トミカ マクラーレン
スポーツカータイプ  TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ


スポーツカータイプ ※スポーツセダン、スペシャルティカーを含む

マクラーレン  McLaren

マクラーレン 720S

 2018年12月15日(土)に発売された「マクラーレン 720S」(No.57)のトミカです。

 「マクラーレン 720S」は、「マクラーレン」のロードカー部門として2009年に設立された「マクラーレン・オートモーティブ」(McLaren Automotive)が、2017年から生産・販売する主力スーパーカーモデル(スーパーシリーズ)で、車名の「720S」は「720馬力」であることを意味していて、デザインのインスピレーションは「ホホジロザメ」なのだそうです。

サイドビュー

 ボディタイプはクーペで、ピラーやルーフまで統合された「モノケージⅡ」と呼ばれるカーボンファイバー製シャシーが使用され、駆動方式はMR、エンジンは最高出力720馬力(PS)の4.0L(3,994cc)V型8気筒ツインターボエンジン「M840T型」を搭載し、変速機は7速DCT「SSG」となっているようです。

 また、油圧制御サスペンションは「プロアクティブシャシーコントロールⅡ」を搭載し、ドライブモードは「コンフォート」、「スポーツ」、「トラック」から選択可能で、新機軸として、一般のドライバーでもドリフト角度を設定してドリフトが楽しめる「可変ドリフト・コントロール機能」を搭載しているのだそうです。

リアビュー

 そのほか、ヘッドライトユニットは、照射角度がステアリングによって変化する「アダプティブLEDマトリックスヘッドランプ」が採用され、ドアは前方に跳ね上がるダブルヒンジで開閉する「ディヘドラルドア」となっているそうです。

 グレードは、標準車の「スタンダード」のほかに「パフォーマンス」、「ラグジュアリー」の計3種が用意され、日本国内での車両価格は、1台約3,340万円(税込)からとなっているようです。

マクラーレン 720S
「アークナイツ」仕様車
 「アズールレーン」などのゲームを配信する株式会社Yostar(ヨースター)の新作ソーシャルゲーム「アークナイツ(明日方舟)」仕様ラッピングにて、秋葉原で展示されていたものです。
 (2019.01.19現在)

 McLaren 720S
 2018 NO.57
 S=1/62
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 初回特別仕様 白色系
 サスペンション


 2018.12.17現在


 
マクラーレン セナ(発売記念仕様)

 2019年7月20日(土)に発売された「トミカプレミアム No.14 マクラーレン セナ」(トミカプレミアム発売記念仕様)です。

 「マクラーレン セナ」は、かつての栄光のF1ドライバー「アイルトン・セナ」の名が冠された、「マクラーレン」史上初となるサーキット走行を最も重視したロードカーなのだそうで、2018年3月に開催された「第88回ジュネーブモーターショー」にて初公開されたそうです。

フロントビュー

 「マクラーレン セナ」の駆動方式はMR、エンジンは最高出力800馬力(PS)の4.0L ツインターボチャージャーV型8気筒DOHCエンジン「M840TR」を搭載し、変速機は7速デュアルクラッチ式シームレスシフトギアボックス(7速DCT)、ブレーキはカーボンセラミックブレーキシステムとなっているようです。

 また、ボディにはカーボンファイバー製モノコック「モノケージⅢ」およびカーボンファイバー製ボディパネルを採用し、サスペンションには油圧サスペンションであるレースアクティブ・シャシー・コントロールⅡ(RCCⅡ)が採用され、フロントには可動式のエアロブレードが、リアにはダウンフォースを生み出すアクティブエアロダイナミクスの油圧作動式カーボンファイバー製リアウイングが装備されているそうです。

上部ビュー

サイドビュー

 そのほか、ドアはガルウイングドアで、タイヤは「ピレリ(Pirelli)」と共同開発した特注の「Pirelli Zero Trofeo R」が採用され、ホイールはレーシングカー同様のセンターロックシステムが採用された超軽量合金ホイール1種類のみとなっているそうです。

 「マクラーレン セナ」の乾燥重量は1,200㎏を下回り(1,198㎏)、直線で性能を発揮するローンチコントロール機能が採用されていて、2.8秒で時速100km/h、6.8秒で時速200km/hまで加速し、最高速度は340km/hとなっているようです。

リアビュー

 「マクラーレン セナ」の車両価格は、1台約1億100万円からで、世界で500台の限定生産となっています。

パッケージ

 McLaren Senna
 2018
 S=1/62
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥800円(税別)


 2019.07.23現在


 
マクラーレン Speedtail(通常版)

 2019年12月21日(土)に発売された「マクラーレン Speedtail」(No.93)のトミカ(通常版/ベトナム製)です。

 「マクラーレン Speedtail」は、「マクラーレン・オートモーティブ」が2018年10月に発表し、2020年2月から納車予定の、最上位スーパーカーモデル「アルティメットシリーズ」の「Hyper-GT」(ハイパーGT)となっています。

フロントビュー

 「マクラーレン Speedtail」は、公式サイトによると、マクラーレン史上最もエアロダイナミクス効率に優れたマシンで、マクラーレン史上最速のマシンとなっているそうです。

上部およびサイドビュー

 ボディデザインは、エレガントな流線形のティアドロップ型のデザインが採用されていて、運転席(ドライバーズシート)は車体の中央に配置され、運転席後部の両サイドに2つのパッセンジャーシートを備えた3人乗りとなっていて、ドアの開閉は外側斜め前方に持ち上がるディヘドラル・ドアとなっています。

 ボディパネルはすべてカーボン・ファイバー製となっていて、駆動方式はMR、総重量は1,430kg、搭載するハイブリッド・パワートレインの最高出力は1,050馬力(PS)で、変速機は7速DCT、最高速度は時速403km/h、時速300km/hまでの加速は12.8秒となっています。

リアビュー

 また、リアウイングの代わりに、カーボンファイバー製のボディワーク自体が曲がる油圧作動式の「エルロン」が装備されていて、高速走行時には伸展して、バランスを保ち、エアブレーキとして機能するそうです。

 そのほか、エアフローをスムーズにするなどの効果を持つ軽量カーボンファイバー製フロントホイールエアロカバーが採用され、ドアミラーは小型の高解像度デジタルカメラを使用した格納式の「デジタル・リアビュー・カメラ」となっているそうです。

パッケージ

 「マクラーレン Speedtail」の実車の価格は、1台約175万ポンド(税別/約2億5,000万円)となっていて、106台限定で予約販売され、完売したそうです。


 McLaren Speedtail
 TOMICA ©TOMY
 2019 NO.93
 S=1/68
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)
 通常版:Speedtail シルバー
 初回特別仕様:オレンジ色系


 2020.01.20現在


 



★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

BMW アウディ アストン
マーティン
クライスラー シトロエン ジャガー スパイカー
・カーズ
GM
ゼネラルモーターズ
ダイムラー
メルセデスベンツ
デ・トマソ パンサー・
ウェストウインズ
フィアット フェラーリ フォード ブガッティ ポルシェ
マクラーレン マセラティ モーガン ランチア ランボルギーニ ルノー ロータス 国産車
日本車


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪


広 告