トミカ トヨタ その2
MR2、S-FR
スポーツカータイプ  TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

トヨタ スポーツカータイプ 細分類
その1  2000GT、86 ハチロク
 EX7
その2  MR2、S-FR その3  カローラレビン
 スプリンタートレノ
その4  スープラ、GRヤリス その5  セリカ、セリカ XX その6  ソアラ、レクサス

ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ


スポーツカータイプ ※スポーツセダン、スペシャルティカーを含む

トヨタ TOYOTA

MR2
トヨタ MR2(プロトタイプ・SV-3)

 1984年6月に発売された「トヨタ MR2(プロトタイプ・SV-3)」(No.24)のトミカ(日本製/No.24-4-1)です。

 このトミカの「MR2」は、初代「MR2」(AW10・AW11型)の、1983年の東京モーターショーで発表された「試作車SV-3」がベースとなっているようで、トミカの車体底面の刻印には「SV-3」と表示されています。

ドアを開けた状態
 ナンバープレート部分には、前後ともに「1656」と刻印されています。

上部およびサイドビュー

リアビュー

 TOYOTA SV-3
 NO.24
 S=1/56
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥320円
 ドアー開閉
 発売期間 1984年6月~1995年5月


 2019.07.17現在



トヨタ MR2(プロトタイプ)

 1984年6月に発売された「トヨタ MR2(プロトタイプ・SV-3)」(No.24)のバリエーションの1つとなっているトミカ(日本製/No.24-4-3)です。

 写真のトミカは、車体色がクリーム色と赤色が基調となっていて、フロントのトランクリッド部分とドア部分に「TOYOTA MR2」と書かれているのが特徴です。

ドアを開けた状態
 ナンバープレート部分には、前後ともに「1656」と刻印されています。

右サイドビュー

リアビュー

 MR2 (PROTOTYPE)
 (※パッケージ表記)

 TOYOTA SV-3
 tomica ©TOMY
 NO.24
 S=1/56
 MADE IN JAPAN

 ドアー開閉
 発売期間 1984年6月~1995年5月


 2020.03.30現在



トヨタ MR2(プロトタイプ・SV-3)

 1984年6月に発売された「トヨタ MR2(プロトタイプ・SV-3)」(No.24)のトミカ(日本製/No24-4-7または9)です。

 1984年6月から1995年5月まで発売された「トヨタ MR2(プロトタイプ)」のトミカの、数あるバージョンのうちの1つとなっています。

 「MR2」は、トヨタ自動車が1984年6月から1999年まで製造・販売した、日本の自動車メーカーで初の市販ミッドシップ車となっているそうです。

 このトミカの「MR2」は、「プロトタイプ」ということで、1984年6月から1989年10月まで販売された初代「MR2」(AW10・AW11型)の、1983年の東京モーターショーで発表された「試作車SV-3」と同じく、ルーフのウィンドウを取り外せばオープンカータイプとなる「Tバールーフ」仕様となっています。

 車名の「MR2」の由来は、「MR(Midship Runabout/ミッドシップ・ラナバウト=小型ミッドシップカー)」の「2シーター」となっているようです。

 初代「MR2」の駆動方式はMRで、後期型「G」および「G-Limited」の搭載するエンジンは最高出力145馬力(PS)を発生する1.6L 直列4気筒でスーパーチャージャー装着の「4A-GZE型」エンジンを搭載し、トランスミッションは4速ATまたは5速MTとなっているようです。


 TOYOTA SV-3
 NO.24
 S=1/56
 MADE IN JAPAN

 発売期間 1984年6月~1995年5月


 2019.01.07現在



 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円

 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%
 2019年(令和元年)10月1日 10.0%




トヨタ MR2(プロトタイプ)

 1984年6月に発売された「トヨタ MR2(プロトタイプ)」(No.24)のトミカ(日本製/No.24-4-17・1Hホイール)です。


 TOYOTA MR-2
 NO.24
 S=1/56
 MADE IN JAPAN


 2018.10.15現在



トヨタ MR2
(トミカイベントモデル)

 「2017 トミカ博 in 横浜」にて販売されたイベント記念商品で、車体ドア部には、「TOMICA EVENT MODEL」(トミカイベントモデル)と書かれています。


 Toyota MR2
 2016
 S=1/59
 MADE IN VIETNAM

 販売価格 ¥600円(税別)


 2017.09.21現在






S-FR
トヨタ S-FR

 2016年4月に発売された「トミカプレミアム No.14」の「トヨタ S-FR」です。

 このトミカプレミアムの「トヨタ S-FR」は、2015年に開催された第44回東京モーターショー(TMS/10月29日~11月8日)にて、トヨタ自動車が世界初出展したコンセプトカーがモデルとなっています。

 車名の「S-FR」は、「S」が「Small」を意味し、「FR」は駆動方式のFR(フロントエンジン・リアドライブ/後輪駆動)を意味しているようで、クルマを運転する楽しさを教えてくれるエントリーモデルの新世代ライトウェイトスポーツコンセプトとして出展されたそうです。

ドアを開けた状態
 「S-FR」は、乗車定員は4人で、軽快なドライビングを実現するために、6速MTとなっているようです。

 この「トヨタ S-FR」は、現在のところ、今後の予定についてトヨタから公式発表は無いようです。

サイドビュー
 ロングノーズとワイドスタンスはスポーツカーとしての骨格が追求されたもので、愛着のわく丸みを帯びたスタイルは親しみやすさを表現しているそうです。

 なお、第44回東京モーターショーの会場では、出展された実車の黄色の「S-FR」をモデルにした「トミカプレミアム S-FR 第44回東京モーターショー2015 開催記念」が会場限定で販売(1,080円税込)されていて、その後、2016年4月にこのページにて紹介している、車体色が白色の通常版の「トミカプレミアム S-FR」が発売されたという経緯があります。

 また、第44回東京モーターショーの会場では、「ニッサン IDSコンセプト」のトミカプレミアムも同時に販売(1,080円税込)されたようです。

リアビュー
 ナンバープレート部分には「TOYOTA S-FR」と書かれています。

パッケージ

 TOYOTA S-FR
 TOMICA ©TOMY
 2015
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥900円(税別)
 サスペンション/左右ドア開閉
 SCALE 1/60(※パッケージ表記)


 2019.09.10現在







トヨタ スポーツカータイプ 細分類
その1  2000GT、86 ハチロク
 EX7
その2  MR2、S-FR その3  カローラレビン
 スプリンタートレノ
その4  スープラ、GRヤリス その5  セリカ、セリカ XX その6  ソアラ、レクサス


★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

トヨタ 日産 ホンダ マツダ SUBARU 三菱
スズキ 光岡 トミーカイラ 童夢 外国車
輸入車
フォーミュラカー
レーシングカー


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪


広 告