トミカ トラクター・コンバイン等農業機械・林業機械
はたらく車シリーズ 作業用車両・荷役運搬機械類
TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ
建設機械・重機 作業用車両
荷役運搬機械類
トラック・トレーラー バス
軽トラック タクシー
パトカー・警察用車両 消防車・救急車
ライトバン
ワンボックスカー
商用車・移動販売車
航空機・船・電車関連 自衛隊・公共福祉
その他

作業用車両・荷役運搬機械類 細分類
清掃車・バキュームカー
グリットスイーパ
道路維持・清掃・除雪関連 高所作業車 フォークリフト
エレトラック・雪上車
軌陸車等運搬機械類
トラクター・コンバイン等
農業機械・林業機械
JAF・レッカー車 テレビ中継車・衛星通信車
その他

ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ



はたらく車シリーズ

作業用車両・荷役運搬機械類

トラクター・コンバイン等農業機械・林業機械

クボタ トラクター

 1975年3月に発売された「クボタ トラクター」(No.92)のトミカ(日本製/No.92-1)です。

 農機メーカーとして国内首位、世界でも3位を誇る有名な「株式会社クボタ」(本社:大阪府大阪市)は、1890年(明治23年)2月に創業者の久保田権四郎氏により鋳物の製造・販売「大出鋳造所」として創業されたのが始まりで、1947年に耕うん機を開発・商品化し、1960年に国産初の畑作用乗用トラクター「T15」を開発・商品化、1962年には水田用乗用トラクター「L15R」も開発・商品化したのだそうです。

 その後、1969年にコンバインの製造を開始、1971年には業界初の4輪駆動の小型乗用トラクター「ブルトラ」シリーズを発売し、瞬く間に同社のベストセラー商品となったそうです。

フロントビュー

 この「クボタ トラクター」のトミカは、実車の「クボタ Lシリーズ トラクター L2000DT」がモデルとなっているようです。

上部および右サイドビュー
 車体左側にある排気管は可動仕様となっています。

リアビュー

 KUBOTA TRACTOR
 tomica
 NO.92
 S=1/42
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥220円
 発売期間 1975年3月~1980年


 2019.11.26現在



 
アメリカン ファーム トラクター

 1980年10月に発売された「アメリカン ファーム トラクター」(No.F54)のトミカ(日本製/No.F54-2)です。

 車体側面には、「MODEL 80 TOUGH」と書かれています。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

 AMERICAN TRACTOR
 NO.F54
 S=1/74
 JAPAN

 トミカ外国車シリーズ
 AMERICAN FARM TRACTOR


 2019.06.17現在


 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円

 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%
 2019年(令和元年)10月1日 10.0%


 
アメリカン ファーム トラクター
(明治カール おらが村)

 1999年6月に発売された「キャラトミカ Meiji(明治) カール セット おらが村」(4台セット)に入っていた「アメリカン ファーム トラクター」のトミカ(中国製/No.F54-2-7)です。

 車体側面には「カールおじさん」が描かれた円形のシールと「おらが村」と書かれたシールが貼られています。

上部ビュー
 運転席の屋根上には、「Meiji カール」と書かれ、「カールおじさん」と「カール坊や」、「ケロ太」が描かれたシールが貼られています。

 明治製菓株式会社(当時/現在は株式会社明治)の「カール」は、1968年(昭和43年)7月25日に発売・販売が開始され、CMソング「いいもんだな故郷は」と「それにつけてもおやつはカール」のキャッチフレーズでおなじみのテレビCMは、1974年(昭和49年)4月に「おらが春篇」がスタートしています。

 「カール坊や」は、明治製菓の「カールを子供のおやつとして定着させたい」という思いから、1975年のパッケージに初登場したそうです。

 また、「カールおじさん」は、1982年のパッケージから登場し、最初は「カール坊や」の脇役としての存在だったのが、その後人気者となっていったため、CMおよびパッケージにおいて「カール坊や」よりも目立つ主役へとなっていったそうです。

リアビュー

 なお、「キャラトミカ Meiji(明治) カール セット おらが村」(4台セット)に入っていた他の3台は、フォード キャトル トラック、ダイハツ ミゼット、いすゞ ボンネットバスとなっています。


 AMERICAN TRACTOR
 tomica ©TOMY
 NO.F54
 S=1/74
 MADE IN CHINA

 「キャラトミカ Meiji(明治)
  カール セット おらが村」(4台セット)
 発売時価格 ¥1,440円(税別)


 2020.01.23現在



 


ヤンマートラクター
エコトラEG300シリーズ

 2010年8月21日(土)に発売された「ヤンマートラクター エコトラEG300シリーズ」(No.52)のトミカです。

 「ヤンマートラクター エコトラEG300シリーズ」は、2010年6月から販売が開始されたトラクターで、搭載エンジンは26馬力~34馬力で計8型式となっていたようです。

 「高効率」、「快適作業性」、「信頼性・耐久性」、「環境対応」を高次元で融合させた最先端トラクター「エコトラ」で、排ガス規制に対応したパワフルな「TNV直噴エコディーゼルエンジン」を搭載しているそうです。

 価格は¥4,284千円~5,208千円(メーカー希望小売価格・消費税込み)で、国内トラクター販売台数の半数以上を占める、20~40馬力クラスのトラクター所有の農家の方達を主要な対象市場として発売されたようです。

リアビュー

 YANMAR TRACTOR EcoTra EG300 Series
 2010 NO.52
 S=1/49
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥360円(税別)
 ロータリー回転


 2018.09.26現在



 
ヤンマー コンセプトトラクター YT01

 2014年5月3日から「ヤンマーミュージアム」館内(滋賀県長浜市)の「ヤンマーミュージアムショップ」にて限定販売された「ヤンマー コンセプトトラクター YT01」のトミカです。

 「ヤンマー コンセプトトラクター YT01」は、日本人で初めてフェラーリをデザインした工業デザイナー・カーデザイナーの奥山清行氏が、コンセプトモデルとしてデザインしたコンセプトトラクターで、特にフロント部分にこだわってデザインされたのだそうです。

フロントビュー

 この「YT01」をベースとして、量産型のハイエンドモデルの「YT5113」が、2015年5月から販売が開始されています。

サイドビュー

リアビュー

パッケージ

 YT01
 Y-CONCEPT
 YT01 ADVANCED TRACTOR
 (※パッケージ表記)

 YANMAR YT01
 ©TOMY
 S=1/49
 MADE IN CHINA

 販売価格 ¥600円(税別)


 2019.04.25現在



 
ヤンマー トラクター YT5113

 2015年6月20日に発売された「ヤンマー トラクター YT5113」(No.83)のトミカです。

 「ヤンマー トラクター YT5113」は、工業デザイナー・カーデザイナーの奥山清行氏がデザインしたコンセプトトラクター「YT01」がベースとなっているのだそうです。

 実車の「YT5113」は、コンセプトトラクター「YT01」の量産型のハイエンドモデルとして2015年5月から販売が開始され、メーカー希望小売価格は、仕様により異なり、9,775千円~11,795千円(税別)となっていたようです。

リアビュー

 YANMAR TRACTOR YT5113
 2015 NO.83
 S=1/76
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)


 2018.11.14現在



 


ヤンマー コンバイン AJ218

 2009年3月に発売された「ヤンマー コンバイン AJ218」(No.66)のトミカです。

  この「ヤンマー コンバイン AJ218」は、軽量コンパクトでありながら、操(操作性・走行性)・高(高精度・高能率)・守(メンテナンス性・安全性)の3要素を高次元で均衡させ、さらにユニバーサルデザインの思想を織り込んだ「アスリート ジャスティシリーズ」(AJ)として、2007年1月から販売が開始されたコンバインとなっているようです。

 「AJ218」の刈幅は795mm、刈取条数は2条で、エンジンは出力18.5馬力(PS)の、排ガス規制に対応した環境にやさしいハイパワーディーゼルエンジン(854cc)を搭載しているそうです

 刈取り部上下可動、オーガ(排出装置)中折れ仕様となっています。

 「AJ218」の穀粒処理方式は「グレンタンク・オーガ排出」で、タンク容量は410リットル(約8袋)となっているようです。

 また、LE仕様は「中折れ式電動ロングオーガ」を装備していて、約3.2mのロングオーガにより広い範囲での排出を実現し、格納やシート掛け時には電動で折りたたむ中折れ操作が行えるそうです。

右サイドビュー

リアビュー

 YANMAR COMBINE AJ218
 (※パッケージ表記)

 YANMAR AJ218
 2008 NO.66
 S=1/47
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥360円(税別)
 刈取り部上下可動/オーガ中折れ


 2018.11.27現在



 
ヤンマー コンバイン YH590

 2015年10月17日に発売された「ヤンマー コンバイン YH590」(No.28)のトミカです。

 刈取り部は、上下可動仕様となっています。

 この「ヤンマー コンバイン YH590」も、工業デザイナーの奥山清行氏がデザインを担当されたそうで、「YH590」は刈取条数が5条刈りで、最大出力98馬力(PS)となっているようです。

 燃料はディーゼル軽油を使用し、燃料タンク容量は90リットルで、満タンで約1日連続作業ができるようです。

リアビュー

 YANMAR COMBINE YH590
 2015 NO.28
 S=1/71
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)


 2018.10.09現在



 
ジョンディア コンバイン 9670STS

 2013年3月に発売された「ジョンディア コンバイン 9670STS」(No.28)のトミカです。

  このトミカの「ジョンディア コンバイン 9670STS」は、アメリカ合衆国イリノイ州に本社を置く農業機械および建設機械メーカー「ディア・アンド・カンパニー」(Deere & Company/1837年設立)の、創業者「ジョン・ディア」の名前を冠したブランド「ジョン・ディア(JOHN DEERE)」のコンバインで、トウモロコシなどの収穫に活躍するそうです。

 ロータリー部分は回転および上下可動、オーガ(排出装置)可動となっています。

 「ディア・アンド・カンパニー」(Deere & Company)は、世界最大の農業機械メーカーで、ブランドの「ジョン・ディア」は、緑色の機体色に黄色のホイールと鹿(シカ)のエンブレムがブランドアイコンとなっていて、ヤンマーが「ジョン・ディア」の農業機械を輸入し、日本国内で販売しているそうです。

サイドビュー
 車体側面には、トミカでは小さい字ですが、「9670 STS」、「JOHN DEERE」と書かれています。

 「ジョンディア コンバイン 9670STS」は、305馬力の6気筒エンジンを搭載し、機種名の「STS」は、「Single-Tine Separation」システムの略で、STSシステムはロータリーコンバイン技術の進歩を示すもので、より少ない馬力で、収穫作業の効率を改善するシステムとなっているようです。

リアビュー
 車体後部には、「ジョン・ディア」のブランドアイコンとなっている「鹿」のエンブレムが描かれています。


 John Deere 9670 STS
 2012 NO.28
 S=1/174
 MADE IN VIETNAM

 発売時価格 ¥360円(税別)
 ロータリー回転/上下/オーガ可動


 2019.06.17現在



 


コマツ ハーベスタ 931XC

 2019年12月21日(土)に発売された「コマツ ハーベスタ 931XC」(No.136/ロングタイプ)のトミカ(ベトナム製)です。

 パッケージの説明によると、「ハーベスタ」とは収穫や伐採を行う機械の総称で、「コマツ ハーベスタ 931XC」は、立木をつかんで内蔵されたチェーンソーで切り倒し、枝を払い、長さを計測して丸太にするまでの一連の作業を1台でこなすことができる高性能林業機械なのだそうです。

 また、「コマツ ハーベスタ 931XC」は8輪車両となっていて、地面の損傷を抑え、高い地上接地圧と安定性を備えていて、オペレータの快適性も確保し、急な斜面の地形における操縦性も優れているそうです。

フロントビュー

右サイドビュー

リアビュー

 このトミカには、トミカ本体のアーム先端に木材をつかませて遊べる木材パーツが3個付属しています。

 トミカ本体は左右可動、アーム可動、運転台回転仕様となっています。
 また、木材パーツはアーム先端部につかませたり外したり脱着することができ、木材パーツ同士をつなげることも可能です。

 購入時のパッケージには、自分でトミカに貼る「KOMATSU」(ブーム部分)や「931XC」(車体後部側面)と書かれたシール、灯火類部分に貼るシールが同梱されています。(上の写真はシールを貼る前)

 KOMATSU HARVESTER 931XC
 TOMICA
 2019 ©TOMY
 NO.136
 S=1/96
 MADE IN VIETNAM

 本体左右可動/アーム可動/
 運転台回転/木材脱着
 販売価格 ¥900円(税別)


 2020.02.04現在



 




作業用車両・荷役運搬機械類 細分類
清掃車・バキュームカー
グリットスイーパ
道路維持・清掃・除雪関連 高所作業車 フォークリフト
エレトラック・雪上車
軌陸車等運搬機械類
トラクター・コンバイン等
農業機械・林業機械
JAF・レッカー車 テレビ中継車・衛星通信車
その他

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

建設機械・重機 作業用車両
荷役運搬機械類
トラック・トレーラー バス
タクシー パトカー・警察用車両 消防車・救急車 商用車・移動販売車
軽トラック ライトバン
ワンボックスカー
航空機・船・電車関連 自衛隊・公共福祉
その他


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪