トミカ バス いすゞ
はたらく車シリーズ
TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ
建設機械・重機 作業用車両
荷役運搬機械類
トラック・トレーラー バス
軽トラック タクシー
パトカー・警察用車両 消防車・救急車
ライトバン
ワンボックスカー
商用車・移動販売車
航空機・船・電車関連 自衛隊・公共福祉
その他

バス 細分類
いすゞ トヨタ 日野 三菱ふそう
ワンマンバス
三菱ふそう はとバス
東名高速バス
三菱ふそう
エアロスター
三菱ふそう
エアロクイーン
三菱ふそう
エアロキング
三菱ローザ 富士重工
マツダ
国内その他 外国車



CONTENTS LINK ★新着  広 告


トミカ展示室TOPへ




ホットウィール展示室へ




HOMEへ



鉄道関連趣味の部屋♪
『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪




秋葉原 ホビー&カルチャー探訪記録




ドラえもん 観光バス
(いすゞ スーパーハイデッカーバス)

 1999年2月に発売された「キャラトミカ ドラえもん 運搬車セット」(4台セット)に入っている「ドラえもん 観光バス」のトミカ(中国製/No.41-4)です。

 「いすゞ スーパーハイデッカーバス」がベースとなっています。

上部および左サイドビュー
 屋根上には、「ドラえもん 観光バス」と書かれ、ドラえもんが描かれたシールが貼られています。
 また、車体左側面には、「ドラえもん 観光バス」と書かれ、ドラえもん、ドラミ、のび太が描かれたシールが貼られています。

右サイドビュー
 車体右側面には、「ドラえもん 観光バス」と書かれ、ドラえもんとしずかちゃん(源 静香/みなもと しずか)が描かれたシールが貼られています。

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「・・41」と刻印されています。

 ISUZU SUPER HI-DECKER BUS
 TOMICA
 ©1988 TOMY
 NO.41
 S=1/145
 MADE IN CHINA

 「キャラトミカ ドラえもん 運搬車セット」
 (4台セット)
 発売時価格 ¥1,440円(税別)


 2020.11.03現在




広 告



はたらく車シリーズ バス

いすゞ
いすゞ ボンネットタイプバス

 1976年3月に発売された「いすゞ ボンネットタイプバス」(No.6)のトミカ(日本製/No.6-2-2)です。

 この「いすゞ ボンネットタイプバス」のトミカは、非常に多くのバリエーションが発売されている人気モデルとなっています。

サイドビュー

リアビュー

 ISUZU BONNET TYPE BUS
 (※パッケージ表記)

 ISUZU BONNET BUS
 NO.6
 S=1/110
 MADE IN JAPAN

 サスペンション
 発売期間 1976年3月~1980年7月


 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円

 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%
 2019年(令和元年)10月1日 10.0%


 2019.01.09現在



いすず ボンネットバス
(八ヶ岳高原・千曲バス)

 1991年に発売された「トミカ 限定版トミカスペシャルセット おもしろ乗物大集合①」(4台セット)に入っていた「いすず ボンネットバス」のトミカ(日本製/No.6-2)です。

 車体色が黄色系で、車体側面に「Yatsugatake Kogen」(八ヶ岳高原)、「千曲バス」と書かれているのが特徴的なトミカとなっていて、このトミカは「千曲バス株式会社」(本社:長野県佐久市)が、かつて実際に運行していた実車がモデルとなっているようです。

フロントビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「BUS」と刻印されています。

サイドビュー

リアビュー

 なお、「トミカ おもしろ乗物大集合①」(4台セット)に入っていた他の3台は、川崎バートル(A.B.C.-TV)、さんふらわぁ、スノータイガー(青色系/MOUNTAIN SKI COURSE)となっています。

 また、パッケージには「トミカ ランラン プレゼント 抽選で当る!」キャンペーンの実施について書かれていて、オリジナルの「トミカサイクル」が100名に、「トミカリュックサック」が1,000名にプレゼントされたようです。


 ISUZU BONNET BUS
 tomica
 NO.6
 S=1/110
 MADE IN JAPAN


 2019.10.28現在



いすゞ ボンネットバス
(明治カール おらが村)

 1999年6月に発売された「キャラトミカ Meiji(明治) カール セット おらが村」(4台セット)に入っている「いすゞ ボンネットバス」のトミカ(中国製/No.6-2)です。

 車体色は白色と水色のツートーンで、車体には明治のスナック菓子「カール」のイメージキャラクターである「カールおじさん」、「カール坊や」とその仲間たちが暮らす「おらが村」のシールが貼られたトミカとなっています。

フロントビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「BUS」と刻印されています。

 明治製菓株式会社(当時/現在は株式会社明治)の「カール」は、1968年(昭和43年)7月25日に発売・販売が開始され、CMソング「いいもんだな故郷は」と「それにつけてもおやつはカール」のキャッチフレーズでおなじみのテレビCMは、1974年(昭和49年)4月に「おらが春篇」がスタートしています。

上部および左サイドビュー
 屋根上には「おらが村」と書かれたシールと、「©Meiji Seika. Nitto」と書かれ「おらが村」のキャラクター、カールおじさん、カール坊や、ダイスケ(熊)、サスケまたはルスケ(猿)、みみちゃん(ウサギ)、チョロヘイ(リス)、ケロ太(カエル)が描かれたシールが貼られています。
 車体側面にも、主要キャラクター(上記以外ではタヌキの「ポンゴロー」)が描かれ、「おらが村」と書かれたシールと、「おらが村行」と書かれたシールが貼られています。

 「カール坊や」は、明治製菓の「カールを子供のおやつとして定着させたい」という思いから、1975年のパッケージに初登場したそうです。

 また、「カールおじさん」は、1982年のパッケージから登場し、最初は「カール坊や」の脇役としての存在だったのが、その後人気者となっていったため、CMおよびパッケージにおいて「カール坊や」よりも目立つ主役へとなっていったそうです。

右サイドビュー
 「おらが村」と書かれ、主要キャラクター(上記以外ではキツネの「コンタン」)が描かれたシールが貼られています。

リアビュー

 ISUZU BONNET BUS
 tomica
 NO.6
 S=1/110
 MADE IN CHINA

 「キャラトミカ Meiji(明治)
  カール セット おらが村」(4台セット)
 発売時価格 ¥1,440円(税別)
 (サスペンション)


 2020.07.06現在





いすゞ ボンネットバス

 2003年3月に発売された「トミカくじⅣ」(全20種)のうちの1台となっていた「いすゞ ボンネットバス」のトミカ(中国製/No.6-2-63)です。

リアビュー

 JR桜木町駅の駅構内の階段に掲示してあった1950年頃の桜木町駅の様子を撮影した写真です。
 写真右下のほうにボンネットバスが写っています。

 ISUZU BONNET BUS
 NO.6
 S=1/110
 MADE IN CHINA

 「トミカくじⅣ」(全20種)
 発売価格 各¥350円(税別)


 2019.04.18現在



いすゞ ローデッカー・デマンド バス

 1977年9月に発売された「いすゞ ローデッカー・デマンド バス」(No.37)のトミカ(日本製/No.37-2-1)です。

 車体側面には、「TOKYO TOUR LINES」と書かれ、赤いラインが描かれたシールが貼られています。

 「デマンドバス」とは、オンデマンドバス(On-Demand Bus)とも呼ばれ、利用者の自宅や路上などからの呼び出しに応じて、定まった路線を走るのではなく、利用者の要求に応じて適宜ルートを変えて運行されるバスのことをいうそうです。

 日本では、1970年代はじめ頃に「デマンドバス」が導入されるようになったようで、近年では、マイカーの普及などにより利用者が減った路線バスは、民間のバス事業者が撤退せざるを得なくなるため、そのような場合に公共交通の空白地域を解消するために、デマンド型交通を導入する地方自治体が多いそうです。

フロントビュー

左サイドビュー
 サイドドアは開閉仕様となっています。

右サイドビュー

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「ISUZU」と刻印されています。

 ISUZU LOWDECKER DEMAND BUS
 tomica
 NO.37
 S=1/77
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥240円
 サスペンション/サイドドア―開閉
 発売期間 1977年9月~1980年9月


 2020.04.22現在





いすゞ スーパーハイデッカーバス
(はとバス)

 1988年10月に発売された「いすゞ スーパーハイデッカーバス」(No.41)のトミカ(日本製/No.41-4-1)です。

 車体側面には、「HATO BUS」(はとバス)と書かれています。

リアビュー

 ISUZU SUPER HI-DECKER BUS
 1988 NO.41
 S=1/145
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥320円
 発売期間 1988年10月~2003年12月


 2018.12.10現在



いすゞ スーパーハイデッカーバス

 1988年10月に発売された「いすゞ スーパーハイデッカーバス」(No.41)のトミカ(中国製/No.41-4-32)です。

 車体側面には、「SuperDeluxe Salon」と書かれています。

サイドビュー

リアビュー

 ISUZU SUPER HI-DECKER BUS
 1988 NO.41
 S=1/145
 MADE IN CHINA


 2019.02.18現在



スイミングスクールバス

 1989年5月に発売された「スイミングスクールバス」(No.83)のトミカ(日本製/No.83-3-1)です。

 「いすゞ スーパーハイデッカーバス」がベースとなっていて、車体の屋根(ルーフ)部分と側面には、可愛らしい泳ぐ「イルカ」が描かれ、「イルカスイミングスクール」と書かれています。(シール)

リアビュー

 SWIMMING SCHOOL BUS
 (パッケージ表記)
 ISUZU SUPER HI-DECKER BUS
 1988 NO.41
 S=1/145
 MADE IN JAPAN

 発売価格(当時) ¥320円(税別)

 発売期間 1989年5月~2002年4月
 (中国製有り)


 2019.02.18現在





JRハイウェイバス

 1991年7月に発売された「JRハイウェイバス」(No.101)のトミカ(日本製)です。

 「いすゞ スーパーハイデッカーバス」がベースとなっていて、車体側面には、旧国鉄バスから受け継いだシンボルマークの「つばめマーク」があり、また、側面後部には「JR BUS」と書かれています。

リアビュー

 JR HIGH-WAY BUS(※パッケージ表記)

 ISUZU SUPER HI-DECKER BUS
 1988 NO.41
 S=1/145
 MADE IN JAPAN

 発売期間 1991年7月~2003年4月
 (中国製有り)


 2019.03.25現在



いすずハイデッカーバス
(トミカサファリセット)

 1992年7月に発売された「トミカサファリセット」に入っていた「いすずハイデッカーバス」のトミカ(日本製/No.41-4)です。

 「トミカサファリセット」は、トミカが6台と「どうぶつ」のミニチュアフィギュアが12体、広げて遊べる「サファリシート」(532mm×400mm)が入った豪華なセットとなっています。

 なお、トミカ本体のナンバープレート部分には、前後ともに「・・41」と刻印されています。

上部およびサイドビュー
 屋根上と車体側面には、円内にライオンの顔が描かれたマークが配され、「TOMICA SAFARI」(トミカサファリ)と書かれています。

リアビュー

 ISUZU SUPER HI-DECKER BUS
 TOMICA
 © 1988 TOMY
 NO.41
 S=1/145
 MADE IN JAPAN


 2019.12.02現在



ポケモンバス
(いすゞ スーパーハイデッカーバス)

 1999年1月に発売された「ポケモンバス」(No.38)のトミカ(中国製/No.38-6)です。

 「いすゞ スーパーハイデッカーバス」がベースとなっていて、このトミカは2011年2月まで販売され、ベトナム製も存在します。

 「ポケットモンスター」劇場版は、第1作目として1998年7月18日に「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」が公開されています。

上部および左サイドビュー
 屋根上には「ポケットモンスター POCKET MONSTERS」と書かれたシールが貼られています。
 また、車体左側面には「PIKACHU THE MOVIE 劇場公開記念」と書かれ、左からプクリン、カビゴン、トゲピー、ピカチュウ、ミュウ、ミュウツーが描かれたシールが貼られています。

右サイドビュー
 車体右側面には、「PIKACHU THE MOVIE 劇場公開記念」、「©Nintendo・CR・GF・TX・SP・JK ©ピカチュウプロジェクト98」」と書かれ、左側からコダック、ピカチュウ、トゲピー、ミュウ、ニャース、ロコンが描かれたシールが貼られています。

リアビュー
 車体後部には、ピカチュウが描かれた楕円形のシールが貼られています。
 また、ナンバープレート部分には、前後ともに「・・41」と刻印されています。

 POCKET MONSTERS BUS
 (※パッケージ表記)

 ISUZU SUPER HI-DECKER BUS
 TOMICA
 ©1988 TOMY
 NO.41
 S=1/145
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥360円(税別)
 発売期間 1999年1月~2011年2月


 2020.05.22現在





いすゞ スーパーハイデッカーバス
(あおぞらようちえん)

 1999年5月に発売された「たのしい!うれしい!みんなのようちえんバスセット」(4台セット)に入っていた「いすゞ スーパーハイデッカーバス(あおぞらようちえん)」のトミカ(中国製)です。

 車体側面には、幼稚園バスの指定マーク(黄色い三角形)や小鳥、キリン、おサルさん、ゾウさん、それに背景として雲、虹など青空をイメージした絵柄が描かれ、「あおぞらようちえん」と書かれたシールが貼られています。

サイドビュー

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「・・41」と刻印されています。

 ISUZU SUPER HI-DECKER BUS
 TOMICA
 ©1988 TOMY
 NO.41
 S=1/145
 MADE IN CHINA

 「たのしい!うれしい!
  みんなのようちえんバスセット」(4台セット)
 発売時価格 ¥1,440円(税別)


 2020.04.18現在



ハイデッカーバス(ホワイトトミカ)

 2000年4月に発売された「ホワイトトミカセット」(4台セット)に入っていた「ハイデッカーバス」のトミカ(中国製)です。

 「ホワイトトミカセット」は、トミカ30周年記念の際に発売されたようで、パッケージには「独創性を育てる 知育トミカ」、「世界で一台のトミカをつくろう」、「シール遊びとペイント遊び」と書かれ、自分でホワイトトミカにセットに同梱された好みのシールを貼ったり、自由に文字や絵を書いたり、好きな色を塗ったりして楽しめるトミカのセットとなっていたようです。

フロントビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「・・41」と刻印されています。

サイドビュー

リアビュー

 なお、「ホワイトトミカセット」(4台セット)に入っていた他の3台は、スーパーグレートトラック、ハイパックバン、セドリックとなっています。


 ISUZU SUPER HI-DECKER BUS
 TOMICA
 © 1988 TOMY
 NO.41
 S=1/145
 MADE IN CHINA

 「ホワイトトミカセット」(4台セット)
 発売時価格 ¥1,500円(消費税5%別)


 2020.01.16現在



相鉄自動車 貸切バス
(いすゞ スーパーハイデッカーバス)

 2001年7月に発売された「相鉄自動車 オリジナルバスセット Vol.2」(2台セット)に入っていた「相鉄自動車 貸切バス」のトミカ(中国製/No.41-4-44)です。

 「相鉄自動車株式会社」は、かつて相鉄グループの企業として存在し、タクシーやハイヤーを神奈川県で運行し、観光バス・高速バス事業も行っていた、横浜市西区北幸に本社があった企業です。(相鉄バスとは別の歴史を持つ会社)

サイドビュー
 車体側面には「SUPERCOACH SOTETSU」」と書かれています。

 相鉄自動車は、1936年(昭和11年)9月に京浜昭興株式会社として設立されたのが始まりで、1961年12月に相模鉄道により買収されて相鉄観光株式会社となり、1967年5月に相鉄自動車株式会社に商号変更されています。

 その後、相鉄自動車は、タクシーを神奈川県で運行するほか、1997年4月に相模鉄道の貸切バス事業を譲り受け、2005年7月には高速バス事業に参入して活躍したそうです。

 しかしながら、相鉄自動車は、2009年3月に観光バス・高速バス事業から撤退することとなり、観光バス事業は日の丸自動車に、高速バス事業は相鉄グループの相鉄バスに譲渡され、2012年6月には日本交通グループにより買収されて、日本交通横浜株式会社となったそうです。

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「・・41」と刻印されています。

 ISUZU SUPER HI-DECKER BUS
 TOMICA
 ©1988 TOMY
 NO.41
 S=1/145
 MADE IN CHINA

 「相鉄自動車 オリジナルバスセット Vol.2」
 (2台セット)
 発売時価格 ¥1,300円(税別)


 2020.06.28現在





七福神バス
(いすゞ スーパーハイデッカーバス)

 2001年12月28日に発売された「トミカ おたのしみボックス」(全6種)のバリエーションのひとつとなっている「七福神バス」のトミカ(中国製/No.41-4-51)です。

 「トミカ おたのしみボックス」は全6種類がブラインドボックス仕様となっていて、1種類の箱にトミカが2台入っていたそうです。

 そして、全6種の各2台のうちの1台は、「いすゞ スーパーハイデッカーバス」がベースの「七福神バス」となっていて、その車体側面に貼られたシールの七福神のデザインが6種すべて異なっているという凝りようだったようです。

 つまり、一見すべて同じように見えるこの「七福神バス」のトミカは、実は七福神の表情、持ち物、色などの絵柄が異なる6種類のトミカが存在するということになります。

 6種類をすべて集められた方はすごいと思います。

フロントビュー
 フロントガラス上部には、「七福神めぐり御一行様」と書かれています。
 団体貸切の観光バスみたいでいいですね♪

 七福神バス6種といっしょに同梱されていた別の6種のトミカは、リフマグ油圧ショベル、トヨタ プリウス パトカー、トヨタ WiLL Vi、ホンダ スーパーカブ(郵便配達用)、イベントカー、ダイハツ ミゼットⅡとなっていたようで、写真のトミカは、イベントカーと2台セットになっていたようです。

 また、全6種の各商品にはトミカ2台のほかに、おたのしみグッズとして、スゴロク、お守り、免許証が付属していたそうです。

上部および左右サイドビュー
 屋根上には、2002年の干支(えと)である「午(うま)」のイラストが描かれ、「A HAPPY NEW YEAR 2002」と書かれています。
 また、車体側面には、「七福神めぐり御一行様」、「2002」と書かれ、七福神が描かれたシールが貼られています。
 この車体側面に貼られた七福神のシールは、表情、持ち物、色などの絵柄が異なる6種類が存在するということになります。
 このトミカを入手して調べるまでは、まったく知らなかったことで少々驚いています。

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「・・41」と刻印されています。

 ISUZU SUPER HI-DECKER BUS
 TOMICA
 ©1988 TOMY
 NO.41
 S=1/145
 MADE IN CHINA

 トミカ おたのしみボックス
 全6種(各トミカ2台入り)
 発売時価格 ¥1,000円(税別)


 2020.10.22現在





松本電気鉄道株式会社
(いすゞ ガーラ)

 2008年3月27日に発売された「トミカくじⅪ 日本全国!セレガ&ガーラコレクション」(全20種/19種+シークレット)の「松本電気鉄道株式会社」のトミカ(中国製)です。

 「いすゞ ガーラ」がベースとなっていて、車体には「高原急行」を意味する「Highland Express」(ハイランドエクスプレス)、「ALPICO GROUP」(アルピコグループ)と書かれています。

フロントビュー

 松本電気鉄道株式会社は、1920年(大正9年)5月に設立された筑摩鉄道を起源とし、1932年(昭和7年)12月に松本電気鉄道に社名変更され、長野県において鉄道やバス事業を中心に活躍していた会社で、2011年(平成23年)4月に諏訪バス、川中島バスを吸収合併して「アルピコ交通株式会社」に商号を変更したのだそうです。

 なお、このトミカが発売されたのは2008年3月で、松本電気鉄道株式会社がアルピコ交通株式会社になる前ですが、3社が合併する以前の1992年5月から、グループ名として「アルピコ(ALPICO/アルプスの会社の意味)」を採用していたようです。

左右サイドビュー
 車体側面には「Highland Express」(ハイランドエクスプレス)、「ALPICO GROUP」(アルピコグループ)と書かれています。

リアビュー

 ISUZU GALA
 TOMICA
 © 2007 TOMY
 S=1/156
 MADE IN CHINA

 発売時価格 1個¥500円(税別)


 2020.07.24現在



いすゞ ガーラ はとバス

 2008年7月に発売された「いすゞ ガーラ はとバス」(No.42)のトミカです。

リアビュー

 ISUZU GALA
 2007 NO.42
 S=1/156
 MADE IN CHINA


 2018.08.07現在



いすゞ ガーラ ジェイアールバス東北

 2012年5月に発売された「いすゞ ガーラ ジェイアール(JR)バス東北」(No.16)のトミカです。

 「はやぶさカラー」となっていて、車体側面には「JR BUS TOHOKU」と書かれています。


 ISUZU GALA
 2011 NO.16
 S=1/171
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)


 2018.02.19現在





シスコーン 観光バス
(いすゞ ガーラ)

 2015年9月19日に発売された「日清食品 アドカーセット」(4台セット)に入っている「シスコーン 観光バス」のトミカ(ベトナム製)です。

 「いすゞ ガーラ」がベースとなっていて、車体側面には「シスコーン」の公式キャラクターである「シスコーン坊や」と「シュガーちゃん」、イチゴと牛乳(ミルク)が入れられたシスコーンが描かれたシールが貼られています。

フロントビュー

 「シスコーン」は、アメリカの朝食として親しまれていたコーンフレークを、当時の「シスコ製菓株式会社」が日本向けに研究・開発をして、1963年(昭和38年)3月に発売が開始されたそうです。

 シスコ製菓株式会社は、1964年にシスコ株式会社に社名変更し、その後、1991年(平成3年)1月に日清食品が同社の株式の60%を取得して日清食品グループ入りすることとなり、社名を現在の日清シスコ株式会社に変更したそうです。

 発売当初の「シスコーン坊や」の姿はインディアンの子供のような風貌(デザイン)でしたが、1994年に麦わら帽子をかぶった姿にデザインが変更され、2011年(平成23年)に現在のシスコーン坊やのデザイン(容姿)となったそうです。

上部および右サイドビュー

リアビュー

 ISUZU GALA
 TOMICA © TOMY
 2011 NO.16
 S=1/171
 MADE IN VIETNAM

 「日清食品 アドカーセット」(4台セット)
 発売時価格 ¥2,000円(税別)


 2020.07.14現在



いすゞ エルガ
都営バス90周年ラッピングバス

 2014年8月頃に株式会社タカラトミーの100株以上の株主に配布された、非売品の「2014 株主優待限定企画セット 特別限定」に入っていた「いすゞ エルガ 都営バス90周年ラッピングバス」のトミカ(中国製)です。

 車体前部と後部の行先表示器には、「祝 都営バス90周年!!」と書かれていて、行先表示器部分と車体後部には、都営バスのマスコットキャラクター「みんくる」が描かれています。

 2014年は、都営バスのはじまりとなる、東京市電気局が1924年(大正13年)1月に暫定的に乗合バス(東京市営バス)事業を開始してから90周年の節目となる年となっていたようです。

 また、2014年は株式会社タカラトミーの創立90周年でもあったようで、同社は1924年(大正13年)2月に、創業者の富山栄市郎氏がトミーの前身となる「富山玩具製作所」を創設したのがはじまりとなっているそうです。

フロントビュー

左サイドビュー

右サイドビュー

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「**200 か 12-62」と書かれています。(*部分は字が小さすぎて判読できませんでした)

 ISUZU ERGA
 TOMICA
 © TOMY
 2014
 S=1/141
 MADE IN CHINA


 2020.05.05現在







バス 細分類
いすゞ トヨタ 日野 三菱ふそう
ワンマンバス
三菱ふそう はとバス
東名高速バス
三菱ふそう
エアロスター
三菱ふそう
エアロクイーン
三菱ふそう
エアロキング
三菱ローザ 富士重工
マツダ
国内その他 外国車


★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

建設機械・重機 作業用車両
荷役運搬機械類
トラック・トレーラー バス
タクシー パトカー・警察用車両 消防車・救急車 商用車・移動販売車
軽トラック ライトバン
ワンボックスカー
航空機・船・電車関連 自衛隊・公共福祉
その他


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪


広 告