トミカ ランボルギーニ
スポーツカータイプ  TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ


★新着 
ランボルギーニ ガヤルド
スーパーレジェーラ
(トミカプレミアム発売記念仕様)

 2020年1月18日(土)に発売された「トミカプレミアム No.33」の「ランボルギーニ ガヤルド スーパーレジェーラ(トミカプレミアム発売記念仕様)」です。

 「ランボルギーニ ガヤルド」は、2003年から2013年までランボルギーニが販売したスポーツカーで、車名は18世紀のスペインの闘牛飼育家であるフランシスコ・ガヤルドに由来するそうです。

 このトミカプレミアムの「ガヤルド スーパーレジェーラ」は、2010年3月の「ジュネーブモーターショー」にて発表されたサーキット走行向けのモデル「LP570-4 スーパーレジェーラ」になります。

フロントビュー

 「LP570-4 ガヤルド スーパーレジェーラ」は、エンジンをミッドシップに搭載し、駆動方式は4WDで、最高出力570馬力(PS)の5.2L V型10気筒DOHC 自然吸気(NA)エンジンを搭載し、変速機は6速セミAT(e-gear/パドルシフト付き)または6速MTとなっています。

 また、ボディはアルミニウムとカーボンファイバー仕様で、乾燥重量は1,340kg、センターコンソールには走行モード切替ボタンが用意され、パフォーマンスは、0-100km/h加速が3.4秒、最高速度は325km/hとなっているようです。

上部およびサイドビュー

リアビュー

 なお、「LP570-4 スーパーレジェーラ」は、2010年6月から日本国内において販売が開始され、実車の価格は約¥2,913万円からとなっていたようです。


 Lamborghini Gallardo Superleggera
 TOMICA ©TOMY
 2019
 S=1/62
 MADE IN VIETNAM

 販売価格 ¥800円(税別)


 2020.01.20現在



 





スポーツカータイプ ※スポーツセダン、スペシャルティカーを含む

ランボルギーニ  Lamborghini

ミウラ MIURA
ランボルギーニ ミウラ SV

 1977年11月に発売された「ランボルギーニ ミウラ SV」(No.F40)のトミカ(日本製)です。

 「ランボルギーニ ミウラ」は、イタリアのランボルギーニが1966年から1973年まで製造・販売した2シーターミッドシップスポーツカー(MR)で、闘牛士に恐れられた勇敢な闘牛を多数輩出したスペインの闘牛牧場「ミウラ」の名にちなんで命名されたのだそうで、これ以降、ランボルギーニは闘牛関連の車名が付けられるようになったそうです。

サイドビュー

 ボディの設計とデザインは、自動車のデザインや試作を行っていたイタリアの企業「カロッツェリア・ベルトーネ」の当時のチーフデザイナー、マルチェロ・ガンディーニによるものなのだそうです。

リアビュー

 このトミカの「ミウラ SV」は、1971年から販売が開始された、最高出力385馬力の3929cc V型12気筒DOHCエンジンを搭載する「P400SV」がモデルとなっているようで、変速機は5速MT、最高速度は285km/hで、実車は約150台が生産されたようです。(ミウラ全体の生産台数は約750台)


 LAMBORGHINI MIURA SV
 1977 NO.F40
 S=1/62
 MADE IN JAPAN


 2019.04.04現在



 


カウンタック COUNTACH
ランボルギーニ
カウンタック LP500S

 2004年に開催された「トミカ博」の入場記念品として配布されたとされる「トミカ イベントスペシャル」の「ランボルギーニ カウンタック LP500S」です。

 車体色が黄色(イエロー)で、ホイールは金色系(ゴールド)となっています。

 スーパーカーの代表格ともいえる「ランボルギーニ カウンタック」です。

リアビュー
 車体後部のエンジンフードは開閉仕様となっています。

 LAMBORGHINI
 COUNTACH LP500S
 2003 NO.F12
 S=1/61
 MADE IN CHINA


 2019.03.25現在


 
ランボルギーニ
カウンタック LP500S

 2015年10月に発売された「トミカ プレミアム No.10」の「ランボルギーニ カウンタック LP500S」です。


 LAMBORGHINI
 COUNTACH LP500S
 2015
 S=1/61
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥800円(税別)


 2017.09.21現在


 
ランボルギーニ
カウンタック LP400

 2016年に開催された「トミカ博」の会場にて販売された「トミカイベントモデル No.23」の「ランボルギーニ カウンタック LP400」です。

 車体には、数字の「23」、「TOMICA EVENT MODEL」と書かれています。

リアビュー
 車体後部のエンジンフードは開閉仕様となっています。

 LAMBORGHINI
 COUNTACH LP400
 2010
 S=1/61
 MADE IN VIETNAM

 販売時価格 ¥600円(税別)


 2018.12.04現在


 


ムルシエラゴ MURCIELAGO レヴェントン REVENTON
ランボルギーニ ムルシエラゴ

 2004年1月に発売された「ランボルギーニ ムルシエラゴ」(No.87)のトミカです。

 「ランボルギーニ ムルシエラゴ」は、2001年9月から2010年11月にかけて製造・販売されたスーパーカーで、先代「ディアブロ」の後継車種となっているようです。

 なお、車名の「ムルシエラゴ」はスペイン語で「コウモリ」で、ランボルギーニの車名の伝統である19世紀に実在した伝説的な「闘牛」の名前が由来となっているようです。

 「ムルシエラゴ」の駆動方式は4WD(ミッドシップ)で、エンジンは最高出力588馬力(PS)の6.2L 水冷V型12気筒DOHCエンジン(標準車)を搭載し、トランスミッションは6速MT(2004年に6速セミAT「e-gear」が追加)となっているようです。

 「ムルシエラゴ」の総生産台数は4,099台で、後継車種は「アヴェンタドール」となっています。


 LAMBORGHINI MURCIELAGO
 2003 NO.87
 S=1/62
 MADE IN CHINA

 メーカー希望小売価格 ¥360円(税別)
 初回特別カラー 緑色系


 2018.10.30現在


 
ランボルギーニ レヴェントン

 2011年7月16日(土)に発売された「ランボルギーニ レヴェントン」(No.113)のトミカです。

 実車のスーパーカー「ランボルギーニ レヴェントン」は、「ムルシエラゴ」(LP640)をベースとし、2007年9月に「フランクフルトモーターショー」にて初公開され、全世界20台限定で販売されたそうです。

 価格は、当時の現地価格が100万ユーロ(日本円で約1億6,000万円)で、その販売先はアメリカが10台、ヨーロッパが9台、日本には1台が輸入されたといわれているそうです。

 なお、ベースとなった「ムルシエラゴ」は、1台約3,500万円だったそうです。

 「レヴェントン」の鋭角的な印象が強調された外観のデザインは、「F-22ステルス戦闘機」がモチーフとなっているそうです。

 エンジンは、「ムルシエラゴ(LP640)」より10馬力高いとされる最高出力650馬力(PS)の6.5L V型12気筒DOHCエンジンを搭載し、駆動方式は4WD、トランスミッションは6速セミATとなっているようです。


 LAMBORGHINI REVENTON
 2010 NO.113
 S=1/65
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 初回特別カラー 白色系


 2018.02.19現在


 


アヴェンタドール AVENTADOR
ランボルギーニ アヴェンタドール
LP700-4

 2012年7月21日(土)に発売された「ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4」(No.87)のトミカです。

 「ランボルギーニ アヴェンタドール」は、2011年から2018年まで製造・販売されたスーパーカーで、先代「ムルシエラゴ」の後継車種となっているようです。

 車名の「アヴェンタドール」は、スペイン・サラゴサの闘牛場において1993年10月から活躍した「闘牛」の名前が由来となっているようです。

 「アヴェンタドール」は、カーボンファイバー製モノコックが採用され、フロントボンネット・前後フェンダー・ドアはアルミ製で、エンジン始動はプッシュボタン式、トランスミッションはマニュアルが廃止されてセミオートのみとなったそうです。

 「アヴェンタドール」の駆動方式は4WDで、エンジンは最高出力700馬力(PS)を発生する新設計の6.5L V型12気筒DOHCエンジンを搭載し、トランスミッションは7速セミATとなっているようです。

 また、スイッチによりドライブモードが3段階選択できるようで、一般公道走行に適した「ストラダーレ」モード、スポーティさが増す「スポーツ」モード、本格的なサーキットなどでのスポーツ走行に適した「コルサ」モードが搭載されているそうです。


 LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4
 2012 NO.87
 S=1/68
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 サスペンション


 2018.09.18現在



 
ランボルギーニ アヴェンタドール
LP700-4(初回特別カラー)

 2012年7月21日(土)に発売された「ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4」(No.87)の初回特別カラーのトミカです。

 初回特別カラーは、車体色がシルバー系のメタリックとなっています。

リアビュー

 「アヴェンタドール」は、日本国内では2011年9月から販売され、1台の価格は約4,200万円となっていたようです。


 LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4
 2012 NO.87
 S=1/68
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 初回特別カラー シルバー系
 サスペンション


 2018.11.15現在



 
ランボルギーニ アヴェンタドール クーペ

 2018年6月16日に発売された「ランボルギーニ スペシャルセット」(LAMBORGHINI SPECIAL SET/4台セット)に入っていた「ランボルギーニ アヴェンタドール クーペ」のトミカです。

 2012年7月21日(土)に発売された「ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4」(No.87)のトミカの色違いバージョンとなるもので、車体色はピンク色系となっています。

 なお、「ランボルギーニ スペシャルセット」(4台セット)に入っていた他の3台は、チェンテナリオ ロードスター、ウラカン ペルフォルマンテ、ヴェネーノ ロードスター(黒色系)となっています。


 AVENTADOR COUPE (※パッケージ表記)

 LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4
 2012 NO.87
 S=1/68
 MADE IN VIETNAM

 「ランボルギーニ スペシャルセット」
 (4台セット)
 発売価格 ¥2,000円(税別)


 2018.11.05現在



 

ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ

 2019年11月16日(土)に発売された「ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ」(No.70)のトミカ(通常版)です。

 「ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ」(LP770-4)は、2018年8月に発表された高性能モデルで、「SV(スーパーヴェローチェ/Super Veloce)」と「J(イオタ/Jota)」の名称を併せ持った車名となっているそうです。

フロントビュー

 「ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ」(LP770-4)は、歴代最高となる最高出力770馬力(PS)の6.5L V型12気筒DOHC 自然吸気(NA)「L539型」エンジンを搭載し、駆動方式は4WD、変速機は7速セミAT(7速ISR)で、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は350km/h以上となっているようです。

 また、ダウンフォース向上とドラッグ低減を両立させた可変空力デバイス「ALA2.0」が採用されていて、ドライビングモードは「ストラーダ」、「スポルト」、「コルサ」、「EGO」モードの4つが備えられているそうです。

上部およびサイドビュー
 車体のリアフェンダーには「SVJ」のロゴが描かれています。

 「ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ」(LP770-4)は、クーペが900台限定、ロードスターが800台限定、クーペおよびロードスター各63台限定の「SVJ63」が発売されたそうです。

 「SVJ63」は、ランボルギーニ社が設立された1963年にちなんだスペシャル・エディションで、より多くの面積にカーボンファイバーが使用され、車体に「63」の数字が描かれています。

 トミカの初回特別仕様は、「SVJ63」がモデルとなっています。

リアビュー

 なお、「ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ」(LP770-4)の実車の価格は、約¥5,155万円からとなっているようです。


 LAMBORGHINI AVENTADOR SVJ
 TOMICA ©TOMY
 2019 NO.70
 S=1/68
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 サスペンション

 初回特別仕様
 「SVJ63」(車体:白、屋根:黒)


 2020.01.06現在



 


ヴェネーノ VENENO
ランボルギーニ ヴェネーノ
LP750-4

 2015年2月に新発売された「ランボルギーニ ヴェネーノ」のトミカです。

 実車のスーパーカー「ランボルギーニ ヴェネーノ」(LP750-4)は、2013年にランボルギーニ社(イタリア)の創業50周年を記念して製造・販売されたスペシャルモデルで、世界に限定3台のみ存在するそうです。(その他試作車が1台存在)

サイドビュー

 「ヴェネーノ」は、「アヴェンタドール」(LP700-4)をベースとしているそうで、エンジンは750馬力(hp)を誇る6.5L V型12気筒DOHCを搭載し、駆動方式は4WD、トランスミッションは5種類の走行モードが選択可能な7段インディペンデント・シフティング・ロッド(ISR)で、販売価格は300万ユーロ(約3億7000万円)だったそうです。

リアビュー

 LAMBORGHINI VENENO
 2014 NO.118
 S=1/67
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)


 2018.05.28現在



 
ランボルギーニ ヴェネーノ
LP750-4

 2015年7月に発売された「トミカショップオリジナル」の「ランボルギーニ ヴェネーノ」のトミカです。

 車体色は白・青・赤色が基調となっていて、車体側面のドア部分には「トミカ TOMICA SHOP」と書かれています。

サイドビュー

リアビュー

 LAMBORGHINI VENENO
 2014 NO.118
 S=1/67
 MADE IN VIETNAM

 販売価格 ¥600円(税別)
 サスペンション


 2019.04.17現在



 
ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター

 2016年9月17日に発売された「オープンカーセレクション」(トミカギフト/4台セット)に入っていた「ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター」のトミカです。

 「ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター」は、クーペボディの「ヴェネーノ」のロードスター版となっています。

 「ランボルギーニ ヴェネーノ」(LP750-4)は、世界に限定3台のみ存在(その他試作車が1台存在)するそうですが、このトミカの「ヴェネーノ ロードスター」は世界限定9台が生産・販売されたようで、価格は約4億5000万円となっていたようです。

 「ヴェネーノ ロードスター」は、2013年10月19日にランボルギーニから公式発表され、同年12月1日にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビにおいて初公開されたそうです。

 搭載する6.5L V型12気筒エンジンは、最高出力750馬力(ps)で、0-100km/h加速は2.9秒、最高速度は355km/hとなっているようです。

 なお、「オープンカーセレクション」(4台セット)に入っていたほかの3台は、ホンダ S660、ダイハツ コペン、マツダ ロードスターとなっています。


 LAMBORGHINI VENENO ROADSTER
 2015
 S=1/67
 MADE IN VIETNAM

 「オープンカーセレクション」(4台セット)
 発売価格 ¥2,000円(税別)
 サスペンション


 2018.06.12現在



 

ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター

 2018年6月16日に発売された「ランボルギーニ スペシャルセット」(LAMBORGHINI SPECIAL SET/4台セット)に入っていた「ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター」のトミカです。

 車体色が黒色基調となっているのが特徴です。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

 なお、「ランボルギーニ スペシャルセット」(4台セット)に入っていた他の3台は、チェンテナリオ ロードスター、ウラカン ペルフォルマンテ、アヴェンタドール クーペとなっています。


 LAMBORGHINI VENENO ROADSTER
 TOMICA ©TOMY
 2015
 S=1/67
 MADE IN VIETNAM

 「ランボルギーニ スペシャルセット」
 (4台セット)
 発売価格 ¥2,000円(税別)


 2019.09.04現在



 


チェンテナリオ CENTENARIO
ランボルギーニ チェンテナリオ
LP770-4

 2017年2月に発売された「ランボルギーニ チェンテナリオ LP770-4」(No.81)のトミカです。

 「チェンテナリオ LP770-4」は、イタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」の創設者「フェルッチオ・ランボルギーニ」の生誕100年を記念して、全世界で40台が製造・販売されたスーパーカーなのだそうです。

 「チェンテナリオ」はイタリア語で「100周年」の意味で、1台の価格は約2億1600万円、40台は完売したようです。

 (※詳細は「Wikipedia」参照)


 LAMBORGHINI CENTENARIO
 2016 NO.81
 S=1/65
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 サスペンション


 2017.10.20現在



 
ランボルギーニ チェンテナリオ
LP770-4(初回特別仕様)

 2017年2月に発売された「ランボルギーニ チェンテナリオ LP770-4」(No.81)の初回特別仕様のトミカです。

 初回特別仕様は、車体色が黄緑色系となっています。

リアビュー

 LAMBORGHINI CENTENARIO
 2016 NO.81
 S=1/65
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 初回特別仕様 車体色が黄緑色系
 サスペンション


 2018.11.15現在



 
ランボルギーニ チェンテナリオ

 2018年3月1日に発売された「トミカショップオリジナル」の「ランボルギーニ チェンテナリオ」のトミカです。

 車体色はゴールド(金色系)となっていて、車体後部の上部には「トミカ」と書かれたロゴマークが描かれ、リア部分には「TOMICA SHOP」と書かれています。

サイドビュー

リアビュー

 LAMBORGHINI CENTENARIO
 2016 NO.81
 S=1/65
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥700円(税別)
 サスペンション


 2019.03.18現在



 


ウラカン ペルフォルマンテ HURACAN PERFORMANTE
ランボルギーニ
ウラカン ペルフォルマンテ

 2018年2月17日に発売された「ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ」(No.34)のトミカです。

 実車の「ランボルギーニ・ウラカン」(LP610-4)は、2013年に生産を終了した「ランボルギーニ・ガヤルド」の後継車種として2014年から販売が開始されたそうです。

 「ランボルギーニ・ウラカン」(LP610-4)の駆動方式は4WDで、エンジンは610馬力(PS)を発生する5.2L V型10気筒DOHC NAエンジンを搭載し、変速機は「ランボルギーニ・ドッピア・フリッツィオーネ(LDF)」と呼ばれる7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)が採用されているそうです。

 「ペルフォルマンテ」(LP640-4/パフォーマンスのイタリア語)は、その「ランボルギーニ・ウラカン」のバリエーションのうちのひとつで、カーボン製のリアウィングを装備するなど、カーボンを多用することにより標準車より40㎏軽量化が図られ、最高出力は30馬力(PS)アップの640馬力(PS)となっているそうです。

 ちなみに、ドイツのサーキット「ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ」(20.832kmの北コース)での「ペルフォルマンテ」のラップタイムは6分52秒01だったのだそうです。(2016年10月5日記録)


 LAMBORGHINI HURACAN PERFORMANTE
 2017 No.34
 S=1/62
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)


 2018.05.28現在



 
ランボルギーニ
ウラカン ペルフォルマンテ

 2018年6月16日に発売された「ランボルギーニ スペシャルセット」(LAMBORGHINI SPECIAL SET/4台セット)に入っていた「ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ」のトミカです。

 なお、「ランボルギーニ スペシャルセット」(4台セット)に入っていた他の3台は、アヴェンタドール クーペ、ヴェネーノ ロードスター(黒色系)、チェンテナリオ ロードスターとなっています。


 LAMBORGHINI HURACAN PERFORMANTE
 2017 No.34
 S=1/62
 MADE IN VIETNAM

 「ランボルギーニ スペシャルセット」
 (4台セット)
 発売価格 ¥2,000円(税別)


 2018.11.05現在



 



★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

BMW アウディ アストン
マーティン
クライスラー シトロエン ジャガー スパイカー
・カーズ
GM
ゼネラルモーターズ
ダイムラー
メルセデスベンツ
デ・トマソ パンサー・
ウェストウインズ
フィアット フェラーリ フォード ブガッティ ポルシェ
マクラーレン マセラティ モーガン ランチア ランボルギーニ ルノー ロータス 国産車
日本車


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪