トミカ マツダ
普通自動車・軽自動車・ジープタイプ  TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ


普通自動車・軽自動車・ジープタイプ

マツダ MAZDA

CX-5
マツダ CX-5(初代・KE系)

 2012年12月15日(土)に発売された「マツダ CX-5」(No.82)のトミカです。

 このトミカの「CX-5」は、2012年2月から2016年12月まで販売された、初代「マツダ CX-5」(KE系)になります。


 MAZDA CX-5
 2012 NO.82
 S=1/66
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥360円→450円(税別)
 初回特別カラー 青色系
 サスペンション/後部ドア開閉

 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円

 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%
 2019年(令和元年)10月1日 10.0%


 2018.09.11現在



 
マツダ CX-5(2代目・KF系)

 2018年1月20日に発売された「マツダ CX-5」(No.24)のトミカです。

 このトミカの「CX-5」は、2017年2月から販売が開始(予約受付は2016年12月開始)された、2代目「マツダ CX-5」(KF系)になります。

リアビュー

 MAZDA CX-5
 2017 NO.24
 S=1/66
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 サスペンション/後部ドア開閉
 初回特別仕様 白色系/サンルーフ仕様


 2018.11.26現在


 
マツダ CX-5(東京モーターショー2019)

 2019年10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトにて開催された「第46回東京モーターショー2019」の会場で販売されていた「2019 東京モーターショー開催記念」の「No.6 マツダ CX-5」のトミカです。

 車体側面には、ショーテーマの「OPEN FUTURE」が書き添えられたテーマロゴが描かれ、「TOKYO MOTOR SHOW 2019」と書かれています。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

後部ドアは開閉仕様となっています。

パッケージ

 MAZDA CX-5
 TOMICA ©TOMY
 2017 NO.24
 S=1/66
 MADE IN VIETNAM

 販売価格 ¥770円(税込)


 2019.11.05現在


 


MPV アクセラ AXELA
マツダ MPV(3代目)

 2006年11月に発売された「マツダ MPV」(No.88)のトミカです。

 「MPV」は、マツダが1988年から2016年(日本国内向けは1990年から2016年)まで販売していた、5ドアミニバンタイプの普通乗用車です。

 車名の「MPV」は、「Multi Purpose Vehicle」の略で、ミニバンの同義語なのだそうです。

 このトミカの「MPV」は、2006年2月から2016年3月まで販売された、3代目「MPV」(LY系)になります。


 MAZDA MPV
 2006 NO.88
 S=1/65
 MADE IN VIETNAM

 発売時価格 ¥360円(税別)
 サスペンション/後部ドア開閉


 2018.09.25現在


 
マツダ アクセラスポーツ(2代目・BL系)

 2010年2月20日(土)に発売された「マツダ アクセラスポーツ」(No.62)のトミカです。

 「アクセラ」は、マツダが2003年10月から販売を開始した、ファミリアの事実上の後継車です。

 このトミカの「アクセラスポーツ」は、2009年6月から2013年11月まで販売された2代目「アクセラスポーツ」(BL系)になります。


 MAZDA AXELA Sport
 2009 NO.62
 S=1/61
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥360円(税別)
 サスペンション/後部ドア開閉


 2018.09.11現在


 


アテンザ ATENZA
マツダ アテンザ(初代 GG/GY系)

 2002年10月に発売された「マツダ アテンザ」(No.16)のトミカです。

 このトミカの「アテンザ」は、2002年5月から2008年まで販売された、初代「アテンザ」(GG/GY系)になります。

 「アテンザ」は、「カペラ」の事実上の後継車として発売され、日本国外向けの車名は「Mazda6(マツダ6)」なのだそうです。


 MAZDA ATENZA
 2002 NO.16
 S=1/62
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥360円(税別)
 サスペンション/後部ドア開閉
 発売期間 2002年10月~2007年11月


 2019.02.25現在


 
マツダ アテンザ(3代目 GJ系)

 2013年10月19日(土)に発売された「マツダ アテンザ」(No.62)のトミカです。

 このトミカは、2012年11月から販売が開始された「マツダ」の3代目「アテンザ」(GJ系)で、3代目「アテンザ」は2013年度「ワールドカーデザインオブザイヤー」でベスト3を受賞したのだそうです。


 Mazda Atenza
 2013 NO.62
 S=1/66
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥360円→450円(税別)
 サスペンション/左右ドア開閉


 2018.05.29現在


 


デミオ DEMIO ファミリア FAMILIA
マツダ デミオ(2代目)

 2004年6月に発売された「マツダ デミオ」(No.86)のトミカです。

 この「デミオ」のトミカは、2002年8月から2007年まで販売された「デミオ」2代目の「DY系」になります。

 写真のトミカは、実車では布張りのルーフが開閉するキャンバストップモデルとなっています。


 MAZDA DEMIO
 2004 NO.86
 S=1/59
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥360円(税別)
 サスペンション/後部ドア開閉
 発売期間 2004年6月~2008年4月


 2018.02.19現在


 
マツダ デミオ(3代目)

 2008年4月に発売された「マツダ デミオ」(No.86)のトミカです。

 この「デミオ」のトミカは、2007年7月から2014年9月まで販売された「デミオ」3代目の「DE系」になります。


 MAZDA DEMIO
 2008 NO.86
 S=1/60
 MADE IN VIETNAM

 発売時価格 ¥360円(税別)
 サスペンション/後部ドア開閉


 2018.09.11現在


 
マツダ ファミリア 1500XG

 1981年5月に発売された「マツダ ファミリア 1500XG」(No.4)のトミカ(日本製)です。

 このトミカの「ファミリア 1500XG」は、マツダが1980年6月から1985年2月まで販売した5代目「ファミリア」(BD型)で、ボディタイプが3ドアハッチバックの「1500XG」になります。

 「1500XG」は、最高出力85馬力(ps)の1,500cc 直列4気筒SOHCエンジンを搭載していたそうです。

ドアを開けた状態
 トミカはサンルーフ仕様となっています。
 また、フロントのナンバープレート部分には「11・19」と刻印されています。

 5代目「ファミリア」は、4代目までの駆動方式がFRだったのが、当時の世界の小型車の趨勢となっていたFF(前輪駆動)に変更され、その他「SSサスペンション」などのさまざまな新機軸と、角型でウェッジシェイプのボディデザインが好評となり、月間販売ランキングで1982年に計3回、1983年に計5回、ランキング1位となり、また、1980年(昭和55年)に始まった「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の栄えある第1回受賞車にも選ばれたそうです。

 後に、アメリカで「もっとも意味深い新車賞」、オーストラリアではホイールズ誌「カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、モータースポーツにおいては「WRCモンテカルロ・ラリー」でクラス優勝を果たしたのだそうです。

サイドビュー
 車体側面下部には「SPORTS!」と書かれています。

 5代目「ファミリア」で特に人気が高かったのが、赤色のボディカラーで電動サンルーフを標準装備した「赤のXG」だったそうで、1983年6月には、ファミリア初のターボエンジン搭載車(115ps)が発売されているようです。

リアビュー
 ナンバープレート部分には「11・19」と刻印されています。

 MAZDA FAMILIA 1500XG
 NO.4
 S=1/59
 MADE IN JAPAN

 サスペンション/ドア開閉
 発売期間 1981年5月~1985年5月


 2019.07.08現在



 


ボンゴ フレンディ BONGO FRIENDEE
マツダ ボンゴ フレンディ

 1996年5月に発売された「マツダ ボンゴ フレンディ」(No.23)のトミカです。

 「ボンゴ フレンディ」は、マツダが1995年6月から販売を開始し、2005年12月まで生産していたミニバンで、本車の最大の特徴は、ルーフ部分が電動で持ち上がる「オートフリートップ(AFT/Auto Free Top)が採用されていたことなのだそうです。

 「オートフリートップ」を展開すると、キャンピングカーのポップアップ式テント同様に新たな「部屋」が出現し、広さは大人2人が寝られるぐらいで、床はクッション敷き、テントの窓には虫除け網も備わっていたそうです。

 ルーフ部分を上下に開閉可能で、「オートフリートップ」が再現できるようになっています。

 車体側面には「FRIENDEE」(ロゴ)と書かれています。

 MAZDA BONGO FRIENDEE
 1995 NO.23
 S=1/64
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥360円(税別)
 オートフリートップ開閉
 発売期間 1996年5月~2002年9月


 2018.09.20現在


 
マツダ ボンゴ フレンディ

 2002年6月に発売された「ハンディ立体マップ 山へドライブ」に付属していたオリジナルトミカの「マツダ ボンゴ フレンディ」(白色)のトミカです。

「オートフリートップ」は開閉仕様です。

リアビュー

 MAZDA BONGO FRIENDEE
 1995 NO.23
 S=1/64
 MADE IN CHINA

 「ハンディ立体マップ」販売価格
  ¥1,500円(税別)


 2018.11.15現在


 




★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ

トヨタ 日産 ホンダ マツダ SUBARU 三菱
スズキ ダイハツ 光岡 いすゞ 国産車その他
オートバイ
外国車
輸入車


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪