トミカ バス 三菱ふそう
はたらく車シリーズ
TOY展示室 TOMICA TOY Gallery
広 告




こどもも大人も大好きな「トミカ」♪
これまで集めて遊んだものを展示しています☆

※「トミカ」は株式会社「タカラトミー」が販売している自動車玩具です。

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ
建設機械・重機 作業用車両
荷役運搬機械類
トラック・トレーラー バス
軽トラック タクシー
パトカー・警察用車両 消防車・救急車
ライトバン
ワンボックスカー
商用車・移動販売車
航空機・船・電車関連 自衛隊・公共福祉
その他

バス 細分類
いすゞ トヨタ 日野 三菱ふそう 三菱 ローザ 富士重工、マツダ 国内その他 外国車

ホットウィール展示室へ トミカ展示室TOPへ HOMEへ


★新着 
どうぶつえんバス
(三菱ふそう エアロスター)

 2005年9月に発売された「いろんなバスセット」(4台セット)に入っている「どうぶつえんバス」(三菱ふそう エアロスター)のトミカ(中国製/No.93-5)です。

フロントビュー
 行先表示器(方向幕)の部分には「トミカ動物園正門」と書かれたシールが貼られています。

上部および左サイドビュー
 屋根上には「TOMICA ZOO」と書かれ、キリンが描かれたシールが貼られています。
 また、車体左側面には同じく「TOMICA ZOO」と書かれ、トラと象(ゾウ)が描かれたシールが貼られています。

右サイドビュー
 車体右側面には「TOMICA ZOO」と書かれ、シマウマとフラミンゴが描かれたシールが貼られています。

リアビュー
 車体後部には「MARINE 🐬(イルカ) AQUARIUM マリン水族館入場券付 スペシャルチケット 好評発売中」と書かれたシールが貼られています。

 MITSUBISHI FUSO AERO STAR
 TOMICA
 © 2002 TOMY
 NO.93
 S=1/141
 MADE IN CHINA

 「いろんなバスセット」(4台セット)
 発売時価格 ¥1,500円(税別)


 2020.08.05現在








はたらく車シリーズ バス

三菱ふそう
ふそう ワンマンバス

 1974年1月に発売された「ふそう ワンマンバス」(No.79)のトミカ(日本製)です。

 車体前面上部の行先表示器部分には「79 ワンマン」と刻印され、ナンバープレート部分には「バス」と刻印されています。

サイドビュー

リアビュー

 FUSO ONE-MAN OPERATED BUS
 (※パッケージ表記)

 MITSUBISHI FUSO BUS
 NO.79
 S=1/131
 MADE IN JAPAN

 発売期間 1974年1月~1985年11月


 2019.04.15現在



 (参考~トミカの定価推移・税別〉
 1970年9月 ¥180円(発売開始)
 1974年 ¥220円
 1976年 ¥240円
 1980年 ¥280円
 1981年 ¥320円
 1991年 ¥360円
 2014年2月1日 ¥450円

 (参考~消費税率の推移)
 1989年(平成元年)4月1日 3.0%
 1997年(平成9年)4月1日 5.0%
 2014年(平成26年)4月1日 8.0%
 2019年(令和元年)10月1日 10.0%


ふそう はとバス

 1974年9月に新発売された「ふそう はとバス」(No.1)のトミカ(日本製)です。

 車体側面には、「はとバス」と書かれたシールが貼られています。

 この「三菱ふそう はとバス」は、1970年代に活躍した「はとバス」の看板車両「スーパーバス」(型式:三菱ふそうB915N 車体:東京特殊車体が架装)がモデルとなっているようで、大きな窓や屋根上の長い筒状のロケットのような空調ダクトが特徴的なバスだったそうです。

フロントビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「HATO BUS」と刻印されています。

左右サイドビュー

リアビュー

 FUSO HATO BUS
 tomica
 NO.1
 S=1/147
 MADE IN JAPAN

 発売期間 1974年9月~1986年7月


 2019.01.07現在



三菱ふそう はとバス

 2010年6月に発売された「40周年記念 トミカくじ13 昭和のトミカ」(全10種)の「三菱ふそう はとバス」のトミカ(ベトナム製)です。

 セピア調のカラーリングとされているのが特徴的なトミカで、車体側面には、「はとバス」と書かれています。

フロントビュー
 フロント側のナンバープレート部分には「HATO BUS」と刻印されています。

サイドビュー

リアビュー
 リア側のナンバープレート部分には「BUS」と刻印されています。

 FUSO HATO BUS
 tomica
 NO.1
 S=1/147
 MADE IN VIETNAM

 発売時価格 ¥500円(税込)


 2019.12.26現在





三菱ふそう 東名高速バス
(30周年復刻トミカ)

 2001年2月に「30周年復刻トミカ」(第3弾)として発売されたものと思われる「三菱ふそう 東名高速バス」のトミカ(中国製/No.41-1-10)です。

 車体側面には、「JNL 国鉄」と書かれ、「つばめマーク」が描かれていて、ホイールは「10DWホイール」(白色)となっています。

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO BUS
 ©1974 tomica NO.41
 S=1/156
 MADE IN CHINA


 2017.09.20現在



三菱ふそう ワンマンバス
(都営バス)

 1985年11月に新発売された「三菱ふそう ワンマンバス」(No.79)のトミカ(日本製/No.79-3)です。

 車体側面に「都営バス」と書かれています。

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO BUS
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN JAPAN

 発売時価格 ¥320円
 発売期間 1985年11月~2006年10月
 (中国製有り)


 2019.04.11現在



遊園地バス

 1991年5月に発売された「遊園地バス」(No.49)のトミカ(日本製)です。

 「三菱ふそう ワンマンバス」(トミカ/No.79)がベースとなっていて、車体側面には、「コアラ」とユーカリの木が描かれ、「コアラ君とあそぼう!」、「コアラです よろしく!!」、「鹿児島交通」、「出口 乗合」、「ワンマン 入口」と書かれたシールが貼り付けられています。

 なお、写真のトミカは、パッケージに同梱されていた、車体前面と後部に貼り付ける「コアラ」とユーカリの木が描かれたシールが貼られていない状態です。

サイドおよび上部ビュー

リアビュー

 AMUSEMENT PARK SHUTTLE BUS
 (※パッケージ表記)

 MITSUBISHI FUSO BUS
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN JAPAN

 発売期間 1991年5月~2001年4月
 (中国製有り)


 2019.04.11現在





マイメロディ 路線バス
(三菱ふそう ワンマンバス)

 1999年5月に発売された「マイメロディ 路線バス」のトミカ(中国製/No.93-4-1)です。

 「マイメロディ」は、1975年に「サンリオ」から発売が開始されたキャラクターグッズ用キャラクター群で、主人公の「メロディ」(Melody)は、ウサギをモチーフに赤ずきん風に擬人化されているそうです。

 この「マイメロディ 路線バス」のトミカは、国際興業バスが1998年9月12日から2001年8月29日まで東京都と埼玉県において運行していた「マイメロディ」のラッピングが施された実車の路線バス(いすゞ KC-LR333Jの3台)がモデルとなっています。

上部および左サイドビュー
 屋根上と車体側面には、可愛らしい「メロディ」やネズミの少年「フラットくん(Flat)」、「とりさん」(小鳥)、「ちょうちょさん」(蝶)が描かれ「My Melody」と書かれたシールが貼られています。

右サイドビュー

リアビュー
 車体後部には、「国際興業バス My Melody ©'76,'99 SANRIOⓁ」と書かれたシールが貼られています。
 また、ナンバープレート部分には、前後ともに「7813」と刻印されています。

 My Melody® BUS
 (※パッケージ表記)

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥360円(税別)
 発売期間 1999年5月~2002年10月


 2020.03.17現在



トミカ ラッピング バス
(トミカ30周年/三菱ふそう ワンマンバス)

 2000年9月に発売された「トミカ ラッピング バス」(No.0)のトミカ(中国製/No.0-1-1)です。

 1985年11月に発売された「三菱ふそう ワンマンバス」のトミカ(No.79)がベースとなっていて、車体各部には「トミカ30周年」を表示するシールが貼られています。

 この「トミカ ラッピング バス」は、2000年に迎えたトミカ30周年記念のイベントのひとつとして、株式会社トミー(当時/現在は株式会社タカラトミー)が広告主となって、東京都交通局の都営バスにて運行されていた実車のラッピングバスがモデルとなっているそうです。

フロントビュー
 行先表示器(方向幕)の部分には「都営バス」と書かれたシールが貼られています。

上部および左サイドビュー
 屋根上には「TOMICA 30th ANNIVERSARY」のマークが描かれ「ありがとう、トミカ30周年」と書かれたシールが貼られています。
 また、車体左側面には、さらに「株式会社トミー」、「入口」、「出口」と書かれ、トミカのロゴマークとトミカの写真が印刷されたシールが貼られています。

右サイドビュー
 車体右側面に貼られたシールには、「てのひらから夢・発進!」とも書かれています。

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「7813」と刻印されています。

 TOMICA WRAPPING BUS
 (※パッケージ表記)

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA
 ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥360円(税別)


 2020.06.22現在



三ツ矢サイダーバス
(三菱ふそう ワンマンバス)

 2000年10月に発売された「ラッピングバスセット」(6台セット)に入っている「三ツ矢サイダーバス」のトミカ(中国製/No.79-3)です。

 車体各部には「三ツ矢サイダー」が描かれたシールが貼られています。

 三ツ矢サイダー(MITSUYA CIDER)は、アサヒ飲料株式会社が発売している炭酸飲料で、同社の登録商標ともなっているそうです。

フロントビュー
 行先表示器(方向幕)の部分には「都営バス」と書かれたシールが貼られています。
 また、ナンバープレート部分には、前後ともに「7813」と刻印されています。

 三ツ矢サイダーの歴史は、1884年の明治17年までさかのぼるそうで、当時の三菱商会が「平野水」として炭酸水を販売したのが始まりとなっているそうです。

 1889年(明治22年)には、当時の明治屋が「三ツ矢平野水(みつやひらのすい)」という商品名に変更して販売し、当時の有名な小説家「夏目漱石」も愛飲したそうで、1897年(明治30年)には宮内省により東宮殿下(後の大正天皇)の御料品に指定されたそうです。

 1968年(昭和43年)に現在の「三ツ矢サイダー」という商品名となったそうで、自分が幼い頃は、三ツ矢サイダーを親戚のおじさんにもらうのがとても楽しみで、炭酸の泡が出ているのを不思議だなあと思いながら見ていました。

上部および左右サイドビュー
 車体側面に貼られたシールには「すっきりさわやか三ツ矢サイダー」と書かれています。

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA
 ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA

 「ラッピングバスセット」(6台セット)
 発売時価格 ¥2,500円(税別)


 2020.07.26現在





らでぃっしゅぼーやバス
(三菱ふそう ワンマンバス)

 2000年10月に発売された「ラッピングバスセット」(6台セット)に入っている「らでぃっしゅぼーやバス」のトミカ(中国製/No.79-3)です。

 車体各部には、「Radish Boya らでぃっしゅぼーや」などと書かれ、赤い野菜「ラディッシュ」(二十日大根/ハツカダイコン)が描かれたシールが貼られています。

 このトミカが発売された2000年10月当時の「らでぃっしゅぼーや株式会社」は、有機・低農薬野菜や無添加食品などを販売する宅配ネットワーク事業者で、現在「らでぃっしゅぼーや」は、「オイシックス・ラ・大地株式会社」のサービスブランドとして事業が継続されています。

フロントビュー
 行先表示器(方向幕)の部分には「都営バス」と書かれたシールが貼られています。
 また、ナンバープレート部分には、前後ともに「7813」と刻印されています。

上部および左右サイドビュー
 車体右側面に貼られたシールには、「無・低農薬野菜と無添加食品の宅配ネットワーク Radish Boya らでぃっしゅぼーや フリーダイヤル(電話番号)」と書かれています。

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA
 ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA

 「ラッピングバスセット」(6台セット)
 発売時価格 ¥2,500円(税別)


 2020.07.28現在



ハローキティ路線バス
(三菱ふそう ワンマンバス)

 2001年頃に発売されたとされる「キャラトミカ KT-01」の「ハローキティ路線バス」のトミカ(中国製/No.79-3)です。

フロントビュー
 車体前面には、「市営」と書かれ、ウサギの女の子「キャシー」とクマのキャラクターらしき顔が描かれたシールが貼られています。
 また、ナンバープレート部分には、前後ともに「7813」と刻印されています。

上部および左サイドビュー
 屋根上には、「キティ・ホワイト」の顔が描かれ、「HELLO KITTY」と書かれたシールが貼られています。
 また、車体左側面に貼られたシールには、「HELLO KITTY」と書かれ、キティ・ホワイト、その双子の妹のミミィ、ねずみのジュディ、うさぎのキャシーたちなどが描かれています。

右サイドビュー
 車体右側面に貼られたシールには、「熊本市営」と書かれ、キティ・ホワイト、その双子の妹のミミィ、テディベアの男の子のタイニーチャム、ねずみのジョーイとジュディ、もぐらのモーリーたちなどが描かれています。

リアビュー
 車体後部には、「HELLO KITTY ©1976, 2000 SANRIOⓁ」と書かれたシールが貼られています。

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA
 ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥360円(税別)


 2020.08.02現在



あずまんが大王 ちよバス
(三菱ふそう ワンマンバス)

 2001年5月頃に「Toy'sworks」(トイズワークス)から発売された「あずまんが大王 ちよバス」のトミカ(中国製)です。

 1985年11月に発売された「三菱ふそう ワンマンバス」のトミカ(No.79)がベースとなっていて、「Dengeki Comics EX あずまんが大王 第2巻」の発売を記念して2000年11月頃から京王電鉄バスと小田急バスにより運行されていた実車の「あずまんが大王ラッピングバス」がモデルとなっているようで、トミカのパッケージには「カワイイ!都会を疾走する宣伝バス」などと書かれています。

 なお、写真のトミカ車体前面上部の方向幕部分には「CHIYO BUS」と書かれたシールが貼られていますが、パッケージには「京王電鉄バス」、「小田急バス」と書かれた方向幕用のシールが付属していたようです。

上部および左サイドビュー
 車体各部には「ちよちゃん」(美浜ちよ)の顔が描かれたシールが貼られています。

 「あずまんが大王」は、あずまきよひこ氏原作の4コマ漫画で、「月刊コミック電撃大王」の1999年2月号から2002年5月号まで連載され、TVアニメが2002年4月から9月まで放送されたほか、Webアニメ「あずまんがWeb大王」が配信されたり、劇場版「短編 あずまんが大王 THE ANIMATION」が公開されたりしています。

右サイドビュー

リアビュー
 トミカ本体のナンバープレート部分には、前後ともに「7813」と刻印されています。

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA
 ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥1,500円(税別)


 2020.01.30現在





スリーエフラッピングバス
(三菱ふそう ワンマンバス)

 2001年7月頃にコンビニエンスストアの「スリーエフ」から発売された「スリーエフラッピングバス」のトミカ(中国製/No.79-3)です。

 1985年11月に発売された「三菱ふそう ワンマンバス」のトミカ(No.79)がベースとなっていて、横浜市営バスが運行していたコンビニエンスストア「スリーエフ」のラッピングが施された実車がモデルとなっています。

 なお、発売時のパッケージには「スーパースピード/サスペンション」と書かれていますが、トミカにはサスペンション機構は付いていないようです。

左サイドビュー

右サイドビュー

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「7813」と刻印されています。

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA
 ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥680円(税別)


 2020.06.15現在



スリーエフラッピングバス2
(三菱ふそう ワンマンバス)

 2002年末頃にコンビニエンスストアの「スリーエフ」から発売された「スリーエフラッピングバス2」のトミカ(中国製/No.79-3)です。

 1985年11月に発売された「三菱ふそう ワンマンバス」のトミカ(No.79)がベースとなっていて、このトミカの前のバリエーションとして、2001年に車体色が紺色系基調の「スリーエフラッピングバス」(第1弾)が発売されています。

 この「スリーエフラッピングバス2」のトミカも、横浜市営バスが運行していたコンビニエンスストア「スリーエフ」のラッピングが施された実車がモデルとなっています。

 なお、写真のトミカは、パッケージに同梱されていた、車体前部の乗降ドア上部と車体後部に自分で貼るシールが貼られていない状態です。

左サイドビュー

右サイドビュー

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「7813」と刻印されています。

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA
 ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥680円(税別)


 2020.05.05現在



ふそう ワンマンバス
ポケモンAGムービーコレクション

 2003年6月26日に発売された「ふそう ワンマンバス ポケモンAGムービーコレクション」のトミカ(中国製)です。

 トミカ本体のフロント側には、サトシとピカチュウ、左サイド側にはアブソルとジラーチ、右サイド側にはカイオーガとグラードンが描かれたシールが貼られています。

上部および左サイドビュー
 屋根上には、「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」と書かれたシールが貼られています。

 「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」は、2003年7月19日に公開され、TVアニメ「ポケットモンスター」の劇場版第6作となっています。

右サイドビュー

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥600円(税別)


 2020.03.02現在





臨港バス 三菱ふそうワンマンバス

 2003年7月に「川崎鶴見臨港バス」から発売された「臨港バス 三菱ふそうワンマンバス」のトミカ(中国製/No.79-3)です。

 この「臨港バス」のオリジナルトミカは、一般販売される前に、「京急ファミリー鉄道フェスタ2003」において先行販売されたようです。

 川崎鶴見臨港バス株式会社は、神奈川県川崎市川崎区に本社を置くバス事業者で、川崎市東部や横浜市北東部の京急、東急、JRの駅を発着する路線を中心に運転され、通称は「臨港バス」となっているそうです。

 同社は、現在のJR鶴見線の前身である鶴見臨港鉄道の全額出資により1937年(昭和12年)11月に設立された「鶴見川崎臨港バス」を起源としていて、1954年(昭和29年)に京浜急行電鉄(京急)の子会社となり、現在は京急グループに属しているそうです。

フロントビュー
 行先表示器(方向幕)の部分には「臨港バス」と書かれています。

左サイドビュー
 車体左側面には、「入口」、「出口」、「臨港バス」と書かれています。

右サイドビュー
 車体後部側に「臨港バス」と書かれています。

リアビュー
 車体後部の行先表示器の部分にも「臨港バス」と書かれています。
 また、ナンバープレート部分には、前後ともに「7813」と刻印されています。

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA
 ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA


 2020.07.05現在



京急路線バス
(三菱ふそう ワンマンバス)

 京急百貨店などにて発売されたとされる「京急路線バス」のトミカ(中国製/No.79-3)です。

 発売時期や発売価格などは、調べてみましたがわかりませんでした。

フロントビュー

左右サイドビュー
 車体左側面には、「入口」、「出口」、「京浜急行」と書かれています。

リアビュー
 ナンバープレート部分には、前後ともに「7813」と刻印されています。

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA
 ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA


 2020.07.21現在



エポック社 ドラえもん バス
(三菱ふそう ワンマンバス)

 2003年12月に発売された「トイズドリームプロジェクト メモリアルキャラクターバスコレクション」(6台セット)に入っていた「エポック社 ドラえもん バス」のトミカ(中国製/No.79-3)です。

 「株式会社エポック社」(本社 東京都台東区)は、1958年(昭和33年)5月に創業された有名な玩具メーカーで、野球盤などのボードゲームをはじめ、ドラえもん関連のおもちゃもたくさん発売しています。

 また、エポック社は、TVアニメ「ドラえもん」のメインスポンサーを1979年から長きにわたり務めていることでも知られているそうです。

上部および左サイドビュー
 屋根上には、ドラえもんが描かれ「ドラえもん ©藤子プロ・小学館・テレビ朝日」と書かれたシールが、車体左側面にはドラえもんが描かれ「ドラえもん」と書かれたシールが貼られています。

右サイドビュー
 「ドラえもん」の主要登場人物の、ドラえもん、ドラミちゃん、のび太、しずかちゃん(源 静香)、リサイタルを開催するのが好きなジャイアン(剛田 武)、自慢話が好きなスネ夫(骨川 スネ夫)が描かれたシールが貼られています。

リアビュー
 車体後部には、「EPOCH MAKING EPOCH」(エポック)と書かれたシールが貼られています。
 また、ナンバープレート部分には、前後ともに「7813」と刻印されています。

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA
 ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA


 2020.05.11現在





トイカード Toy's Dream Project
(三菱ふそう ワンマンバス)

 2003年12月に発売された「トイズドリームプロジェクト メモリアルキャラクターバスコレクション」(6台セット)に入っていた「トイカード Toy's Dream Project」のトミカ(中国製/No.79-3)です。

 車体各部には、「Toy's dream project」、「KID'S GIFT CARD こども商品券 トイカード」などと書かれたシールが貼られています。

上部および右サイドビュー

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO BUS
 TOMICA ©TOMY
 NO.79
 S=1/130
 MADE IN CHINA


 2020.03.30現在





三菱ふそう エアロクイーン

 2000年6月に発売された「三菱ふそう エアロクイーン」(No.1)のトミカ(ベトナム製/No.1-4)です。

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO AERO QUEEN
 2008 NO.1
 S=1/156
 MADE IN VIETNAM

 発売時価格 ¥360円(税別)
 発売期間 2000年6月~2008年5月


 2018.03.25現在



三菱ふそう エアロクイーン 小田急

 トミカ30周年記念限定として2000年9月に発売された「トミカアニバーサリー24Ⅱ」(24台セット)に入っている「三菱ふそう エアロクイーン 小田急」のトミカ(中国製/No.1-4-6)です。

フロントビュー

上部および右サイドビュー
 車体側面には「ODAKYU」(小田急)と書かれています。

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO AERO QUEEN
 TOMICA
 ©2000 TOMY
 NO.1
 S=1/156
 MADE IN CHINA

 「トミカアニバーサリー24Ⅱ」
 (24台セット)
 発売時価格 ¥12,000円(税別)


 2020.07.24現在



京急観光バス キーチェーントミカ
(三菱ふそう エアロクイーン)

 2000年12月に発売された「三菱ふそう エアロクイーン 京急観光バス キーチェーントミカ」(中国製/No.1-4-8)です。

 写真のトミカは、本来リア側に付いているキーチェーンが欠落した状態となっています。

フロントビュー

 京急観光バス株式会社は、1958年(昭和33年)2月に設立された日本観光興行が起源となっていて、同社は1959年(昭和34年)8月に京浜急行電鉄の傘下となり、1999年(平成11年)4月に京浜急行電鉄と川崎鶴見臨港バスから貸切バス事業を譲り受け、商号を京急観光バス株式会社に変更したそうです。

 京急観光バス株式会社は、貸切バス事業や高速バスの運行を行って活躍していましたが、2008年(平成20年)3月にバス事業から撤退することとなり、現在は京急バスリアルエステート株式会社として不動産賃貸業を営んでいるそうです。

左右サイドビュー
 車体側面には、「貸切354」、「KEIKYU GROUP」、「京急観光バス」と書かれています。

リアビュー
 写真の車体後部右側に穴が開いていますが、本来はここにキーチェーンが付いています。
 写真のトミカは、キーチェーンが欠落しています。

 MITSUBISHI FUSO AERO QUEEN
 TOMICA
 ©2000 TOMY
 NO.1
 S=1/156
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥480円(税別)


 2020.07.12現在





相鉄自動車 貸切バス
(三菱ふそう エアロクイーン)

 2001年7月に発売された「相鉄自動車 オリジナルバスセット Vol.2」(2台セット)に入っていた「相鉄自動車 貸切バス」のトミカ(中国製/No.1-4)です。

 「相鉄自動車株式会社」は、かつて相鉄グループの企業として存在し、タクシーやハイヤーを神奈川県で運行し、観光バス・高速バス事業も行っていた、横浜市西区北幸に本社があった企業です。(相鉄バスとは別の歴史を持つ会社)

サイドビュー
 車体側面の中央あたりには「SOTETSU」と書かれ、右下のほうには「相鉄自動車」と書かれています。

 相鉄自動車は、1936年(昭和11年)9月に京浜昭興株式会社として設立されたのが始まりで、1961年12月に相模鉄道により買収されて相鉄観光株式会社となり、1967年5月に相鉄自動車株式会社に商号変更されています。

 その後、相鉄自動車は、タクシーを神奈川県で運行するほか、1997年4月に相模鉄道の貸切バス事業を譲り受け、2005年7月には高速バス事業に参入して活躍したそうです。

 しかしながら、相鉄自動車は、2009年3月に観光バス・高速バス事業から撤退することとなり、観光バス事業は日の丸自動車に、高速バス事業は相鉄グループの相鉄バスに譲渡され、2012年6月には日本交通グループにより買収されて、日本交通横浜株式会社となったそうです。

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO AERO QUEEN
 TOMICA
 ©2000 TOMY
 NO.1
 S=1/156
 MADE IN CHINA

 「相鉄自動車 オリジナルバスセット Vol.2」
 (2台セット)
 発売時価格 ¥1,300円(税別)


 2020.06.29現在



日本交通観光バス
(三菱ふそう エアロクイーン)

 2001年7月に「日本交通観光バス株式会社」(当時。現在はニッコー観光バス株式会社で本社は東京都品川区)から発売された「日本交通観光バス」のトミカ(中国製/No.1-4)です。

フロントビュー
 フロント側には、日本交通株式会社のロゴマークが描かれ、「NIHON KOTSU」と書かれています。

 日本交通観光バス株式会社は、1998年4月に設立されて、同年6月に日本交通株式会社の観光バス部門を譲り受け、その後、2005年9月に日本交通傘下から離れて「J-COACHグループ」となり、2008年10月に現在のニッコー観光バス株式会社に商号変更されているようです。

 さらにその後、2012年4月には、ニッコー観光バス株式会社は、岡山県を中心にバス・軌道事業を展開している「両備グループ」傘下となったようです。

 バスの車体には、日本交通株式会社であった時代の1969年11月に採用された、「鉄腕アトム」、「火の鳥」、「ブラック・ジャック」などで有名な漫画家・アニメ監督の手塚治虫さんがデザインしたカンガルーが描かれているのが特徴で、「カンガルーバス」として運行されているそうです。

上部およびサイドビュー
 屋根上には日本交通のロゴマークが描かれています。
 また、車体側面には、「貸切2151」、「NIHON(ロゴマーク)KOTSU」と書かれ、手塚治虫氏がデザインしたカンガルーと、乱舞する花が描かれています。

リアビュー
 リア側にも日本交通のロゴマークが描かれ「NIHON KOTSU」と書かれ、乱舞する花が描かれています。

 MITSUBISHI FUSO AERO QUEEN
 TOMICA
 ©2000 TOMY
 NO.1
 S=1/156
 MADE IN CHINA


 2020.07.07現在



京急高速バス
(三菱ふそう エアロクイーン)

 2003年1月頃に京急百貨店にて発売、販売されていたとされる「京急高速バス」のトミカ(中国製/No.1-4)です。

 京浜急行電鉄の完全子会社で京急グループの「京浜急行バス株式会社」(本社:横浜市西区高島)が運行する高速バスがモデルとなっているようです。

 「三菱ふそう エアロクイーン」がベースとなっていて、車体カラーは、高速カラーといわれる白色基調の車体に、赤色、緑色、青色の3色の流れるようなラインが描かれたバスとなっています。

フロントビュー
 フロントグリル部分には「京浜急行」と書かれています。

上部および右サイドビュー
 屋根上には「京急 H2345」と書かれています。
 また、車体側面には「京浜急行」と書かれています。

リアビュー
 車体後部にも「京浜急行」と書かれています。

 MITSUBISHI FUSO AERO QUEEN
 TOMICA
 ©2000 TOMY
 NO.1
 S=1/156
 MADE IN CHINA


 2020.07.16現在





トミカくじ 阪神タイガース優勝記念
三菱ふそう エアロクイーン 藤本選手

 2003年9月に発売された「トミカくじ 阪神タイガース優勝記念」(全12種)のうちの1台となっていた「三菱ふそう エアロクイーン 藤本敦士選手」のトミカ(中国製/No.1-4)です。

 「トミカくじ 阪神タイガース優勝記念」は、星野監督と11選手がデザインされたバスとトラックの全12種のトミカとなっています。

 2003年の阪神タイガースは、星野監督2年目となるシーズンで、打線はFAで獲得した金本知憲選手、今岡誠選手(首位打者)、赤星憲広選手(盗塁王)、桧山選手、片岡篤史選手、アリアス選手(38本塁打)、現阪神監督の矢野輝弘選手、そして藤本敦士選手のそうそうたるメンバーが活躍し(第三次ダイナマイト打線)、また、投手の井川慶選手が20勝を挙げるなどの活躍を見せ、7月8日にはセ・リーグ史上最速となる優勝マジックを点灯させ、9月15日に18年ぶりとなるリーグ優勝を果たしています。

フロントビュー

 藤本敦士(ふじもと あつし)選手は、2000年にドラフト7位で阪神に入団した右投げ左打ちのセカンド又はショートをポジションとする選手で、2003年は主として8番ショートで127試合に出場、打率.301を記録し、タイガースのリーグ優勝に貢献しています。

 2003年の王監督率いる福岡ダイエーホークスとの日本シリーズ第3戦(10/22・甲子園)では、1対1の同点で迎えた10回裏の阪神の攻撃で、広沢(以下敬称略)が三振で1アウト、アリアスが粘ってフォアボールで出塁、桧山が1・2塁間を抜くヒットでつなぎ、矢野が敬遠されて1アウト満塁という、サヨナラのチャンスを迎えます。

 ここで星野監督から直接声を掛けられ打席に向かった藤本選手は、篠原投手(キャッチャーは後に阪神へ移籍することになる城島)が投じた初球をセンター奥深くまで打ち上げ、阪神に勝利をもたらすサヨナラ犠牲フライを打っています。

上部およびサイドビュー
 屋根上には「FUJIMOTO 9」と書かれています。
 また、車体側面には「2003 HANSHIN Tigers」、「FUJIMOTO 9」と書かれ、左打席の藤本選手がデザインされています。(シール)

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO AERO QUEEN
 TOMICA
 ©2000 TOMY
 NO.1
 S=1/156
 MADE IN CHINA

 販売価格 ¥600円(税別)


 2020.06.09現在



三菱ふそう エアロクィーン 名鉄バス
(空港バス仕様)

 2003年10月23日に発売された「日本全国バスめぐり Vol.4 名鉄バス」(2台セット)の「三菱ふそう エアロクィーン 名鉄バス」のトミカ(中国製/No.1-4-51)です。

 空港バス仕様となっていて、車体には名鉄のロゴマーク(MEITETSU)、「3808」、「名古屋駅 NAGOYA STATION ⇔ 名古屋空港 NAGOYA AIRPORT」、「名古屋鉄道」などと書かれています。

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO AERO QUEEN
 2000 NO.1
 S=1/156
 MADE IN CHINA

 日本全国バスめぐり Vol.4 名鉄バス(2台セット)
 販売価格 ¥1,000円(税別)


 2019.02.04現在



国際自動車 ケイエム観光
スーパーグリーン60
(三菱ふそう エアロクイーン)

 2004年5月頃に「ガリバー」特注により発売されたとされる「国際自動車 ケイエム観光 スーパーグリーン60」(SUPER GREEN 60)のトミカ(中国製/No.1-4)です。

 なお、写真のトミカは、パッケージに同梱されていた車体前面に自分で貼る国際自動車(株)のロゴマーク(km)のシールが貼られていない状態です。

 「国際自動車株式会社」(本社:東京都港区)は、東京都を中心にタクシー・ハイヤーを運行している大手タクシー事業者で、東京と京都市に拠点を置いて観光バスも運行しているそうです。

 観光バス事業の通称は「ケイエム観光」で、「km」のマークが使用されているそうです。

上部およびサイドビュー
 屋根上には国際自動車株式会社が使用しているロゴマーク(km)が描かれ、車体側面には「kokusai motorcars」、側面下のほうにはとても小さい字ですが「貸切」、「国際自動車株式会社」と書かれています。

リアビュー
 車体後部には「ケイエム観光」と書かれています。

 MITSUBISHI FUSO AERO QUEEN
 TOMICA
 ©2000 TOMY
 NO.1
 S=1/156
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥1,500円(税別)


 2020.07.01現在





おもちゃ王国 バス
(三菱ふそう エアロクイーン)

 2005年4月頃に「遊びの創造ランド おもちゃ王国」から発売が開始された「おもちゃ王国 バス」(三菱ふそう エアロクイーン)のトミカ(ベトナム製/No.1-4)です。

 「遊びの創造ランド おもちゃ王国」は、見て、触れて、体験できる「おもちゃ」のテーマパークで、現時点では国内に「おもちゃ王国」(岡山県玉野市)、「東条湖 おもちゃ王国」(兵庫県加東市)、「南知多 おもちゃ王国」(愛知県知多郡美浜町)、「軽井沢 おもちゃ王国」(群馬県吾妻郡嬬恋村)の4ヵ所が展開されているようです。

 なお、この「おもちゃ王国 バス」のトミカは、発売当初は中国製だったようですが、2011年頃に写真のトミカのようにベトナム製となっているようです。

左右サイドビュー
 車体側面には、「遊びの創造ランド おもちゃ王国」と書かれ、当園の公式キャラクターとなっている王様の「シーゲルンⅠ世」、王様と大の仲良しの「ベロベロミドリン」、双子のおもちゃの兵隊「テンダー」と「ブレイブ」、フランス人形の「ハート姫」、ぬいぐるみの「うさぎのピンキー」が描かれています。(シール)

リアビュー

 TOYS' KINGDOM BUS
 (※パッケージ表記)

 MITSUBISHI FUSO AERO QUEEN
 TOMICA
 ©2000 TOMY
 NO.1
 S=1/156
 MADE IN VIETNAM

 販売価格 ¥800円(税別)


 2020.05.21現在



上越国際バス
(三菱ふそう エアロクイーン)

 「上越国際バス」のトミカ(中国製/No.1-4-18)です。

 発売時期は調べてみましたが、わかりませんでした。

フロントビュー

左右サイドビュー
 車体側面には、「Joetsu Kokusai」、「HOTEL GREEN PLAZA JOETSU」(ホテルグリーンプラザ上越)と書かれています。

 「ホテルグリーンプラザ上越」は、新潟県の南魚沼市樺野沢・十日町市当間にまたがって位置するスキー場「上越国際スキー場」内にある大型スキーリゾートホテルです。

 上越国際スキー場とホテルグリーンプラザ上越は、現在は株式会社上越観光開発により運営されているそうです。

リアビュー
 車体後部には「Joetsu Kokusai」と書かれています。

 MITSUBISHI FUSO AERO QUEEN
 TOMICA
 ©2000 TOMY
 NO.1
 S=1/156
 MADE IN CHINA


 2020.07.14現在



三菱ふそう エアロクィーン

 2008年5月に発売された「三菱ふそう エアロクィーン」(No.1)のトミカです。

リアビュー

 車体側面下部にある荷物室ドアは、開閉可能な仕様となっています。

 MITSUBISHI FUSO AERO QUEEN
 2008 NO.1
 S=1/156
 MADE IN VIETNAM

 発売時価格 ¥360円(税別)
 荷物室ドア開閉


 2018.08.07現在





三菱ふそう エアロスター

 2003年1月30日に発売された「トミカ いっしょにおでかけ!ハンディ立体マップ 駅前ロータリー」に付属していたオリジナルトミカの「三菱ふそう エアロスター」です。

 車体前面上部の行先表示器(方向幕)部分には「富加駅行」(とみかえきゆき/いき)と書かれ、側面と後部にはカラフルな文字で「TOMICA BUS」と書かれています。

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO AERO STAR
 2002 NO.93
 S=1/141
 MADE IN CHINA

 「トミカ ハンディ立体マップ 駅前ロータリー」
 (オリジナルトミカ 1台付)
 発売時価格 \1,500円(税別)
 ベトナム製有り


 2019.07.18現在



ファンタ バス
(三菱ふそう エアロスター)

 2003年8月に発売された「トミカ コカ・コーラ ドリンクカーセット2」(4台セット)に入っていた「ファンタ バス」(三菱ふそう エアロスター)のトミカです。

上部およびサイドビュー
 車体側面には「Enjoy Fanta!」と書かれ、屋根上には「Enjoy Fanta!」と書かれた四角いシールが貼られています。

リアビュー

 なお、「トミカ コカ・コーラ ドリンクカーセット2」(4台セット)に入っていた他の3台は、爽健美茶 トラック(ダイハツ ミゼット)、コカ・コーラ ルートトラック(いすゞ エルフ)、ジョージア イベントカーとなっています。


 MITSUBISHI FUSO AERO STAR
 2002 NO.93
 ©COCA-COLA
 S=1/141
 MADE IN CHINA

 「トミカ コカ・コーラ ドリンクカーセット2」
 (4台セット)
 発売時価格 ¥1,600円(税別)


 2019.07.09現在



ゴーヤーマン ラッピングバス
(三菱ふそう エアロスター)

 2004年4月頃に「株式会社ユーメイト」(発売元)から沖縄県限定にて発売された「ゴーヤーマン ラッピングバス」のトミカ(中国製/No.93-5)です。

 なお、沖縄県限定トミカではあるものの、トミカショップやNHKショップ、通信販売でも入手できたようです。

 「ゴーヤーマン」は、沖縄県(小浜島)を主な舞台とし、2001年度上半期に放送されたNHKの連続テレビ小説「ちゅらさん」の本編内にて登場したキャラクターで、ゴーヤー(ツルレイシ/ニガウリ)に目と口が付き、手があって、黄色いヘルメットをかぶり黒い靴を履き、赤いマントを付けているそうです。

 「ちゅらさん」本編内では、「ゴーヤーマン」は、主人公の古波蔵恵里の兄である恵尚(演:ガレッジセール ゴリ氏)が、一儲けしようと作成したオリジナルキャラクターのマスコット人形で、結局ヒットせずに大量の在庫となってしまったそうです。

フロントビュー
 行先表示器(方向幕)の部分には「こはぐら荘」と書かれたシールが貼られています。
 「こはぐら荘」は、「ちゅらさん」登場人物の古波蔵恵文(こはぐら けいぶん)が小浜島で経営していた民宿の名前です。

左サイドビュー
 ゴーヤーマンと派生キャラクターのゴーヤーマン♥ハニーが描かれ、入口、出口と書かれたシールが貼られています。

右サイドビュー
 ゴーヤーマン、派生キャラクターのゴーヤーマン♥ハニーとゴーヤーマンベビーが描かれ、「沖縄」と書かれたシールが貼られています。

リアビュー
 カタカナの「ゴ」が書かれたシールが貼られています。

 なお、この「ゴーヤーマン ラッピングバス」のトミカはベトナム製もあるようで、パッケージ表記が「ゴーヤーマン」ではなく「ゴーヤマン」となっているものがあるようです。


 ©NHK・NEP21 (※パッケージ表記)

 MITSUBISHI FUSO AERO STAR
 TOMICA
 © 2002 TOMY
 NO.93
 S=1/141
 MADE IN CHINA

 販売価格 ¥700円


 2020.04.06現在





遠州鉄道 超低床バス オムニバス
(三菱ふそう エアロスター)

 2006年10月29日(日)に遠鉄百貨店の店頭や事前予約販売にて発売された、遠鉄バスオリジナルトミカの「遠州鉄道 超低床バス オムニバス」のトミカ(中国製/No.30-7-2)です。

 2006年9月に発売された「三菱ふそう エアロスター 路線バス」(No.30-7)がベースとなっていて、このトミカは初回生産分として9,000台が用意されたそうです。

 遠州鉄道株式会社は、本社を静岡県浜松市中区に置き、鉄道路線の遠州鉄道(新浜松~西鹿島)やバス事業の「遠鉄バス」を運営しています。

フロントビュー
 行先表示器(方向幕)の部分には「遠州鉄道」と書かれたシールが貼られています。
 また、フロントグリル部分には「オムニバス」と書かれています。

 1997年5月に、当時の運輸省と建設省(現在は2者が統合されて国土交通省)、警察庁によって、指定された市においてバスの利用促進のための総合対策事業を行う「オムニバスタウン」という、国から補助金が支給される補助制度が開始され、静岡県浜松市は、1997年12月に全国で初めて「オムニバスタウン」に指定されたそうです。

 遠州鉄道では、浜松市が「オムニバスタウン」に指定された当時から、高規格の自動アイドリングストップ付超低床ノンステップバス「オムニバス」が導入されていたのだそうです。

上部および右サイドビュー
 車体側面には「出口」、「入口」、「遠州鉄道」、「超低床バス 人・町・環境にやさしい オムニバス」などと書かれています。(実車では「町」がひらがなで「まち」と書かれているようです)

リアビュー
 車体後部には「超低床バス」と書かれています。

 MITSUBISHI FUSO AERO STAR
 TOMICA
 ©2002 TOMY
 NO.93
 S=1/141
 MADE IN CHINA

 発売時価格 ¥1,200円


 2020.07.19現在



三菱ふそう エアロスター
エコ ハイブリッド

 2010年3月に発売された「三菱ふそう エアロスター エコ ハイブリッド」(No.72/外箱のナンバー)のトミカです。

 なお、上の写真のトミカは、新品購入時に箱に同梱されている、自分で車体に貼るシールが貼られていない状態です。

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO AERO STAR
 2002 NO.93
 S=1/141
 MADE IN VIETNAM


 2018.11.05現在





はとバス
(三菱ふそう エアロキング)

 2016年5月21日(土)に発売された「はとバス」(No.42/三菱ふそう エアロキング オープンルーフモデル)のトミカ(ベトナム製/No.42-7)です。

 2階建てのオープン仕様となっています。

リアビュー

 なお、同時発売された初回特別仕様は、屋根が閉じたバージョンとなっています。


 MITSUBISHI FUSO AERO KING
 2015 NO.42
 S=1/156
 MADE IN VIETNAM

 メーカー希望小売価格 ¥450円(税別)


 2018.08.07現在



トミカ博オープンルーフバス
(三菱ふそう エアロキング)

 2017年に開催された「トミカ博」にて販売された「トミカイベントモデル NO.2」の「トミカ博オープンルーフバス」のトミカ(ベトナム製/No.42-7)です。

 2016年5月21日(土)に発売された「はとバス」(No.42-7・通常版/三菱ふそう エアロキング オープンルーフモデル)のトミカがベースとなっていて、2階建てのオープン仕様となっています。

フロントビュー
 フロントグリル部分には「TIMICA」と書かれています。

上部およびサイドビュー
 屋根上のフロント側には「トミカ博」と書かれています。
 また、車体側面には「トミカ博へ出発だ!!」、「TOMICA EVENT MODEL」と書かれ、「トミカ博」と書かれた三角旗の手旗を持った、トミカのマスコットキャラクター「Tくん」が描かれたシールが貼られています。

リアビュー

 MITSUBISHI FUSO AERO KING
 TOMICA ©TOMY
 2015 NO.42
 S=1/156
 MADE IN VIETNAM

 販売価格 ¥600円(税別)


 2020.06.01現在







バス 細分類
いすゞ トヨタ 日野 三菱ふそう 三菱 ローザ 富士重工、マツダ 国内その他 外国車

★下の各ジャンルをクリックでジャンル別個別ページに移動します♪
スポーツカータイプ 普通自動車・軽自動車
ジープタイプ・オートバイ
はたらく車シリーズ
船・飛行機・電車など
アニメ・映画
キャラクターなど
オリジナル・特殊車両 ハイパーシリーズ
トミカヒーローシリーズ

建設機械・重機 作業用車両
荷役運搬機械類
トラック・トレーラー バス
タクシー パトカー・警察用車両 消防車・救急車 商用車・移動販売車
軽トラック ライトバン
ワンボックスカー
航空機・船・電車関連 自衛隊・公共福祉
その他


トミカ展示室TOPへ

ホットウィール展示室へ   HOMEへ  鉄道関連趣味の部屋♪『鉄道関連趣味の部屋』TOPへ♪