トミカ ロータス
スポーツカータイプ  TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ


スポーツカータイプ ※スポーツセダン、スペシャルティカーを含む

ロータス  LOTUS

ロータス ヨーロッパ スペシャル
(トミカイベントモデル)

 2009年に開催されたトミカ博にて販売された「トミカイベントモデル NO.25」の「ロータス ヨーロッパ スペシャル」のトミカ(ベトナム製/No.F25-1)です。

 「ロータス ヨーロッパ」は、イギリスのスポーツカーメーカー「ロータス」が、1966年から1975年まで製造していたスポーツカーで、「ロータス」としては初のミッドシップにエンジンを搭載したロードカーとなっていて、合計9,230台が販売されたそうです。

フロントビュー
 ナンバープレート部分には「LOTUS」と刻印されています。

 このトミカのモデル「ロータス ヨーロッパ スペシャル」は、1972年に登場した「ロータス ヨーロッパ」の最終型となっているようです。

 「ロータス ヨーロッパ スペシャル」は、ツインカムエンジンをよりチューンした通称「ビッグバルブ」と呼ばれるものに変更され、吸気向上のためにインテークバルブが大型化されて、圧縮比も高められ、最高出力は126馬力となったそうです。

サイドビュー
 車体側面下部には「Tomica Event Model」と書かれています。

リアビュー

 車体後部のエンジンフードは開閉仕様となっています。

 LOTUS EUROPA SPECIAL
 tomica
 ©2003 TOMY
 NO.15
 S=1/59
 MADE IN VIETNAM

 発売時価格 ¥500円(税別)
 (サスペンション/エンジンフード開閉)


 2020.07.02現在


ロータス ヨーロッパ スペシャル

 2015年4月に発売された「トミカプレミアム No.05」の「ロータス ヨーロッパ スペシャル」です。

 このトミカのモデル「ロータス ヨーロッパ スペシャル」は1972年に登場した最終型で、ボディカラーは人気のブラック&ゴールドストライプとなっているようです。

サイドビュー

リアビュー

 LOTUS EUROPA SPECIAL
 2014
 S=1/59
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥900円(税別)
 サスペンション


 2018.12.12現在

 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円

 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%
 2019年(令和元年)10月1日 10.0%


ロータス エリート

 1978年1月に発売された「ロータス エリート」(No.F47)のトミカ(日本製/No.F47-1-1)です。

 「ロータス エリート」(Lotus Elite)は、ロータスが製造・販売していたスポーツカーで、このトミカの「ロータス エリート」は、1974年1月から1983年1月まで製造された2代目「エリート」になります。

 2代目「ロータス エリート」は、初代「エリート」の製造が1963年に終了してから11年ぶりとなる1974年に発売が開始され、ロータス初のフル4シーターモデルとなっていて、パワーステアリング、パワーウィンドー、エアコン、ステレオなどが用意され、従来の純粋なスポーツカーとは趣が異なる、装備が豪華な高級サルーン志向のモデルとして登場したのだそうです。

ドアを開けた状態のフロントビュー
 前照灯は、リトラクタブルヘッドライト(格納式前照灯)となっています。
 また、トミカのフロント部分には「ELITE」と刻印されています。

 登場時の2代目「ロータス エリート」は、駆動方式はFRで、最高出力155馬力(PS/ヨーロッパ向け)の1,973cc 水冷直列4気筒DOHC16バルブ「タイプ907」エンジンを搭載し、変速機は5速MTで、最高速度は206km/hとなっているようです。

 その後、1975年10月にロータス初の3速ATが追加され、1980年5月にはエンジン排気量が2,174ccとされて、1983年1月の生産終了までに2,531台が生産されたそうです。

サイドビュー
 ホイールは「1HGo」ホイールとなっています。

リアビュー
 トミカのリア部分には「LOTUS」と刻印されています。
 また、ナンバープレート部分には、前後ともに「PPW588M」と刻印されています。

 LOTUS ELITE
 tomica
 ©1978 TOMY
 NO.F47
 S=1/63
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥240円
 (サスペンション/左右ドア開閉)


 2019.10.24現在





ロータス エスプリ

 2009年に開催された「トミカ博」や「プラレール博」にて販売された「トミカイベントモデル NO.16」の「ロータス エスプリ」のトミカ(中国製)です。

 「ロータス エスプリ」(Lotus Esprit)は、イギリスのスポーツカーメーカー「ロータス(Lotus Cars)」が開発・製造し、1976年から2004年まで1万台以上が生産・販売されたスーパーカーで、このトミカの「ロータス エスプリ」は、イタリアの工業デザイナーで、直線とエッジの利いたデザインで特に1970年代に注目を浴びたジョルジェット・ジウジアーロによりデザインされ、1976年から1978年まで販売された初代「エスプリ(S1)」がモデルとなっています。

 この「ロータス エスプリ」のトミカは、車体底面にある白いレバーを操作すると、リトラクタブルヘッドライト(格納式前照灯)が開くのが特徴的なトミカとなっています。

 初代「エスプリ」(S1)は、FRP製ボディーで、駆動方式はMR、最高出力160馬力(hp)/6,200rpmのロータス907型1,971cc水冷直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、トランスミッションはシトロエン・SM用5速MTで、994台が生産されたそうです。

サイドビュー
 車体側面には「Tomica event model」と書かれています。

 また、この初代「ロータス エスプリ(S1)」は、イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア主演)が活躍する1977年公開の映画「007 私を愛したスパイ(The Spy Who Loved Me)」の劇中に「ボンドカー」として登場することでも知られ、劇中では潜水艇に変形するそうです。

リアビュー
 ナンバープレート部分には「2072」と刻印されています。

 なお、ジョルジェット・ジウジアーロは、「フォルクスワーゲン ゴルフ」、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ」に登場する「デロリアン DMC-12」のデザインなどで知られるほか、国内メーカー関連では「トヨタ パブリカ・スターレット、アリスト、レクサスGS」、「日産 マーチ」、「いすゞ 117クーペ、ピアッツァ」、「スバル アルシオーネSVX」など多くの自動車のデザインを手掛けています。


 LOTUS ESPRIT
 tomica
 ©2003 TOMY
 NO.14
 S=1/60
 MADE IN CHINA


 2019.08.29現在



ロータス エキシージS

 2012年7月28日(土)に発売された「トミカリミテッド」の「ロータス エキシージS」です。

 「ロータス」といえば、1987年に中嶋悟選手が「ロータス・ホンダ」に乗りF1に参戦したのを思い出します。


 LOTUS EXIGE S
 2010 NO.50
 S=1/56
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥800円(税別)


 2017.10.20現在



ロータス エヴォーラ GTE

 2013年12月21日(土)に発売された「ロータス エヴォーラ GTE」(No.104/初回特別カラー)のトミカです。

 「ロータス エヴォーラ GTE」は、ロータスのGTEレーシングカーをベースに開発されたスポーツカーで、空力性能の向上と軽量化を図るため専用のカーボンファイバー製のバンパーやリアウィングを装備し、シートはレカロ製バケットシートが採用されているようです。

 エンジンはミッドシップに搭載され、最高出力444馬力(ps)の3.5L V型6気筒スーパーチャージャーを搭載しているようです。

リアビュー


 LOTUS EVORA GTE
 2013 NO.104
 S=1/64
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 通常カラー 白色系
 初回特別カラー 黄色系
 サスペンション


 2018.11.19現在




ロータス エキシージ R-GT
(通常カラー)

 2014年2月に発売となった「ロータス エキシージ R-GT」(通常カラー)のトミカです。

 メーカー希望小売価格は、¥450円(税別)。


 LOTUS EXIGE R-GT
 2013 NO.10
 S=1/59
 MADE IN VIETNAM


 2018.05.28現在



ロータス エキシージ R-GT
(初回特別カラー)

 2014年2月に発売となった「ロータス エキシージ R-GT」(初回特別カラー)のトミカです。

 イギリスの「ロータスカーズ」が、30年ぶりにFIAラリー選手権のGTカテゴリーに参戦したマシンなのだそうです。

 メーカー希望小売価格は、¥450円(税別)となっています。


 LOTUS EXIGE R-GT
 2013 NO.10
 S=1/59
 MADE IN VIETNAM


 2018.01.11現在



ロータス・3-イレブン

 2018年3月17日(土)に発売された「ロータス・3-イレブン」(No.112)のトミカ(通常版)です。

 「ロータス・3-イレブン」は、2017年1月13日から日本国内において販売が開始され、オープンコクピットデザインのカーボン複合材ボディと、最高出力416PS(ロード)/466PS(レース)を出力する改良された3.5L V6スーパーチャージャーエンジンが特長となっているそうです。

フロントビュー
 写真のトミカは通常版で、2シーターの「ロード」(ROAD)バージョンとなっています。
 初回特別仕様は、シングルシーターの「レース」(RACE)バージョンとなっています。

 「ロータス・3-イレブン」には「ロード」(416PS/2シーター)と「レース」(466PS/シングルシーター)の2種類のバリエーションが用意され、ロードバージョンをベースに、レースバージョンにはよりアグレッシブなエアロキットと、パドルシフト付き6速シーケンシャルトランスミッション、FIA承認の6点シートベルト付きのドライバーシートが備えられているそうです。

 最高速度は、ロードバージョン(ROAD)が280km/h、レースバージョン(RACE)が290km/hとなっています。

上部およびサイドビュー
 トミカ通常版のカラーリングは、実車の「シグネチャーペイント」(3種)のレーシンググリーン+メタリックイエローストライプとなっているようです。

 「ロータス・3-イレブン」は、全世界で311台のみの限定生産となっていて、車両本体価格(消費税込)は、ロードバージョン(ROAD)が¥14,958千円、レースバージョン(RACE)が¥20,250千円となっています。

リアビュー

 LOTUS 3-ELEVEN
 TOMICA ©TOMY
 2017 NO.112
 S=1/59
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 サスペンション

 初回特別仕様
 シングルシーター「RACE」バージョン
 (※ボディカラーは実車の「シグネチャーペイント」のメタリックレッド+ゴールドストライプ)


 2018.04.23現在





★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

BMW アウディ アストン
マーティン
クライスラー シトロエン ジャガー スパイカー
・カーズ
GM
ゼネラルモーターズ
ダイムラー
メルセデスベンツ
デ・トマソ パンサー・
ウェストウインズ
フィアット フェラーリ フォード ブガッティ ポルシェ
マクラーレン マセラティ モーガン ランチア ランボルギーニ ルノー ロータス 国産車
日本車


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪


広 告