ 林野火災用消防車」です。

 このトミカの「モリタ 林野火災用消防車」は、消防車両などを架装・販売する有名企業「モリタ」が開発・製造したコンセプトカー「林野火災用消防車」となっています。

 コンセプトカー「林野火災用消防車」は、世界で多発する大規模な林野火災の諸課題を解決することを目的に、モリタグループの技術・開発およびデザインチームが総力を結集して開発した、未来型車両となっているそうです。

 ヘリコプターや消防本部とリンクできるデータ通信機能などの情報通信機能を充実し、LED照明装置を備え、悪路走行や走行放水も可能となっているようです。

 また、消火装置は、林野火災では水源の確保が困難になることも勘案し、モリタが開発した少量の水で優れた消火能力を発揮する「CAFS」(Compressed Air Foam System:圧縮空気泡消火装置)を搭載しているそうです。

サイドビュー

リアビュー


 MORITA WILDFIRE TRUCK
 2014
 S=1/100
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥900円(税別)


 2018.09.27現在



 
モリタ 13mブーム付
多目的消防ポンプ自動車 MVF

 2017年11月18日に発売された「モリタ 13mブーム付 多目的消防ポンプ自動車 MVF」(No.119)のトミカです。

 「MVF」は、「MORITA VARIOUS FIGHTER」の略で、この「MVF」1台で、消火、救助、資機材収納といった様々な役割を果たす消防車なのだそうです。

 搭載するブームは、上方にビル5階相当の13.7m、下方にマイナス2.1mまで届く能力を持っていて、900リットルの水槽と水を有効利用可能な「CAFS(キャフス/圧縮空気泡消火装置)」を装備し、収納スペースも確保されているそうです。

 また、本車は「2014年度グッドデザイン賞」を受賞したそうです。

ブーム可動となっています。

リアビュー


 MORITA MVF
 2017 NO.119
 S=1/90
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 ブーム可動


 2018.09.18現在



 


モリタ CD-1型 ポンプ消防車

 2003年12月20日に発売された「モリタ CD-1型 ポンプ消防車」(No.41)のトミカです。

リアビュー

 MORITA FIRE ENGINE TYPE CD-Ⅰ
 (※パッケージ表記)

 MORITA FIRE ENGINE
 2003 NO.41
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥360円→450円(税別)
 サスペンション


 2019.03.27現在



 
モリタ CD-1型 ポンプ消防車
バレンタインオリジナルVer.

 2015年1月に発売された「トミカ付きトミカチョコ」のものと思われる「モリタ CD-1型 ポンプ消防車 バレンタインオリジナルVer.」のトミカです。

 「トミカ付きトミカチョコ」は、バレンタイン限定トミカが1台と、車型のトミカチョコが3個入っていたようです。

 このバレンタイン限定の「トミカ付きトミカチョコ」は、「スバル レガシィB4パトロールカー バレンタインオリジナルVer.」が同時に発売されているようです。

リアビュー

 MORITA FIRE ENGINE TYPE CD-Ⅰ
 (※パッケージ表記)

 2003 NO.41
 MADE IN VIETNAM


 2019.01.31現在



 
モリタ CD-1型 ポンプ消防車
(ファイヤーエンジンコレクション)

 2004年3月に発売された「ファイヤーエンジンコレクション」(5台セット)に入っていた「モリタ CD-1型 ポンプ消防車」のトミカです。

 車体側面には「消防庁」と書かれています。

 なお、「ファイヤーエンジンコレクション」に入っていた他の4台は、日野はしご付消防車(モリタ・スーパージャイロラダー)、コマツ油圧ショベルPC200ガレオ(グラップル装着車)、日産ディーゼル クレーン車、いすゞ シュノーケル消防車となっています。

リアビュー

 MORITA FIRE ENGINE
 2003 NO.41
 MADE IN CHINA

 サスペンション

 「ファイヤーエンジンコレクション」
  (5台セット)
 発売時価格 約1,900円


 2019.03.11現在



 


モリタ 空港用化学消防車
MAF-125A

 2006年8月に発売された「モリタ 空港用化学消防車 MAF-125A」(No.13)のトミカです。

 「空港用化学消防車」は、万一、空港内で航空機事故などの重大事故が発生した場合に、いち早く現場に向かい消火および救助活動にあたるために製造された消防車です。

 空港内で発生する可能性のあるあらゆるアクシデントに対応するために、大量の水槽を備え、速やかに展開する速力と高い不整地走行能力が要求され、強力な放水能力を持っているそうです。

サイドビュー
 車体前部の屋根部分にあるメインタレットノズルは可動仕様となっていて、車体側面には「MORITA」、「MAF-125A」と書かれています。

 「モリタ 空港用化学消防車 MAF-125A」は、車体に12,500リットルの水槽と800リットルの薬液槽を備え、車両総重量が43トン以上と重いにもかかわらず(陸上自衛隊10式戦車の全備重量約44トンとほぼ同じ)、0-80km/h加速は約31秒で、最高速度は約105km/h、そして走行しながらの放水が可能となっているそうです。

リアビュー

 MORITA AIRPORT CRASH TENDER MAF-125A
 2006 NO.13
 S=1/159
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥360円(税別)
 メインタレットノズル可動


 2019.02.18現在



 
全地形対応車
レッドサラマンダー/エクストリームⅤ

 2017年3月に発売された「全地形対応車 レッドサラマンダー/エクストリームⅤ」(No.121)のトミカ(ロングタイプ)です。

 「全地形対応車 レッドサラマンダー」は、2013年3月から愛知県の岡崎市消防本部に東日本大震災の教訓をもとに総務省消防庁が配備した、日本に現時点で1台だけの全地形対応の特殊消防車両です。

 岡崎市に配備された理由は、岡崎市が日本のほぼ中央に位置するため、東日本にも西日本にも出動しやすいことと、津波が来ないと想定されているためなのだそうです。

フロントビュー

 車両は、総重量1万2,130㎏、全長8.7m、全幅2.2m、高さ2.6mで、最大で10人(前車に4人、後車に6人)が乗車可能で、幅2mの溝を超えることができ、1.2mの水深でも走行可能となっているそうです。

 また、駆動方式は連結ゴム製クローラー方式で、総排気量7,240ccの4サイクルディーゼルエンジンを搭載し、最高速度は時速50km、燃料容量は500リットル、燃費はリッター1kmとなっているようです。

 そのほか、最大登坂能力は50%で、最大60cmの段差を乗り越えることができ、気温マイナス35度にも耐えられる性能を持っていて、主要装備は電動ウィンチ、ライフジャケット、バスケットストレッチャー、小型船舶用救命浮環となっているそうです。

サイドビュー
 車体側面には「岡崎市消防本部」(前車)、「総務省消防庁」(後車)と書かれています。

 この「レッドサラマンダー」は、シンガポールの「STキネティクス社」がもともとは軍事車両として開発したものを、日本の消防車メーカー最大手の「株式会社モリタ」が輸入したものなのだそうで、総務省の予算で導入され、価格はおよそ1億1千万円といわれているようです。

 「レッドサラマンダー」は、平成29年7月九州北部豪雨では大分・福岡県に9日間、平成30年7月豪雨では岡山県に6日間にわたって車両と隊員が被災地入りして活躍したそうです。

リアビュー
 後車の屋根上には「愛知・岡崎」と書かれています。

 なお、車名の「サラマンダー(Salamander)」とは、伝承では、四大元素を司る精霊(四大精霊)のうち、火を司るもので、小さなトカゲもしくはドラゴンのような姿をしていて、燃える炎の中や溶岩の中に住んでいるそうです。

 かつて人気を博した「コナミ(Konami)」のシューティングゲーム「沙羅曼蛇(サラマンダ)」を思い出します。


 ALL TERRAIN VEHICLE
 (RED SALAMANDER/EXTREME Ⅴ)
 2016 NO.121
 S=1/80
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥900円(税別)
 車体左右可動


 2018.12.21現在



 
那覇市消防局 ハイパーミストブロアー車

 2019年3月16日(土)に発売された「那覇市消防局 ハイパーミストブロアー車」(No.128)のトミカ(ロングタイプ)です。

 パッケージに記載された説明文によると、重機搬送車に積載された「ハイパーミストブロアー車」は秒速39メートルの風を発生させることができる大型ファンで噴霧放水ミストを遠くへ飛ばし、火災現場の冷却効果や、煙・有毒ガスを除去する機能などを搭載した最新鋭の消防車両で、2017年(平成29年)に沖縄県の那覇市消防局が全国で初めて配備したのだそうです。

サイドビュー
 重機搬送車は「いすゞ ギガ」がベースとなっていて、車体上部には「なはSW2」と大きく書かれています。

 ハイパーミストブロアー車は、正式名が自走式大量噴霧放水大型ブロアー車となっていて、リモコンでの遠隔操作が可能で、高層化や大規模化が進む宿泊施設、商業施設、海底トンネル、アーケード施設など、消防隊員が近づくことができない危険な火災現場や、従来の消防車両が進入できない狭い場所での活動が可能となっているそうです。

リアビュー

 ハイパーミストブロアー車は、自走式の車両ではあるものの、火災現場の近くまでは重機搬送車で運ばれるため、重機搬送車と2台セットで「ハイパーミストブロアー車」となるようです。

 重機搬送車のスロープは可動仕様となっていて、ハイパーミストブロアー車は積み下ろしができるようになっています。

ハイパーミストブロアー車
 大型ファンは可動仕様となっていて、車体底面には車輪が4つ付いています。

 NAHA FIRE DEPARTMENT
 HYPER MIST BLOWER
 (※パッケージ表記)

 ISUZU GIGA
 2018 NO.128
 S=1/90
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥900円(税別)
 スロープ可動/大型ファン可動
 自走式大量噴霧放水大型ブロアー車積み下ろし


 2019.03.18現在



 




消防車・救急車 細分類
消防車 救急車 消防指揮車 作業車両タイプ

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

建設機械・重機 作業用車両
荷役運搬機械類
トラック・トレーラー バス
タクシー パトカー・警察用車両 消防車・救急車 商用車・移動販売車
軽トラック ライトバン
ワンボックスカー
航空機・船・電車関連 自衛隊・公共福祉
その他


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪