トミカ 日産 その3
シルビア、ガゼール
スポーツカータイプ  TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

日産 スポーツカータイプ 細分類
その1  スカイライン その2  フェアレディZ その3  シルビア、ガゼール
その4  サニー、パルサーエクサ
 プリメーラ
その5  GT-R その6  MID-4

ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ


スポーツカータイプ ※スポーツセダン、スペシャルティカーを含む

日産 NISSAN その3

シルビア(S10型) SILVIA S10 シルビア(S110型) SILVIA S110
ニッサン シルビア LS タイプX

 1977年3月に発売された「日産 シルビア LS タイプX」(No.62)のトミカ(日本製/No.62-2-1)です。

 このトミカの「日産 シルビア LS タイプX」は、1975年10月から1979年まで販売された2代目「シルビア」(S10型)にあたり、「タイプX」は最上級モデルになるそうです。

 2代目「シルビア」(S10型)の日本国内における正式名称は「ニュー・シルビア」で、エンブレムにも「NEW」の文字があるそうです。

 2代目「シルビア」(S10型)は、当時、日産が開発を進めていたロータリーエンジンを搭載する計画もあったようですが、1973年に起こった「オイルショック」のために搭載が断念されたという経緯があるようです。

 「シルビア」の車名の由来は、ギリシャ神話に登場する清楚な乙女の名前からなのだそうで、ラテン語で「森」を意味するそうです。

ドアを開けた状態
 ナンバープレート部分には、前後ともに「・・62」と刻印されています。

 初代「シルビア」は、「ダットサン・フェアレディ(SP310型)」のシャーシをベースにしていたのに対し、この2代目「シルビア」は「サニー(B210型)」をベースとしていて、うねりの強いスタイリングや、サイドまで回り込んだ横長の薄いテープランプ(リアコンビネーションランプ)を上下に挟み込むような独特のテール形状から「ハマグリシルビア」とも呼ばれたそうです。

サイドビュー

 2代目「シルビア」(S10型)の駆動方式はFRで、当初は「ブルーバードU」と同じ最高出力105馬力(PS)の1.8L(1,770cc)直列4気筒OHC「L18型」エンジン(シングルキャブ仕様)を搭載し、変速機は4速MT/5速MT/3速ATの3タイプが設定されていたそうです。

 販売開始の翌年の1976年5月には、昭和51年(1976年)排出ガス規制対応のため、排出ガス対策システムの「NAPS」を搭載した電子制御燃料噴射装置EGI装備(インジェクション仕様)の、最高出力115PSのL18E型エンジンに変更されたそうです。

リアビュー

 2代目「シルビア」は、彫りの深いフロントビューの2灯式ヘッドランプや北米スタイルのボディデザインが目を惹く特徴的な車となっていますが、当時の国内市場における販売台数は1月あたり約2,000台程度で、必ずしも好評と言える状況では無かったそうです。


 NISSAN SILVIA LS TYPE・X
 (※パッケージ表記)

 NISSAN SILVIA
 NO.62
 S=1/60
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥240円
 ドアー開閉/サスペンション
 発売期間 1977年3月~1980年2月


 2019.07.17現在



日産 シルビア 2000 ZSE-X

 1980年7月に発売された「日産 シルビア 2000 ZSE-X」(No.6)のトミカ(日本製/No.6-3-1)です。

 このトミカの「シルビア 2000 ZSE-X」は、1979年3月から1983年8月まで販売された3代目「シルビア」(S110型)にあたり、「ZSE-X」はインジェクション仕様の1,952cc「Z20E型」エンジンを搭載したグレードとなっています。

 なお、3代目「シルビア」の発売と同時に、姉妹車の「ガゼール」(初代/1979年3月~1983年)が発売開始となっています。

ドアを開けた状態

 3代目「シルビア」(S110型)は、角型4灯式ヘッドランプなど外観スタイルは直線基調のデザインで、内装はダッシュボード上の横一杯に並んだワーニングランプやフェードアウトする足元灯など、当時のアメリカ車のような装備だったそうで、2ドアハードトップクーペもハッチバックも当時の人気車種となったそうです。

サイドビュー
 ドア下部には「SILVIA」と書かれています。

 発売当初の「シルビア 2000 ZSE-X」は、駆動方式がFR、エンジンは最高出力120馬力(ps)の2L(1,952cc)水冷直列4気筒SOHC「Z20E型」エンジンを搭載し、変速機は5速MTで、日本初採用となるドライブコンピューターを搭載しているそうです。

 「シルビア 2000 ZSE-X」の当時の価格は、約158万5千円となっていたようです。

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「204」と刻印されています。

 NISSAN SILVIA 2000ZSE-X
 (※パッケージ表記)

 NISSAN SILVIA
 tomica ©TOMY
 NO.6
 S=1/61
 JAPAN

 サスペンション/ドア開閉
 発売期間 1980年7月~1984年3月


 2019.12.16現在


 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円

 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%
 2019年(令和元年)10月1日 10.0%


日産 シルビア 2000 ZSE-X
(特別仕様トミカ/スペシャルモデル2001)

 2001年に開催された「トミカ博」や「プラレール博」などにて販売されたとされる「特別仕様トミカ NO.2 SPECIAL MODEL(スペシャルモデル) 2001」の「日産 シルビア 2000 ZSE-X」のトミカです。

 このトミカの「シルビア 2000 ZSE-X」は、1979年3月から1983年8月まで販売された3代目「シルビア」(S110型)にあたり、「ZSE-X」はインジェクション仕様の1,952cc「Z20E型」エンジンを搭載したグレードとなっています。

ドアを開けた状態
 エンジンフード(ボンネット)部分に描かれているのは、シルビアの姉妹車である「ガゼール」(初代/S110型)の車名の由来となった「カモシカ」の仲間である「ガゼル」をイメージしたグラフィックデカール(ディーラーオプション)で、本来はシルビアには無いものと思われます。

上部およびサイドビュー
 屋根上(ルーフ)には「Special Model 2001」と書かれています。

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「204」と刻印されています。

パッケージ

 NISSAN SILVIA
 tomica ©TOMY
 NO.6
 S=1/61
 MADE IN CHINA


 2019.10.07現在






シルビア(S12型) SILVIA S12
ニッサン シルビア クーペ
(4代目・S12型)

 1984年3月に発売された「ニッサン シルビア クーペ」(No.6)のトミカ(日本製/No.6-4-1)です。

 このトミカの「日産 シルビア クーペ」は、1983年8月から1988年まで販売された4代目「シルビア」(S12型)になります。

 なお、3代目「シルビア」(S110型)の時と同様に、姉妹車の「ガゼール」(2代目/1983年8月~1986年2月)が同時発売されています。

ドアを開けた状態のフロントビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「1008」と刻印されています。

 4代目「シルビア」(S12型)は、前照灯がリトラクタブル・ヘッドライト(格納式前照灯)となっていて、ボディタイプはクーペとハッチバックの2タイプが用意され、日本初のチルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフが搭載されたそうで、トミカでも屋根上のサンルーフが再現されています。

サイドビュー
 車体側面下部(ドア部分)には「DOHC TURBO RS-X」と書かれています。

 4代目「シルビア」(S12型)は、駆動方式はFR、エンジンは当初1,800ccと2,000ccが用意され、フラッグシップモデルの「ターボRS-X」は、「スカイライン 2000ターボRS」(R30型)と同じ最高出力190馬力(PS)の直列4気筒DOHC「FJ20ET型」ターボエンジンを搭載し、変速機は5速MTとなっているようです。

リアビュー

 NISSAN SILVIA COUPE
 tomica ©TOMY
 NO.6
 S=1/62
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥320円
 サスペンション/ドアー開閉
 発売期間 1984年3月~1989年8月


 2019.11.11現在






シルビア(S13型) SILVIA S13
日産 シルビア(5代目・S13型)

 1989年8月に新発売された「日産 シルビア」(No.6/日本製)のトミカです。

 このトミカの「シルビア」は、1988年5月から1993年10月まで販売された、5代目「シルビア」(S13型)で、若者を中心に約30万台が販売され、当時の人気車種のひとつとなりました。

 キャッチコピーは「アートフォース・シルビア(ART FORCE SILVIA)」で、日産はデートカーとしての位置づけもしていて、外観デザインが女性を惹きつけただけでなく、駆動方式がFRということで、いわゆる「走り屋」にも長く愛された車となりました。

 基本グレードは、トランプを意識した「J's」、「Q's」、「K's」の3種となっていて、エンジンは、発売当初は1,800ccの自然吸気(NA)の「CA18DE型(135PS)」とターボ仕様の「CA18DET型(175PS)」だったのが、1991年のマイナーチェンジ後は2,000ccの「SR20DE型(140PS)」と「SR20DET型(205PS)」に変更されています。

 また、変速機は、4速ATまたは5速MTとなっています。

 「シルビアS13型」の販売終了後は、その後に販売された「S14型」、「S15型」がFRスポーツカーのスピリットを受け継いでいきました。


 NISSAN SILVIA
 1989 NO.6
 S=1/59
 MADE IN JAPAN

 発売期間 1989年8月~2001年6月


 2018.09.10現在



日産 シルビア(S13)
トミカリミテッド0140

 2012年2月25日(土)に発売された「トミカリミテッド0140 日産 シルビア(S13)」です。

 車体側面の後輪前部には、「K's」のロゴマークが描かれ、その下には小さな字で「TWINCAM TURBO INTERCOOLER」と書かれているようです。

リアビュー


 NISSAN SILVIA
 1989 NO.6
 S=1/59
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥840円(税込)
 サスペンション/左右ドア開閉


 2018.09.04現在



日産 S13 シルビア '91 K's

 1998年11月に発売された「グランツーリスモセット」(第1弾/6台セット)のうちの1台となっていた「S13 シルビア '91 K's」のトミカです。

 「グランツーリスモセット」(第1弾)は、PS用ゲームソフト「グランツーリスモ」に登場する車種をオリジナルカラーでトミカとして商品化したもののようで、セットのほかの5台は、ホンダ NSX タイプS、日産 NISMO GT-R LM、ユーノス ロードスター、カストロール スープラ GT、ランサー エボリューションⅣ GSRとなっていたようです。

リアビュー


 NISSAN SILVIA
 1989 NO.6
 S=1/59
 MADE IN CHINA


 2018.10.30現在





日産 シルビア(S13/トミカ博2012)

 2012年に開催された「トミカ博」にて発売されたものと思われる「日産 シルビア(S13)」のトミカ(NO.10/トミカイベントモデル)です。

 車体色は白色で、ボンネット部分には「TOMICA event model」と書かれています。


 NISSAN SILVIA
 1989 NO.6
 S=1/59
 MADE IN VIETNAM


 2018.11.05現在



日産 シルビア(S13/トミカ博2016)

 2016年に開催された「トミカ博」にて発売された「日産 シルビア(S13)」のトミカ(NO.19/トミカイベントモデル)です。

 車体色は青色で、ドア部分には「TOMICA Event Model」と書かれています。

リアビュー


 NISSAN SILVIA
 1989 NO.6
 S=1/59
 MADE IN VIETNAM

 販売価格 ¥600円(税別)


 2018.12.17現在






ガゼール GAZELLE
日産 ガゼール
(西部警察 オープン仕様)

 2001年3月22日に発売された「西部警察 スーパーマシンスペシャル」(6台セット)に入っていた「日産 ガゼール」(オープン仕様)のトミカです。

 このトミカは、石原プロモーション制作のテレビドラマ「西部警察」(1979年10月~1984年10月放送)にて、石原裕次郎氏が演じた西部警察署捜査課長「木暮謙三(こぐれ けんぞう)」警視の愛車「日産 ガゼール」のオープン仕様がモデルとなったものです。

ドアを開けた状態のフロントビュー
 角型4灯式ヘッドライトが特徴的なフロントビューとなっています。
 エンジンフード(ボンネット)部分に描かれているのは、車名の由来となった「カモシカ」の仲間である「ガゼル」をイメージしたグラフィックデカール(ディーラーオプション)なのだそうです。
 また、ナンバープレート部分には、前後ともに「204」と刻印されています。(第1話初登場時の実車のナンバーは「品川 88 い ・・77」)

 実車のベースとなっているのは、シルビアの姉妹車である「S110型・ガゼール」ハードトップの最上級グレード「2000XE-Ⅱ」(5MT・前期型)で、当時のカスタムメーカー「ガレージタルガ」によって改造が施されてオープンカー仕様とされ、自動車電話も装備されて、「西部警察」の第1話「無防備都市~前編~」から登場するそうです。

 また、「西部警察 PART-Ⅱ」(1982年5月~1983年3月放送)および「西部警察 PART-Ⅲ」(1983年4月~1984年10月放送)のオープニング映像では、石原裕次郎氏が演じる木暮課長がドアを開けずにガゼールに飛び乗るシーンがあります。

 なお、「西部警察」に登場する実車は、ほとんどのシーンがオープンの屋根部分が無い状態だったそうですが、登場シーン撮影時以外の通常の移動用にルーフ(幌)が別にあったようで、このトミカでは、屋根部分が黒く塗られてソフトトップ(幌)が装着されているように表現されています。

サイドビュー
 車体側面下部には「GAZELLE」と書かれています。
 また、ソフトトップ(幌)は折りたたんで車体内部に収納する方式ではなく、支柱を車体にさして装着する方式となっているそうです。

 「ガゼール」は、1979年に「日産 シルビア」が3代目「S110型」にフルモデルチェンジしたのと同時に発売が開始された「シルビア」の姉妹車で、このトミカの「ガゼール」は、1979年3月から1983年まで販売された初代「ガゼール」(S110型)になります。

 なお、このトミカは「ガゼール」とされていますが、トミカ本体の底面の刻印は「NISSAN SILVIA」(シルビア)となっています。

 「ガゼール」の構造は「シルビア」と共通なのだそうですが、シルビアに比べてやや上位の位置づけとされ、高級感を演出した外観や内装を特徴としていたそうです。

リアビュー

 「西部警察」に登場する「ガゼール・オープン仕様」のベースとなった「2000XE-Ⅱ」(前期型)は、駆動方式がFR、エンジンは最高出力120馬力(ps)の2L(1,952cc)水冷直列4気筒SOHC「Z20E型」エンジンを搭載し、変速機は5速MTで、日本初採用となるドライブコンピューターを搭載しているそうです。

 なお、「西部警察」にて使用された実車の「ガゼール・オープン仕様車」は、北海道小樽市にあった「石原裕次郎記念館」にて、閉館日の2017年8月31日まで展示されていたそうです。


 GAZELLE
 (※パッケージ表記)

 NISSAN SILVIA
 NO.6
 S=1/61
 MADE IN CHINA

 「西部警察 スーパーマシンスペシャル」
 (6台セット)
 発売時価格 ¥2,700円


 2019.08.05現在







日産 スポーツカータイプ 細分類
その1  スカイライン その2  フェアレディZ その3  シルビア、ガゼール
その4  サニー、パルサーエクサ
 プリメーラ
その5  GT-R その6  MID-4


★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

トヨタ 日産 ホンダ マツダ SUBARU 三菱
スズキ 光岡 トミーカイラ 童夢 外国車
輸入車
フォーミュラカー
レーシングカー


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪