トミカ GM ゼネラルモーターズ
スポーツカータイプ  TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ


スポーツカータイプ ※スポーツセダン、スペシャルティカーを含む

GM  ゼネラルモーターズ

シボレー コルベット スティングレイ

 1977年7月に発売された「シボレー コルベット スティングレイ」(No.F21/外国車シリーズ・アメリカ車)のトミカ(日本製/No.F21-1-1)です。

 アメリカの自動車メーカー「ゼネラルモーターズ(GM)」のスポーツカーブランドとして有名な「シボレー コルベット」で、このトミカの「シボレー コルベット スティングレイ」は、1968年から1982年まで販売された、3代目「シボレー・コルベット」(C3型)になります。

ドアを開けた状態のフロントビュー
 ボディデザインにマッチしたリトラクタブルライト(格納式前照灯)が「シボレー コルベット」のスタイリングを一層惹き立てます。
 トミカのナンバープレート部分には、前後ともに「GM」と刻印されています。

 ボディデザインは、GMのスタイリングとデザインを担当していたビル・ミッチェル氏の指揮下で、日系アメリカ人のラリー・シノダ氏がデザインし、1965年4月に開催された「ニューヨーク国際オートショー」にて公開されたコンセプトカー「マコ・シャーク Ⅱ(Mako Shark Ⅱ/XP-830)」(mako sharkは日本語でアオザメ)が原型となっているそうです。

サイドビュー
 大きく膨らんだデザインの前後のフェンダーと、くびれたようなボディ形状がコーラの瓶を連想させたことから「コークボトル」の愛称が付けられたそうです。

 3代目「シボレー・コルベット」(C3型)は、駆動方式がFRで、発売当初のエンジンは、ビッグブロックユニットと呼ばれる最高出力390馬力の7L V型8気筒OHVエンジン、または標準エンジンのスモールブロックユニットと呼ばれる最高出力300馬力の5.4L V型8気筒OHVエンジンを搭載し、変速機は3速MT・4速MT/3速ATが用意されたようです。

 なお、搭載するエンジンについては、販売期間中に排気量の拡大や出力向上あるいは追加が行われ、またその逆に、1971年のマスキー法(アメリカの大気浄化法改正法)の施行などの当時の排ガス規制強化に対応するために、エンジン出力のダウンあるいは一部エンジンの廃止が行われるなど、エンジン仕様の変更および整理・廃止がたびたび行われているようです。

リアビュー
 トミカのモデルは、リアガラスが垂直になっている1978年のマイナーチェンジ前の仕様です。
 1978年のマイナーチェンジにより、リアガラスはルーフ後端からボディ後端側付近までを覆う湾曲したタイプに変更されたそうです。

 CHEVROLET CORVETTE
 ©1977 NO.F21
 S=1/64
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥240円


 2019.08.08現在


ポンティアック
ファイアーバード トランザム
(No.F42)

 1978年2月に発売された「ポンティアック ファイアーバード トランザム」(No.F42/外国車シリーズ・アメリカ車)のトミカ(日本製/No.F42-1-5)です。

 「トランザム」(Trans Am)は、アメリカの自動車メーカー「ゼネラルモーターズ(GM)」が「ポンティアック」ブランドで1969年から2002年まで生産・販売していたポニーカー(日本におけるスペシャルティカーにあたる車種)「ポンティアック・ファイヤーバード」の最上級グレード車なのだそうです。

 「ポンティアック・ファイヤーバード」は、シボレー・カマロの姉妹車となっていて、グレード名「トランザム」は、「SCCA(Sports Car Club of America)」による市販車ベースのレース「トランスアメリカン セダンチャンピオンシップ(Trans-American Sedan Championship)」に由来しているそうです。

フロントビュー

 このトミカの「ポンティアック ファイアーバード トランザム」は、第2世代(1970年~1981年)にあたるモデルで、1977年に登場したフロント部分が4灯式に変更された、日本国内において通称「イーグルマスク」と呼ばれるモデルとなっています。

 また、実車のトランザムは、年式によってはオプションで「火の鳥」を模した大きなボンネット用のデカールが注文できたそうで、写真のトミカは、そのようなデザインのシールがボンネット上に貼られています。

サイドビュー
 ホイールは「1HGoホイール」(金色)となっています。

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「TF 42」と刻印されています。

 PONTIAC FIREBIRD TRANS AM
 tomica
 ©1978 TOMY
 NO.F42
 S=1/68
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥240円
 (サスペンション/左右ドア開閉)


 2019.12.18現在


ポンティアック
ファイアーバード トランザム
(No.F13)

 1983年7月に発売された「ポンティアック ファイアーバード トランザム」(No.F13/外国車シリーズ・アメリカ車)のトミカ(日本製/No.F13-2-1)です。

 写真のトミカは車体色が黒色のモデルで、この「No.F13」のトランザムのトミカは、車体色やボンネット上の「火の鳥」のデザインが異なるバリエーションが何種類か存在します。

ドアを開けた状態

上部およびサイドビュー
 ボンネット上には、金色で「火の鳥」のデザインが描かれています。
 また、ホイールは「1HGoホイール」(金色)となっています。

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「TF 42」と刻印されています。

 PONTIAC FIREBIRD TRANS AM
 tomica
 ©1978 TOMY
 NO.F13
 S=1/68
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥320円
 (サスペンション/左右ドア開閉)
 発売期間 1983年7月~1988年


 2020.06.17現在




シボレー コルベット Z06

 2013年2月16日(土)に発売された「シボレー コルベット Z06」(No.5)のトミカ(通常カラー)です。

 アメリカの自動車メーカー「ゼネラルモーターズ(GM)」のスポーツカーブランドとして有名な「シボレー コルベット」で、この「Z06」は、コルベットの6代目となるようです。


 CHEVROLET CORVETTE Z06
 2012 NO.5
 S=1/64
 2010 Corvette used under license
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥360円→450円(税別)
 サスペンション/左右ドア開閉


 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円


 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%
 2019年(令和元年)10月1日 10.0%


 2017.11.01現在



シボレー コルベット Z06
(初回特別カラー)

 2013年2月16日(土)に発売された「シボレー コルベット Z06」(No.5)の初回特別カラーのトミカです。

 車体色が赤色系となっています。

リアビュー

 CHEVROLET CORVETTE Z06
 2012 NO.5
 S=1/64
 2010 Corvette used under license
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 サスペンション/左右ドア開閉


 2018.11.15現在





シボレー コルベット ZR1

 2019年1月19日(土)に発売された「シボレー コルベット ZR1」(No.31)のトミカ(通常版)です。

 アメリカの自動車メーカー「ゼネラルモーターズ(GM)」のスポーツカーブランドとして有名な「シボレー コルベット」で、このトミカの「ZR1」は、7代目「シボレー・コルベット」(スティングレイ/C7型・2014年~)にあたり、2018年に登場した最強モデルの「ZR1」になります。

 この「シボレー コルベット ZR1」の通常版のトミカは、2ドアクーペタイプで、北米での実車の価格は約1,350万円になるようです。

サイドビュー

 2018年に登場した最強モデルとなる「ZR1」は、搭載する6.2L V型8気筒スーパーチャージャー付き「LT5型」OHVエンジンの最高出力が755馬力(PS)まで高められ、最高速度は約338km/h(コンバーチブル仕様は約322km/h)に達するそうです。

リアビュー

 「ZR1」の駆動方式はFR、トランスミッションは7速MTまたはパドルシフト付き8速ATとなっているようで、コンバーチブル仕様車は約48km/h以下であれば走行中でもトップの開閉が可能となっているそうです。

ドアを開けた状態のフロントビュー

 CHEVROLET CORVETTE ZR1
 GM TM
 2018 NO.31
 S=1/64
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 初回特別仕様 2ドアオープン コンバーチブル仕様
 サスペンション


 2019.02.18現在


シボレー コルベット ZR1
(初回特別仕様)

 2019年1月19日(土)に発売された「シボレー コルベット ZR1」(No.31/初回特別仕様)のトミカです。

 この「シボレー コルベット ZR1」の初回特別仕様のトミカは、2ドアオープンカータイプの「コルベット ZR1 コンバーチブル仕様」で、北米での実車の価格は約1,400万円になるようです。

サイドビュー

リアビュー

 CHEVROLET CORVETTE ZR1
 GM TM
 2018 NO.31
 S=1/64
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 初回特別仕様 2ドアオープン コンバーチブル仕様
 サスペンション


 2019.01.21現在




シボレー カマロ
(5代目)

 2011年12月17日(土)に発売された「シボレー カマロ」(No.19)のトミカです。

 このトミカの「シボレー カマロ」は、アメリカの自動車メーカー「ゼネラルモーターズ(GM)」が2009年から2015年まで販売した5代目「シボレー・カマロ」になります。

ドアを開けた状態

 5代目「シボレー カマロ」は、駆動方式がFR、エンジンは3.6L V型6気筒DOHCまたは6.2L V型8気筒OHVが搭載され、変速機は6速ATまたは6速MTとなっているようです。

サイドビュー

 日本国内では、GM・アジア・パシフィック・ジャパンが2009年12月5日から販売を開始し、導入されたのは、最高出力308馬力(ps)の3.6L V型6気筒DOHC「LLT」エンジンを搭載した「LT RS」と、最高出力405馬力(ps)の6.2L V型8気筒OHV「L99」エンジンを搭載した「SS RS」の2つのモデルで、変速機はともに6速ATとなっているようです。

リアビュー

 日本で発売された2つのモデルは左ハンドル車で、日本仕様独自のターンシグナルランプ内蔵ドアミラーとリアターンシグナルランプが装備され、日本における実車の販売価格(標準価格)は、「LT RS」が¥430万円、「SS RS」が¥535万円となっていたようです。


 CHEVROLET CAMARO
 2010 Camaro Used Under License
 TOMICA
 ©TOMY
 2011 NO.19
 S=1/65
 MADE IN VIETNAM

 発売時価格 ¥360円(税別)
 サスペンション/左右ドア開閉


 2019.09.04現在


シボレー カマロ
(6代目・ZL1・通常カラー)

 2017年12月16日に発売された「シボレー カマロ」(No.40)のトミカです。

 このトミカは、アメリカの自動車メーカー「ゼネラルモーターズ(GM)」が生産・販売している2ドアハードトップ・クーペおよびオープンカー「シボレー・カマロ」の、2015年から販売が開始された6代目「シボレー・カマロ」の「ZL1」型になります。

 「シボレー・カマロ ZL1」は、「シボレー・コルベット Z06」と同じエンジンの、659馬力(PS)を発生する6.2L スーパーチャージャー付きV8 LT4エンジンを搭載し、トランスミッションは6速MTまたは10速ATで、価格は約700万円(アメリカ国内)となっていたようです。

 「シボレー・カマロ ZL1」(2017)の最高速度は205mph(マイル毎時/時速約330km/h)で、2017年にドイツのサーキット「ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ」(1927年に作られた古い20.832kmの北コース)でのラップタイムは7分16秒4だったのだそうです。

 なお、この「シボレー カマロ」のトミカの初回特別仕様は、外観が少し異なる「SS」型(6.2リッターLT1 V8エンジンで461馬力[PS])で、車体色が赤色となっていたようです。


 CHEVROLET CAMARO
 TM GM
 2017 NO.40 S=1/66
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 初回特別仕様 「SS」型・赤色系


 2018.05.28現在





★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

BMW アウディ アストン
マーティン
クライスラー シトロエン ジャガー スパイカー
・カーズ
GM
ゼネラルモーターズ
ダイムラー
メルセデスベンツ
デ・トマソ パンサー・
ウェストウインズ
フィアット フェラーリ フォード ブガッティ ポルシェ
マクラーレン マセラティ モーガン ランチア ランボルギーニ ルノー ロータス 国産車
日本車


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪


広 告